1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

大原Wovn1ヶ月目-初転職に至るまで

みなさんこんにちは!今年で社会人3年目を迎える大原です。先日、人生初の転職を経験し、1月からWovnにジョインしました。


今回は、自己紹介も兼ねて、僕が前職で何をやっていて、どうしてWovnをセカンドキャリアに選んだのか書いていきたいと思います。

目次

  1. ■ 以前何していたのか
  2. ■ なぜWovnに入社したのか
  3. ■ これから何をしていくのか

■ 以前何していたのか

まだ24歳と言うと、(顔を2度見されて)結構驚かれるのですが、僕の社会人としてのキャリアはまだまだ大したことはありません。むしろこれからが伸びしろです(笑)

2018年、新卒で「撮影を自動化するシステム」を販売する、オービットブイユージャパン株式会社(以下、ORBITVU)に営業として入社した僕は、主にEC業界のバックオフィス改善を軸に活動していました。ECで見かける360度ViewアニメーションとかもORBITVUのソリューションの1つです。

大学時代、明確にやりたいことが見つからず、業界を絞らずにたくさんの企業を受けていた中で、「国内唯一のシステム」「ECは成長産業」「ベンチャー企業で個性を磨くほうが合っているだろう」といったことを理由に、ORBITVUを選択しました。ちなみに、大学時代は法律を専攻していましたが、就職活動には一切役立ちませんでした(笑)

さて、そんな僕に転機が訪れたのは、18年の年末です。組織再編が発表され、新たに「インサイドセールスチーム」が発足しました。設立時のメンバーは、1名の営業未経験スタッフと、営業部長の兼務で2名。すぐに人手が足りないという話になり、僕がインサイドセールスに加わり3名で新しいチームが誕生しました。

インサイドセールスという言葉にまったく馴染みがなかった僕は、まったくの未知の領域に飛び込んでいくことになります。慣れない横文字、SalesforceやFORCAS、ベルフェイスなど、新しい概念・ツールを取り入れることに忙殺される日々。そんな環境がベンチャーっぽくて楽しいな、そんなことを考えていたらあっという間に月日が経ちました。

■ なぜWovnに入社したのか

オンライン商談のアイスブレイクで使う鉄板ネタ、「よくCOWCOWの多田さんに似ていると言われます!」というネタが滑り始めたころ。

その頃の僕は、「営業としてもう一歩踏み出したい」「(インサイド界隈に影響されて)SaaSビジネスを経験しておきたい」と考えるようになっていました。インサイドセールスをほぼ1名で回し、19年の10月には同期に先んじて主任にも任命して貰っていました。会社に認めてもらっていることがすごく嬉しかった反面、井の中の蛙になってしまうことを心配していました。

そんなある日、EC関係の方々を集めた飲み会に誘われ、Wovnの営業マン、阿部さんに出会います。3-4ヶ月くらい前のことです。たまたま最寄り駅が隣同士だったこともあって、帰りの電車で軽い世間話を交わして、「Wovn面白いよ!」っていう紹介をもらったんです。

正直に言うと、阿部さんにお会いするまで「Wovn Technologies」なんていう会社は聞いたことはありませんでした。ホームページを見ても、大手企業と取引があるんだなくらいで(笑)
ただ、別れ際に握手を交わしていたせいか、阿部さんの印象が強烈に頭に残っていました。
知識と自信に満ちていた姿に、憧れを持ったんだと思います。

それから月日が経ち、自身のキャリアについて本格的に悩み始め、色々な会社を見て回るもしっくりこずモヤモヤ。そこで思い出したのがWovnです。どんな会社だったっけと。すぐに阿部さんに連絡をとって、近場で集まって夜まで語り合って、そこからはトントン拍子でした。

Wovnのオープンハウスパーティーというイベントに参加して、会社の雰囲気を知って。イベントに全力な会社っていいな、と思ったり、「インターネット空間をローカライズする世界的な黒子企業になる」という、縁の下の力持ちポジションを目指している姿もなんだかかっこよくて。目立たずに仕事をしたい自分にはぴったりだと思いました(笑)メンバーが個性的だったのも後押しして、2回の面接をとても緊張しながらも乗り越え、Wovnのメンバーとなりました。


■ これから何をしていくのか

Wovnでも、営業として活動していくことになりました。現在はフィールドセールスを中心に、凄腕メンバーのもとで必死に勉強しています!キーエンスから転職してきた同い年の溝口さんという同期にも恵まれて、二人で切磋琢磨しながらこれから新たに入ってくる若手メンバーのための土台作りも進めていきたいと考えています。

そして、引き続きEC業界をテクノロジーを通じて盛り上げていくことをミッションにしています。仕事では、国内外のサービスのローカライズを通じてより多くの人がショッピング等を楽しめる世界創りを。多くの方々との交流を通じて、業界コミュニティを広げていくことを個人的な目標として頑張っていきます。

SaaSビジネスであったり、フィールドセールスとしてのクロージング経験はまだまだ発展途上。これから色々失敗を重ねていくんだろうなと。社会人歴1年半という半端な歳での転職だったこともあり、「初心忘れるべからず」をモットーに、皆さんのアドバイスを受け止めながら愚直にやっていきたいなと考えています。大原の成長にご期待ください。応援よろしくお願いいたします!

お読みいただきありがとうございました!

同期の溝口さんの記事もぜひ読んでみてください。

Wovn Technologies株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more