1
/
5

マーケティングコンサルタントの仕事の原点 ー月間200万PVをつくりあげた男の仕事観ー

ウェブサークル代表・門田さんがマーケティングコンサルタントの仕事をスタートするきっかけとなった、月間200万PVを叩き出したモンスターサイト。

どうしてこんなことが実現できたのか?どんなことを考えてこのサイトができて、ウェブサークルに繋がっているのかをお話を聞いて考察しました!!



門田さんが月間200万PVを叩き出した一番最初の携帯サイトってどんなサイトだったんですか?


すごく、使うのに手間のかかるサイトを、もうちょっと使いやすくできないかなぁと思ったのが始まりです。あ、これってみんな欲しいんじゃない?って思って、結構軽い気持ちで始めました!

当時の彼女が遊びに来ててもそれを放って(笑)


彼女を放って!!!!!(笑)
それだけ熱を持ってできるって、相当好きだったんですね!


初めサイトを完成させるまでのうちは、会社から帰って、18時から日付が変わるまでWebに関して勉強したり、毎日のようにガラケーでソースコードを書いていました。

好きもそうですし、相性がよかったんでしょうね。少しずつ反応が取れて来て。面白くなって来て。


具体的にはどんな感じでやられていたんですか?

初めは自分でコンテンツを作ることもやっていたんですけど、運営を続けているうちに「コンテンツの作り方を教えて欲しい」って人が出て来たのでそこからコンテンツを作成してみたい人を募って、その人たちにやり方を伝授して、コンテンツ作成はマルッと任せることにしました^^


そうだったんですね。「ノウハウ」って、教えるのを嫌がる人が多いですけど、それをどんどん教えていったんですね・・・!!!このサイトを構築するにあたって、考えていたことはありますか??


コンテンツ作成、その人たちの方が喜んでやってくれるから任せちゃおうと思って(笑)
そのほうが適任と思ったんですよね。コンテンツ作るより他にやりたいこともあったし。

そこからは基本的にコンテンツを載せる掲示板とか、そういった管理やメンテナンスの裏方に回って関わるようになったので、自分としてもすごく楽でした。

あと、このサイト作るときに1つ気になってたことは、それまでのサイトって、広告とかランキングサイトがめちゃくちゃに貼られていて、地雷みたいに踏むことが多かったんですよね。コンテンツが「☆」とかでめちゃくちゃわかりにくいところに貼ってあって。

あーー!めちゃくちゃイライラするやつですね(笑)


はい(笑)

それを、コンテンツと広告とランキングサイトとでわかりやすく切り分けることによって、従来のサイトから大幅に使いやすさを改善しました。


丁度ガラケーが流行りだして、少しだけ前よりも個人がウェブに手をだし始めた頃。すごく時代のニーズにもマッチしていますよね。


使いやすさを考えながら、ユーザーの人も巻き込んで、ランキングサイトとメルマガ登録でコンテンツをゲットするためのパスワードを手に入れられる仕組みを作り、ユーザーが宝探しをしながらどんどん宣伝してくれるという好循環を作れたかなぁと思います。


印象的だったのが、オンラインだけじゃなくてオフラインもやられてたって話でした。

関連のお店に行って、売り上げに間接的に貢献できるという提案をして、そのシお店でショップカードを置いてもらうなんてこともありましたね。
今じゃちょっと考えられないんですけど、それも愛媛だったからありだったかもしれません。(笑)


人が欲しがるものを、得意な人が作れる仕組みを作って、

人が欲しがるタイミングでどんどん提供していく


考えられていたことはめちゃくちゃシンプル!!
ユーザーや作り手が求めてるものをいちはやく把握し、みんなが喜ぶ形は何か?それを考えるウェブコンサルタント。これが、当初から変わらない、現在のウェブサークルに通じる仕事観だなぁと感じます!!



現在、ウェブサークルでは一緒に働く仲間を募集しています!!

こんなユーザー目線の価値観を持った代表の下で、一緒に働きませんか?

株式会社ウェブサークル's job postings

Weekly ranking

Show other rankings