1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

アイ・パッションにジョインしてみて【保戸塚】

皆さんはじめまして。

アイ・パッションに最近ジョインした保戸塚と申します。

入ったら自己紹介を書くというルールらしいので
僕も書いていこうと思います。

ちなみに入社して3週間が経過したところです。
もうバンバン予定入っていてスピード感はさすがスタートアップといったところでしょうか。


アイ・パッション入社までの背景

簡単に自己紹介をしますね。

僕自身17卒でメガベンチャークラスの人材紹介企業に入社をしました。
今振り返ると本当いい会社でしたね。
人も良いし、設備も整ってて。かなり働きやすい環境でした。

その会社にはインターンを含め3年ちょっと働きました。
仕事とは何か、ビジネスマナー、マインドセット、マネジメント、教育…
本当にいろんなことを学ばせていただきました。

その後なにか自分でサービスを作りたいと考えるようになり、
独学でプログラミングを習得し現在もサービスを作っております。

▷言語/フレームワーク等:
Ruby,Rails,HTML,CSS,Javascript,Jquery,bootstrap

この辺は長くなるのでまた機会があれば書いていきます。


アイ・パッションを選んだ理由

こんな言い方をしてしまっていいものかわかりませんが…

『なにもないから』

これが僕がこの会社を選んだ理由です。

僕自身数年以内に自身のビジネスをもって起業するつもりでいます。
本当は昨年の段階で出したかったのですが実力不足でサービスを走らせることができず今も開発を続けております。
(誰か手伝って…

自分で会社をやっていくとなると相当なリスクを背負うことになると思います。
・従業員を雇えばコストがかかるし。
・潰してしまえば責任を負う必要も当然あります。

ですがサラリーマンはそんな責任は生じません。
好きなこと思い切りやって、だめだったとしても大丈夫です(怒られそう)

だったら起業する前にその疑似体験をサラリーマンでやったら
経験値ついてあとあと楽なんじゃないかなと思ったのが決め手です笑(怒られそう2)

アイ・パッションは若い組織でまだまだ余力があります。
一方でパワーは感じられますが、改善すべき部分が多く見受けられます。

この『なにもない』状況から素晴らしい組織にしていく

疑似体験ができるのが僕がこの会社を選んだ理由になります。

ある程度整ってしまって変えるのは難しいですから。
そう考えると今ジョインしたのは正解かなと。


アイ・パッションのよいところ

正直リモートで進めていてあんまよくわからないです笑

でもその中で感じ取れるのが『熱意』です。
仕事に対しての『熱意』もそうだし、市場に対しての『熱意』もかなり感じられます。

上から語ってしまっているようで恐縮ですが
その熱意はかなり重要だなと感じています。

若い組織だからこそ熱意は大事にしたいですからね。


アイ・パッションの課題、今後変えていきたいところ

0からの組織なので多方面で課題はありますし、変えていかないといけないなと感じています。

そこは自分が責任をもってやっていきたいと考えています。
そのために送り込まれたと言っても過言ではない。

内部を整理するために
・SaaS 系のサービスを導入するだったり
・KPI、KGIの必要性、意味をもっと理解させるだったり
・業務効率をもっと進めていくべきだったり
・マニュアルの強化だったり…

やることしかないです。

『俺は俺の責務を全うする』

煉獄さんも言ってましたね。

ここは僕自身責任をもって変えていきます。

(ちなみに鬼滅の刃の大ファンで既に7回くらい漫画読み直してます


さいごに

現状こんな感じです。

とにかくマンパワー状態w
その分やりがいも感じられます。

1人1人動き方次第で組織をどっちにも転ばせることができる。
そんなフェーズです。

裁量権が爆発的にあるそんな環境。
逆に面白くないですか??

✅将来的に起業を考えている人
✅サービスをグロースさせる経験を積みたい人
✅もちろん人材業界に興味のある人

こんな気持ちの強い方がおりましたらぜひお話しましょう!!

株式会社アイ・パッション's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more