1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

チャンスに変わるーヒトのコトバに感謝するー

はじめまして。
株式会社WEBGRAM バックヤード担当の内山です。

基本は、経理・人事・総務 プラスとして
私自身、営業のお仕事が好きなのでメーカー事業のサポートと「営業」もしています。

なので基本は「なんでも屋さん」という感覚でどの業務も
楽しんで本気でやっております。

人事をしていると、こんなことをよく耳にします。

「営業の泥臭い感じ苦手なんです…」

「自分の担当業務以外はやりたくないんです…」

「ライフワークバランスが重要!」

などなど、たくさんのお声をいただきます。

私もかつて同じことを言っていたように思います。
そんな私にも転機といいますか、今後のキャリアを良い方向へ変えてもらった

何十年経っても忘れない
チャンスの役割をもつコトバがいくつかあります。

今回は、「営業の泥臭い感じが苦手」と避けていた「営業」をなぜか好きになってしまった
きっかけともいえる、ある大企業のCEOにクレームで言われたコトバを1つご紹介します。

その当時の私は、毎日7~8コマのスケジュールで営業していました。
だんだんと日々のアポをただこなしていく…
「疲れた」「勘弁してくれ」など口からこぼれるようになっていました。

大切なものを失っていたと思います。

1つのお約束時間に伺ったときの出来事です。

お約束の場所へ向かう道で、
前から歩いて来られたのが取引先のCEOでした。

私の歩いてくる姿をみた瞬間の第一声が、

「自分なあ、ほんまそういうところやで!」

※そのままの関西弁でお伝えしています。

このコトバだけを聞くと、「え?」って思いますよね…。
でもこの背景では、数字の結果として常に営業トップだったというだけで
勘違いしていた自分自身がこの一言で気づかされました。

会社の売上を上げているのは私…。
なんて、思い出しただけでお恥ずかしいくらい調子にのっている
自分を、歩く姿や表情などから見透かされた瞬間だったと思います。

お客様からのクレームが起こった場合
小手先のテクニックは通用しない

そう認識させられた私にとってチャンスのようなコトバでした。

その後、右肩上がりの売上を何年も継続することができたのは
この時のコトバの影響が大きかったと思います。

人と人との関係を築く「営業」の仕事は、
泥臭い人間もようがたくさんあるかもしれません。

でも、その泥臭さのなかにこそ
あたたかいコトバをチャンスに変えることができます。

また、ひとりの人間としての成長を数字とともに伸ばすことができる
オモシロイ職種だと思います。

株式会社WEBGRAMでは、世の中のためになると自負している自社商品を
世界の「ライフスタイルブランド」にする!と日々奮闘中です。

0を1にすることは想像以上に大変な仕事ですが、
自分の大きな成長へつながります。

株式会社WEB GRAM's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more