1
/
5

情熱メンバーのオススメ書籍紹介【新卒編】

皆さんこんにちは!!
株式会社情熱採用担当の日下です!!

本日も『情熱メンバーのオススメ書籍紹介』シリーズをお届けします!
今回は、弊社に昨年10月に入社した新卒1年目の伊藤のオススメ本を3冊ご紹介!!
柔道一筋のスポーツマンから周りに反対されながらもビジネスの世界に飛び込んできた男の価値観を形成する3冊になります!!!

①名のないシシャ

山田悠介作品の1つ!伊藤曰く、「死なないシシャと呼ばれる3人の主人公が、家族や恋人との絆から変わっていく姿を見れる作品です。ぼくが初めて、自分のお金で買った思い出の本です!」とのこと。クサカも初めて自分のお金で買った思い出の本はよく覚えています!最初というのは、かなり自身の価値観に影響を及ぼすことも多いですと思いませんか!?

②特別法第001条DUST〈ダスト〉

こちらも山田悠介作品!どうやらはまったら、その作者の作品をひたすら見るタイプのようです(笑)
伊藤曰く、「国でゴミと呼ばれる若者が島で命をかけたサバイバルをする小説です。読み進めていくに連れて、家族の絆を感じるストーリーなど読み応えのある話です。かなりの分量のある作品ですが、気がつけばもっと読みたいと思える面白い作品です。」とのこと。俗に「ニート」と呼ばれる人たちにフォーカスした作品。クサカも実は、弊社に入社する前に、無気力で何もしていない期間が3か月ほどあったので、共感できる部分が多くある作品でした!どんなに無気力な人でも元来備わっているはずの「人間らしさ」というものがあり、それをいかに引き出せるかが重要な気がします!!

③キリン

もうご存知かと思います。これも山田悠介の作品です(笑)
伊藤曰く、「天才精子バンクから生まれた兄弟のお話です。天才数学者の兄に比べ、不出来な弟が家族に捨てられても家族と一緒に生活をするために絵を描き続ける小説で、結果を出すために努力を積み上げることの大切さを知ることができた思い出の小説です。」とのこと!家族は、どこまで行っても家族。切っても切れない関係である。そんな家族の元、生まれた故郷に帰るために奮闘する弟の様子は、元来の人の在り方について考えさせられる素敵な作品!!

以上です。
これもかなり志向性が出てますね~
日下が思うに、伊藤はかなり右脳派の人間なので、その感じがそのまま出ていて、とても面白いです!
ぜひ、皆さんの会社のメンバーのオススメ書籍も聞いてみてください!どんな価値観を形成してきたのかが分かって、面白いかもしれません!!!!

株式会社情熱's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings