1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

最終面接に出てくる人はどんなひと?CTOや開発リーダー達の人柄やキャリアがわかるPodcast&インタビューまとめ

こんにちは!Wantedlyで技術イベント企画まわりを担当している竹内みずき ( @amanda__mt )です!

最終面接、緊張しますよね。
私もCEOやCTOとのディスカッションがあり、めちゃくちゃ緊張した記憶があります。みなさんも面接を受けるときに、どんな人が出てくるのだろう??とドキドキした経験がおありだと思います。

今回、PitPaさんのPodcast「ROLE MODEL」にCTO、開発責任者、Wantedly Peopleの開発リーダーの3人が出演し、彼らのキャリアやマネジメントスタイルについて話しました。

今回Podcastでお話させて頂いた3名は開発チームの最終面接に出てくるエンジニア達です。
そこで、事前にこんな人が出てくるということがわかっていたら、緊張もほぐれてより良い面接になるのではないかと思い、Podcastや過去インタビューのまとめStoryを書くことにしました。もしかすると自分との共通点がみつかるかもしれません。ぜひ時間のあるときにチェックしてもらえたら嬉しいです💡

今回はエンジニア3名のご紹介ですが、番外編でCEOと人事責任者のチラッと紹介します。

CTO/ 川崎 禎紀

新規サービスの開発をイキイキとコードを書いているCTO川崎です。CTO業と新規サービスの開発リーダーそれぞれを担っている状態で忙しそうですが、毎日楽しそうです。

余談ですが、川崎の名刺は "CTO/プログラマ" と記載されており、コーディングへの情熱を感じます。

Podcastの内容は下記Storyともリンクしています。ソフトウェアエンジニアとしてのキャリアを考えている人はぜひこちらのStoryもお読みいただけたら嬉しいです。
2016年の記事ですが、伝えている価値観は今も同じです。

余談ですが、最近ボルダリングにハマっているので、壁に登っているひとはぜひ誘ってあげてください。


執行役員 兼 開発責任者/ 森脇 健斗

2015年に新卒入社し、2019年9月に執行役員就任した森脇はみんなの優しいお兄さんです。

ダメですと言いながら相談を聞いてくれます。(ダメですは"いいよ"の同義語です)

学生時代はフリーランスとして活躍していた森脇ですが、コードを書く力はあっても、サービスを作っていく力が足りないと気づき、プロダクトをつくる力をつけるためにWantedlyに新卒入社しました。

今まではコードをゴリゴリに書いてきた森脇ですが、Podcastではプロダクトオーナーへのキャリアについて話しています。

執行役員に就任した際のインタビューはこちら👇これからより組織の力で成長させていくためにどのようなことを考えているのかをまとめています。


Wantedly People 開発リーダー/ 竹野 創平

2016年に新卒入社でWantedlyにジョインした竹野は、プロダクトを良くしていくことなら何でもやる人です。技術的な登壇や記事が多いのですが、竹野も森脇と同じく最近マネジメントを担っているエンジニアです。

つながり管理アプリのWantedly Peopleの開発リーダーとして活きの良い若手を率いてツヨツヨなチームを作り上げました。直近ではWantedly Peopleのプロフィールを全面的にアップデートを3ヶ月で企画からリリースまでを行いました。(早い)

Podcastでは、コロナ禍になってからのリモート開発組織について語っています

また、ゲームと日本酒をこよなく愛する人なので、ぜひゲーム好きや日本酒好きな人はお誘いください🍶

番外編

CEO/ 仲 暁子

仲は非常にビジョナリーな人間です。価値観や考え方の源泉は変わらないので、昔の動画になりますがTED Talkを観て頂くとよりイメージが湧くとおもいます。

左脳と右脳がそれぞれ独立して高速回転している人だなあというのが竹内の印象です。


人事責任者/ 大谷 昌継

会社の中の最年長である大谷は落ち着いたお父さん感のある人間です。大学を卒業後は大手企業に入社しましたが、その後はずっとスタートアップ畑を歩んできました。

たまに真理の問いをしてくることがあります。人生の悩みごとがある人は大谷までご相談ください。



全ては素敵な仲間と出会うために

Wantedlyの選考は他社と比較すると多くの人がでてきます。また、中途採用であってもNDAを締結し1日インターンの実施したり、実際の課題に対して共にディスカッションを行うなど、社内の雰囲気やプロダクト開発手法など私達のことを知ってもらうための選考スタイルを取っています。

選考は一方的に企業が評価する場ではなく、双方のマッチングをみていく場だと考えています。

転職を全く考えていなくても問題ありません。少しでもWantedlyに興味がある人は、まずは気軽に話を聞きにきてください💪

Wantedly, Inc.'s job postings
43 Likes
43 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more