Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

子育ても、仕事も両立したい!

こんにちは!今回は、女性の働き方についてお話します!

WSPでは真珠やコスメといった商材を取り扱う仕事をしています。「美」を軸に事業展開している会社だけあって、全従業員の内女性比率が約8割の会社なので、女性が活躍できるような、働き方の多様性にお関心が高い会社だと思います。

平均年齢は34歳なので、家庭を持ち、育児をしながら働いているというメンバーも増えてきました。そこで今回は、私が実際に育児休暇から復帰した時のお話しをしたいと思います。

私の場合、子供の1歳の誕生日前日までが育休期間ということで、私が職場復帰したのは、2014年の5月でした。早いもので、もう4年近く前になります。

当時は、決まるかどうか不安だった保育園もなんとか決まり、4月から入園! 5月からはバリバリ働くぞ!!と思っていましたが…いざ保育園に入園してみると、娘も新しい環境になかなか慣れることができず、発熱や、体調を崩すことが多く、4月は半分ほど病欠をしてしまいました。

何しろ初めて尽くしでしたが、これは本当に予想外で、5月からは私も職場復帰になるし(汗) どうしよう…、大丈夫だろうか… と、不安に駆られながらも迎えた5月ですが、案の定・・・不安は的中(涙)

働くママは時間との勝負!

5月以降も休む日が多く、仕事中も、保育園からの呼び出しに毎日ヒヤヒヤでした。(笑)現在も子供が病欠の時は、在宅勤務をさせてもらっていますが、当時は連日の呼び出しに、さすがに心苦しく、職場の方々には本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいでしたが、職場の皆さんが、温かく見守って下さったおかげでなんとか乗り切ることが出来ました。

娘も4歳になった今となっては、保育園を休む事もほとんどなくなり、私も安心して出勤できています。これは娘にも感謝ですね。今は普通に勤務できている状況ですが、平日は10時~18時の時短勤務で、日中の勤務時間が制限されているので、日中の時間では、なるべく社内でしかできない業務や、打ち合わせが必要な業務を優先して進め、そのほかは持ち帰って、在宅業務で行ったり、通勤中の合間の時間を使ってやりくりをしています。

私はどうしても、子供の寝かしつけをすると一緒に眠くなってしまい、夢の中へ…になってしまうので^^;その分早起きしてPCに向かったりもしています。

育児をしながら働く女性としては一番大変だと感じる事はやはり、とにかく時間との闘い!まぁ、これは育児をしながら働く女性に限った話ではないかもしれないですが(汗)

在宅ワークや時短勤務など、会社や職場のメンバーにもたくさん助けていただいている分、自分のやるべきことはしっかりと責任を持つ。という事がやっぱり大事だと思います。私もまだまだできない事ばかりですが…(汗)



実際にチャレンジをしてみて感じる事ですが、世間的に言われている通り、確かに、育児と仕事の両立は本当に大変だと思います。しかし、弊社WSPの行動スタンスの中には、「忙しいを言い訳にしない」という項目があるので、私一人そんな事は言っていられません。

自分が職場復帰するからには、何を重視したいか。どんな仕事をしたいか。など、人それぞれ思うところがあると思いますが、私にとっては、それが復帰前と変わらず、「他の方と同じく責任ある仕事を任されたい、もちろん収入も変わりなく欲しい」という思いがあったので、

以前と変わらない仕事をするための「時間を作る」という事を日々意識しています。それでもたまに、やることが満載で、パンクしそうになることはあります(笑)。これは自分が進めたいと、色々仕事を抱えてしまうのが私の悪い癖でして。。。遅れてしまいそうな仕事は先輩や上司の方々に振り分けてもらったり、といつもフォローしてもらっています。効率良く、うまく業務を進めていくというのが私の今の課題です。

職場復帰には、家族や職場の支援が重要

産休後や育児をしながらの職場復帰にはフルタイムやパートなど、復帰の仕方は色々あると思います。幸い私は、家族や職場の方々の理解と支援に支えられながら、職場復帰する事が出来ましたが、働く女性が少ない職場や、制度や仕組の少ない会社では、まだまだ、一筋縄ではいかないという状況も少なくないのではないでしょうか? これから働くお母さんになるという方は、不安もあると思いますが、職場復帰をするには、やはり家族や職場の方々の支えがやはり重要なポイントになります。なので、まずは、自分がどんなポジションで、どんな仕事、どんな働き方をしたいかという事を、自分自身がしっかりと考えて、家族だけでなく、会社や職場の人としっかりと相談しておくというのも大切なプロセスかも知れないですね。

株式会社WSP's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings