Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

CEOがGudeで成し遂げたいこと。


『上岡さんが会社として何を成し遂げたいか知りたい。』


先日メンバーから言われ、これはいいきっかけだと思い、文字に起こしました。

田舎でのアタリマエと都会。

僕は愛媛県喜多郡という都会からは想像もできないくらい田舎に生まれました。
昔から、人を見た目や能力で判断することが嫌いで、不確定要素(起きていないこと)を軸に人を判断することはしなかったように思えます。平和とか平等だとかそういったことが好きでした。

普段は田んぼでサッカーをしたり、夏は川で鮎をとったり、中学校の人数は同学年で60人くらいだったりした生活環境で暮らしていました。
ただ、現代ではメディアが発達しているので、都会の情報を色々なチャネルから得ることができました。

そのなかでもテレビで得る映像の情報はより鮮明に東京のリアルを伝えてくれました。

生まれた環境への嫉妬心。

『東京に生まれていればな』 


僕はテレビで見る都会に対して強い憧れを持っていました。なぜなら今の自分の生活環境と違いすぎたからです。

「テレビに取り上げられているカフェに行ける」
「好きなアーティストのライブを観に行ける」
「交通機関にすぐ乗れる」
「ショッピングモールがある」

都会の当たり前が自分にとって当たり前ではなかった事に対して強い嫉妬心を覚えました。

恵まれた環境という気づき。

ただ、普通の田舎では裕福な暮らしをしている方だと実感していた僕は自分の置かれている環境はまだ全然ラッキーだとも感じました。


『70億人いると言われている世界の中で1億人である日本人に生まれ、しかも現代である時代つまり戦争がない時代に生まれて本当に自分は恵まれている。』


挑戦できる環境、つまり東京に行こうと思えば行ける環境がある事に深く感謝しました。自分の今の思考は生まれ育った環境に依存するのでこういった事はありえないのですが、

『もし発展途上国の農村部などに生まれたら...』
『もし生まれるのがあと100年早かったら...』

などど考えると少し怖くなりました。もちろん貧困層=不幸と言っているわけではありません。
もし自分がそうだったらベースで考えていると、

『生まれた場所(環境)に依存してスタートラインが変わってくるのはおかしいのではないか?』

と思うようになりました。

環境による機会損失の是正

資本主義(頑張った人≒結果を出した人は報われる)の考え方は平等だと感じるので、平等であるからこそ、スタートラインも平等である世界にしていきたいというのが僕が会社で成し遂げたい事です。

まだ成し遂げたいことへのアプローチ方法というのは試行錯誤している途中ですが、必ず成し遂げます。


提供元

https://note.mu/louis_kotaro/n/nbdd8518a8768

株式会社Gude's job postings
Anonymous
96d7ba85 4aae 4214 9032 f93d8f448d26?1563469746
506c739a 3154 4bd6 94cc 466bc0e53f7f?1565268535
E2b02044 d1af 47c3 bf81 d484b94fd830?1566008967
423485fd 1d40 4ed0 8036 316cbf325aa9?1553536499
Dd245821 2652 44fc 8d81 23efbbd07355?1558658379
6 Likes
Anonymous
96d7ba85 4aae 4214 9032 f93d8f448d26?1563469746
506c739a 3154 4bd6 94cc 466bc0e53f7f?1565268535
E2b02044 d1af 47c3 bf81 d484b94fd830?1566008967
423485fd 1d40 4ed0 8036 316cbf325aa9?1553536499
Dd245821 2652 44fc 8d81 23efbbd07355?1558658379
6 Likes

CEO

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon