Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【ウェルモニュースVol.5】「人生の目的の見つけ方」勝屋久さん特別講演会

みなさん、こんにちは!
先日ウェルモ社内にて、勝屋久さんをお呼びして講演会を開いていただきました。

以前から代表鹿野との交友関係が深く、社内での講演会は3回目となります。
前回は約2年前で、まだ介護事業側の社員数は20名ほど。現在は約60名になるので、まだ会社規模として3分の1のときです。

今回、私が入社してから初となる社内講演会。
福岡・札幌・横浜・大阪もZoomで繋いで実施されました。

〜勝屋さんのご紹介〜

勝屋 久 さん(Hisashi Katsuya )

1962年、東京都生まれ。上智大学理工学部数学科卒業後、日本IBMにて25年間勤務。
2000年、IBM Venture Capital Groupパートナー日本代表、経済産業省IPA未踏IT人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャーなどを経て、2010年8月にリストラを期に独立。生き方そのものを職業として夫婦で活動中。2014年から本格的に画家としても活動開始。株式会社アカツキ社外取締役、株式会社マクアケ社外取締役、Sansan株式会社顧問、株式会社ウェルモ顧問、ビジネス・ブレークスルー大学客員教授ほか、多様な顔を持つ。


見てください、この絵!!
素敵すぎて、この記事のトップ画像にもさせていただいたのですが、これは勝屋さんが描いてくださった絵です。
WELMO(ウェルモ)とLOVEがかかっていて、言うまでもなく素敵・・・。

素敵な絵から始まり、テーマは「人生の目的の見つけ方」でした。

「勝屋さん自身の分かち合い」を通して、
本質・観念 / 思い込み・偽ダイヤ について学びを深めていきます。

知らず識らずのうちに、
「こうあるべき」とか
「自分が正しい」とか
「普通はこうだ」とかいう観念に囚われたり

自分で勝手に思い込んで
「この場はこうした方がいい」とか
「きっとこれ言われるだろうな」とかやっちゃうよね!

と言われてドキッとしました。

みなさんもありますよね、きっと。
良いとか悪いとかじゃなくて、人間誰しもにあるもの。

そういうのをどう対応していくのか、そういうのとどう付き合っていくのか、本当には何が大事なのか、そういったことを教えていただいた時間でした。

勝屋さんはとにかく明るく、エネルギーに溢れていて、お話を聞きながらこちらが元気になっていく感覚がありました。


講演の後は質疑応答


Q. (講演中におっしゃってた)本質が愛とはどういうことですか?
Q. 自分がわくわくするときはお金とか時間に余裕があるときですが、その心を保てなくなるときがあります。そんなときはどうしたらいいですか?
Q. 分かち合うを社内でやろうと言っても、すぐでできるものじゃないこともありませんか?

など、各拠点からいろいろな質問が出ました。


あっという間に2時間が経ち、講演は終了。
勝屋さんの出版された本のご紹介もありました。

今週末予定していたスキーがコロナウイルスの影響でいけなくなったので、この週末に読んでみようと思います(^^)

人生の目的の見つけ方 自分と真剣に向き合って学んだ「倖せの法則」
Amazonで勝屋 久の人生の目的の見つけ方 自分と真剣に向き合って学んだ「倖せの法則」。アマゾンならポイント還元本が多数。勝屋 久作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人生の目的の見つけ方 自分と真剣に向き合って学んだ「倖せの法則」もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%AE%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E6%96%B9-%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%A8%E7%9C%9F%E5%89%A3%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%8D%E5%90%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%AD%A6%E3%82%93%E3%81%A0%E3%80%8C%E5%80%96%E3%81%9B%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87%E3%80%8D-%E5%8B%9D%E5%B1%8B-%E4%B9%85/dp/4046045760


最後はみんなで写真撮影!
なかなか自分自身と向き合う時間がないので、非常に良い機会になりました。

勝屋さん、貴重な機会をありがとうございました!!

またいらしてください〜〜!!!


最後に

こちら、ウェルモ社内に飾ってある勝屋さんの絵。
色使いが本当に素敵ですよね…。

今回のお話を大事に、自分自身を磨いて愛ある人間に、そして愛ある会社にしていきたいと思います!!


Webアプリケーション
プロジェクトリードエンジニア|社会課題を解決するプロダクト開発
介護福祉の課題をテクノロジーで解決するサービスの開発と、子どもの可能性を解放する障がい児支援施設を運営しています。 ■介護福祉領域 ・『ミルモネット』 (https://welmo.co.jp/service/milmo-net/) 介護情報を見える化した地域情報プラットフォームを構築。 膨大な介護事業所の中から、介護を必要とする方のニーズや条件に合った事業所を検索することが可能。 ・『ケアプランアシスタント』 (https://welmo.co.jp/service/cpa/) ケアプラン(介護サービス計画書)の作成支援AIエンジンを研究開発。 国立情報学研究所と共同研究を行い、幅広い専門職の知識や知見を人工知能化することで、基礎資格による知識差やケアマネジャーの業務負担を軽減させ、客観的で質の高いケアプランの作成を可能とする。2019年中の正式リリースを目指す。 ■児童福祉領域 ・『UNICO』(https://unico-jp.net/) 障がい児支援事業を運営。 「すべての子供たちの可能性を解放する」ことを目指し、発達障害のお子さまの療育に取り組む児童発達支援と放課後等デイサービスの事業所を現在福岡県内に8施設展開中。
株式会社ウェルモ


キャリアコンサルタント
社会課題に導くHR tech!ソーシャルベンチャーのキャリアコンサルタント
介護福祉の課題をテクノロジーで解決するサービスの開発と、子どもの可能性を解放する障がい児支援施設を運営しています。 ■介護福祉領域 ・『ミルモネット』 (https://welmo.co.jp/service/milmo-net/) 介護情報を見える化した地域情報プラットフォームを構築。 膨大な介護事業所の中から、介護を必要とする方のニーズや条件に合った事業所を検索することが可能。 ・『ケアプランアシスタント』 (https://welmo.co.jp/service/cpa/) ケアプラン(介護サービス計画書)の作成支援AIエンジンを研究開発。 国立情報学研究所と共同研究を行い、幅広い専門職の知識や知見を人工知能化することで、基礎資格による知識差やケアマネジャーの業務負担を軽減させ、客観的で質の高いケアプランの作成を可能とする。2019年中の正式リリースを目指す。 ■児童福祉領域 ・『UNICO』(https://unico-jp.net/) 障がい児支援事業を運営。 「すべての子供たちの可能性を解放する」ことを目指し、発達障害のお子さまの療育に取り組む児童発達支援と放課後等デイサービスの事業所を現在福岡県内に8施設展開中。
株式会社ウェルモ


マーケティング・PR
17億調達のソーシャルベンチャーで、一緒に成長できるインターン募集!
介護福祉の課題をテクノロジーで解決するサービスの開発と、子どもの可能性を解放する障がい児支援施設を運営しています。 ■介護福祉領域 ・『ミルモネット』 (https://welmo.co.jp/service/milmo-net/) 介護情報を見える化した地域情報プラットフォームを構築。 膨大な介護事業所の中から、介護を必要とする方のニーズや条件に合った事業所を検索することが可能。 ・『ケアプランアシスタント』 (https://welmo.co.jp/service/cpa/) ケアプラン(介護サービス計画書)の作成支援AIエンジンを研究開発。 国立情報学研究所と共同研究を行い、幅広い専門職の知識や知見を人工知能化することで、基礎資格による知識差やケアマネジャーの業務負担を軽減させ、客観的で質の高いケアプランの作成を可能とする。2019年中の正式リリースを目指す。 ■児童福祉領域 ・『UNICO』(https://unico-jp.net/) 障がい児支援事業を運営。 「すべての子供たちの可能性を解放する」ことを目指し、発達障害のお子さまの療育に取り組む児童発達支援と放課後等デイサービスの事業所を現在福岡県内に8施設展開中。
株式会社ウェルモ
株式会社ウェルモ's job postings
【ウェルモニュースVol.5】「人生の目的の見つけ方」勝屋久さん特別講演会
Satsuki Ibaraki
株式会社ウェルモ / 経営戦略部 新規事業開発室
29 Likes
29 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more