1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「誰もがストレスなく使えるサービスを」やさしいITを実現するためにエンジニアに求められることとは

開発マネージャー 鈴木 知宏

イー・ビジョン入社後、ECサイトや動画配信、不動産関連のプロジェクトなど、クライアント対応から設計、開発、運用まで一通りの業務を担当。以前はWebアプリのフロントからバックエンドの開発がメインでしたが、現在はインフラ周りと運用をメインに担当。昨年末からはマネージャーとして開発部門のプロジェクトおよびメンバーのマネジメントも行っている。
趣味は家族と公園で遊んだり、水族館や動物園に行ったりすること。最近は子供の日々成長するのを見るのが楽しみなのだそうです。
今回は開発マネージャーの鈴木さんに、そのように自社サービスを開発しているかやイー・ビジョンで開発を行う魅力について話を聞きました。

イー・ビジョンのこれまでと現在の開発体制

Q:イー・ビジョンは元々受託開発をやっていた会社だったんですね。

そうですね。創業から2012年頃までは受託開発を行っていた会社になります。その後、2012年を目途に自社サービスの開発を行うようになり、現在の主力サービスである「miraie」は2016年から開発を始めました。今ではリソースの8割以上を自社サービスの開発に使っています。

Q:自社サービスはどのように開発されているのでしょうか。

弊社では現在エンジニア12名で自社サービスを企画・設計・開発・運用しています。開発の多くは自社でやっていますが、一部は外部も使ってサービスを開発しています。そして随時、社長や営業から市場の状況や顧客の要望が情報として入ってくるのでその情報をもとに打ち合わせを行います。打ち合わせで新しい機能の追加や改善事項を話し合い、決定されたものを新規機能としてリリースしたり、改修したりしています。

Q:受託開発も経験された中で自社開発の魅力はどんなところだと思いますか。

やはり自社主導で開発をできるのが魅力だと思います。
受託開発だと受注前の段階からクライアントの要件に合わせて色々とリサーチをする必要があり、時間をかけてリサーチし、提案しても受注に至らないことがあり、労力が無駄になりやすいと思います。また、クライアントによってシステム環境が違うのでネットワークやサーバなど制限された環境で開発をしないといけないです。
一方で自社開発はマーケットのニーズを見極め、自社主導でサービス開発ができるので無駄な労力が発生しにくいですし、システムの開発に適する環境を選択できるのでより使いやすい機能の企画や開発業務に注力することができます。
外部要因に左右されないのでストレスも少ないですし、腰を据えて開発に注力できるのは受託開発にはない魅力ですね。

イー・ビジョンでエンジニアとして働く魅力

Q:やさしいITの実現に向けて開発において意識していることや取り組んでいることはありますか。

弊社では定期的に顧客要望会議を行い、常に顧客の状況や認識をアップデートするようにしています。これは、顧客に接している営業やカスタマーサポートだけでなく、サービスに関わる社員全員が顧客の利用シーンを考えて業務をしようと考えているからです。
また、社内や顧客との認識のずれをなくすために、要件定義の際はお客さんが何を求めているのか、なぜその機能が必要なのかを企画者に確認していますし、開発中も高い頻度で営業や他部門に状況を共有しながら開発を進めています。

Q:そんな環境で自社サービスを開発しているイー・ビジョンの魅力はどんなところでしょうか。

自由度高く、裁量権の大きいところが魅力だと思います。
例えば、大きい会社だと仕様がガチガチ決まった状態で落ちてきてエンジニアは指示通りに開発するだけということが多いですが、弊社の場合は最初の設計では緩い仕様になっているので比較的個々が自由に考えて開発できます。弊社では特定の機能についてどうやって開発するかというレベルであれば担当者に任せており、担当者が自由に設計し、開発できるようになっています。それ以外にも新しいサービスの開発であれば担当者が自由に開発環境を決めることができたり、社員が自ら提案した取り組みの多くが受け入れられたりしています。

エントリーを考えている方に向けて

Q:鈴木さんから見た開発チームはどんなチームですか。

多様性があるというか…、個性豊かなメンバーが多いですね。笑
画面上に表示される1ピクセルのずれまでこだわる職人気質の方や結果にコミットすることが最も大事だと考える方、プログラミングが好きすぎて土日も出社したいと嘆いている方などかなり個性豊かだと思います。笑
個性豊かなので一見まとまりがないように見えますが、新機能のリリースやトラブルなど顧客に関することになると自然に協力し、勝手にまとまっているところもイー・ビジョンの良さかなと思います。

Q:どんな人と一緒に働きたいと思いますか。

そうですね。個人的な意見も入ってしまうのですが、下記の2つを持っている方だと嬉しいです。
1つは相手のことを考えてコミュニケーションをとれる方です。
弊社のサービスは営業やカスタマーサポートとの連携がないと完結しないので他部署とコミュニケーションをとることが重要です。その際、ただ情報共有のためのコミュニケーションをとるのではなく、顧客の要望や相手の気持ちを汲み取ってコミュニケーションができる方だと嬉しいですし、自身もスムーズに仕事ができると思います。

2つ目はチームのことを考えて行動できる方です。
みんなで1つのサービスを作っている会社なので自分の役割だけ果たせばよいという考え方や周りの状況に合わせて仕事ができないという考え方だと難しいと思います。やっぱり、基本的なことかもしれないですが、困っているメンバーがいたら助けたり、周りの状況を見て動けたりする方と働きたいと思いますね。あと、スキル面の話をすると社内にインフラ周りがわかる人が少ないので経験がある方や分かる方だとより嬉しいですね。笑

Q:最後に応募を検討している方に一言お願いします。

現在、会社が拡大フェーズにあるので、新しいことに取り組むことはもちろん、1人1人に対しても現在以上にパフォーマンスを発揮することが求められます。その分得られる経験は大きく、スキル的にも人間的にも大きく成長できる環境だと思います。そんな環境を楽しめると思う方はぜひエントリーください!

株式会社イー・ビジョン's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more