1
/
5

WCTC創業者・山根が語る会社のこれから

株式会社WCTCでは、現在一緒に働くメンバーを募集しています。そこで、WCTCで働くメンバーのことをお伝えするため、社内ブログをスタートすることにしました。
第一弾となる今回は、WCTCの創業者 山根に、創業の背景や組織の今、WCTCの今後について聞きました。

【プロフィール】
広島で生まれ、大学卒業と同時に上京。
新卒で決済サービスを提供するGMOペイメントゲートウェイ株式会社に入社し、決済機関の運用や金融機関向けに新規サービスの開発に従事。
その後アクセンチュア株式会社に転職し、保険会社向けのDXといった大規模案件を担当。
2021年に株式会社WCTCを設立。

WCTCを創業したきっかけ

ーどんな想いで起業したか教えてください。

まず、私のバックグラウンドからお話させてください。
私は、広島で生まれ育ち、大学卒業と同時に上京し、新卒で決済サービスを提供するGMOペイメントゲートウェイ株式会社に入社しました。文系出身でエンジニア未経験にも関わらず、3年目から金融機関向けの新規サービス開発案件をPMとして任せてもらえました。
学歴や経歴関係なく、手を挙げれば挑戦させてもらえる環境で学ばせてもらったことを、今でも感謝しています。
その後、アクセンチュア株式会社に転職し、保険会社向けのDXといった大規模案件を経験しました。
今までのIT業界で培ってきた経験を通して、サービスを創造し、世に届ける面白さを感じました。この面白さは、この業界だから味わえるものだと思っています。
また、IT業界を支えるテクノロジーの進化は年々加速し成長を続ける業界です。そんなIT業界の将来性は未知数であり、今後さらに成長する可能性があると確信しています。
このような背景があり、自分の経験を活かしながら、エンジニアをはじめ、手を挙げれば”挑戦”できる環境を創りたい。テクノロジーを活用し、もっと多くの人が”ワクワク”するサービスを届けたい。という思いで起業しました。

創業1期目の今

ー会社の事業内容を教えてください。

現在は、創業初期ということもあり、キャッシュエンジンとなる事業として、クライアント様の開発支援(SIer/SES事業)を行っております。
(今後は自社サービスの開発も進めていく予定です。)

ー会社の現状と課題について教えてください。

現状としては、Sler/SES事業でクライアントの幅を広げていくフェーズです。
当事業で経営基盤を固めつつ、今期、もしくは来期から自社サービスの開発にも取り組んでいきたいと思ってます。そのため、採用にはかなり力を入れて取り組んでいます!
当社はまだ起業して数か月しか立っていない0→1フェーズなので、単に技術力が高いだけではなく、私たちの企業理念に掲げる『エンジニア1人ひとりが主体となる』『"ワクワク"する未来の実現』といった部分に共感してくれる人を採用することを心がけています。自分と同じ目線で成長意識を持った精鋭なメンバーを迎え入れることが出来たら嬉しいです。

テクノロジーの可能性を信じ、挑戦することを楽しめるメンバーが集まっている。

ー 一緒に働くメンバーの特徴について教えてください。

自社開発のサービス考案からリリース・運用まで経験しているメンバーが多いです。
理由としては、Sler/SES事業でも、委託業務としてではなく、『全員が自社システム』を開発している意識を持ちクライアントの支援にあたることを徹底している為、実際に自社開発の経験をもつ人がメンバーとして入社してくれることが多いです。
今いるメンバーは受け身ではなく主体的な人が多く、自分の専門分野外でも積極的に「やってみます!」と行動してくれます。
また、業務を通して困ったことはオープンに発信し、全員で課題解決につとめ、ノウハウや情報を共有していくカルチャーが既に浸透しています。

ーどんな方と一緒に働きたいですか?

創業期のメンバーになるので、一緒に楽しく働ける人。
私たちの理念に掲げるように『テクノロジーを活用し、"ワクワク"するサービスを届け続ける。』には、まず今いるメンバーと一緒に楽しく仕事出来るかはとても大事なことだと考えています。
なので、テクノロジーの可能性を本気で信じて、今やっている仕事に喜びを見いだせる人と一緒に楽しく働きたいです!
もう一つ重要なのは、スピード感をもって、主体的に発言や行動できる人です。今後組織や事業拡大をしていく上でも、スピード感をもって動いていきたいので、基本的にオープンにコミュニケーション取れることは大事にしています。
私自身も、メンバーとのディスカッションは大事にしており、何か決める時も基本的にメンバー全員の意見を聞いた上で決断してます。プライベートのことも仕事のことも相談し合える関係を築いていきたいです。

ー入社するとどういった成長環境がありますか?

0→1で事業を創っていくフェーズなので、開発だけではなく事業立ち上げのスキルを身につけられる環境になっています。
このフェーズだから学べることも多いので、1つ1つの経験が社員の成長にも繋がっていくと考えています。
エンジニア視点でいうのであれば、『エンジニアとして自走できるスキルを身につけれる』環境になっています。
クライアント支援の中でスキルアップできるように、必要なスキルの勉強会、ノウハウ共有会を週1回ペースで実施しています。
また、課題を見つけて終わりではなく、発見した課題をメンバー全員で共有し、フォローする教育をしているので、途中で挫折することなく成長できると思います。
そして、起業理由でお伝えした通り、私自身過去に挑戦させてもえる環境にいたことで成長できたので、今後は、社員の成長できる機会を与えれる仕組みを作っていきます。
積極的に手を挙げた人が挑戦できるよう、研修カリキュラムを組むところから実行までのレールを用意して、全力サポートします。
よりクリエイティブに働く為に、まず働く社員がいきいきと、楽しく働ける環境をつくることが大切だと思っているので、今後も楽しく働ける環境作りに積極的に取り組みたいです。

世の中に”ワクワク”を届けるために大事にしていること

ー WCTCISMを忘れないこと

WCTCISMは、仕事以前に『人』として素敵であってほしいという想いから作りました。
少しでもWCTCが大事にしていることが伝わればいいなと思い2つほど紹介させてください。

1つ目、自分を生んでくれた両親をはじめ、家族を大切にすること。
母の日、父の日は感謝の気持ちを伝えること。
2つ目、互いに成長する環境を創っていくこと。

弊社は『教育』を大事にしていますが、ただ指摘するだけではなく、”2つ以上”褒めて、”1つ”指摘を行うようにするようにしています。

ー最後に、この記事を読んでくださった方に向けて一言お願いします。

弊社は創業1期目のスタートアップです。
現在、メンバー全員で自社サービスの考案をしており、考案から開発まで携われるので、とてもチャレンジができる場所だと思っています。
環境の変化を楽しみながら、一緒に働ける仲間が増えたら嬉しいです。
もし少しでも興味を持って頂ける方がいらっしゃればお気軽にご連絡ください。
最後までお読み頂きありがとうございました。


Systems Engineer
スタートアップでSEとして成長したい方!0からプロダクトを作りたい方大募集
WCTCは、SIer/SES事業を主軸にメガベンチャーを中心に開発支援させていただいている会社です。 現在は、創業初期ということもあり、キャッシュエンジンとなるSIer/SES事業を主軸に行っておりますが、今期もしくは来期には、自社サービスの開発も進めていきます。 クライアント先にてある程度規模の大きなベンチャーならではの、案件の進め方や開発プロセスの推進方法を身につけることが出来、また立ち上げ期の会社で一緒に切磋琢磨し会社の成長を肌で感じられることが当社で働くメリットかと思います。
株式会社WCTC
株式会社WCTC's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more