Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ウォンテッドリーのwith/afterCoronaの働き方

緊急事態宣言が全面的に解除されましたが、新型コロナウイルスとの戦いはまだ続いています。その中でウォンテッドリーでは、2020年6月1日からの働き方を原則リモートワークから変更することにしました。今回はその背景と内容をお伝え出来ればと思います。

なお、今回の決定は今後の感染者数の推移や、政府・東京都の方針に応じて変更していきます。再び感染拡大が懸念される場合は、速やかに原則リモートワークに切り替え、安全確保を最優先していきます。

WHY カルチャーとコミュニケーション

私達は、最大の生産性と最高の熱量、そしてコミュニケーションコストの最小化のため、かねてより対面を重視したカルチャーを作り上げてきました。チームで新しい価値を生み出す時には、異なる専門性を持つメンバーが意見を出し合うことが大切です。オフィスに人が集まれば、社員同士の意図しないコミュニケーションが起きやすくなり、自然と意見を出し合う機会が生まれることも対面の利点です。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて原則リモートワークへ移行したのは、以前の投稿の通りです。

状況が目まぐるしく変わる中、いかなる状況であろうと大切にしているのは、メンバーとその家族の健康です。健康上の懸念、家族に関わる理由、通勤上の問題など、リスクが高いと判断した人は在宅勤務を続けることを強くお願いしています。これはあらゆる他のルールに優先します。

その上で、創造的なアウトプットを続け、ユーザーの想像を超える価値を提供し続けることを実現したいと考えています。そのためには、調整コストを低減しながら、チーム内外のコミュニケーションを円滑に行うことが欠かせません。

原則リモートワークの環境下での一例を挙げると、エンジニアとデザイナーに関係するところでは、デザインのような言葉にできない部分の情報が共有できていないことが、より創造的なアウトプットをするうえで課題となっていると認識しています。

WHAT 安全性と創造性のバランス

安全性のために原則リモートワークを継続するだけでなく、私達が存在する意義であるユーザーへの価値提供の最大化と、これまでのカルチャーを、時代に合わせ、バランスさせていくための最適な働き方を考え、チーム毎に週2日の出社日を設けることとしました。

今回の考え方は検証用のプロトタイプとも言うべきもので、通常のプロダクトのように、ユーザーが何を求め、どう感じるか見極め、たゆまぬ改善を行っていきます。ここでのユーザーとは、プロダクトのユーザーであり、ウォンテッドリーで共に働く一人ひとりのメンバーです。

チーム毎に週2日の出社日を設ける

オフィスの3密を避けながら、調整コストを下げるために、チーム毎に曜日を割り当てます。出社日ではないチームが使用するフロアや座席などを活用することで、執務スペースの空間を確保しやすくなります。

ただし、基礎疾患がある、妊娠している、家族の看病や育児、介護などの必要があるメンバーはリモートワークを継続します。また、出社時に公共交通機関を利用する場合は、10時30分までの時差出勤を推奨します。

出社日を設けると同時にオフィスの運用方法の見直しを行いました。

オフィスにウイルスを持ち込まない、万が一ウイルスが入ったとしても影響範囲を限定するために以下のような運用を行っていきます。

  • 出社時はマスクを常時着用とし、オフィスに入る際の手洗いうがいを徹底
  • お客様の訪問や出張、来客対応は行わない
  • 正面に座らないなど、3密を避けた座席配置
  • 10名以上のメンバーが出席する打ち合わせはオンラインで実施
  • 10名未満の打ち合わせではオープンスペースを活用

安全性を担保しながら、最高のプロダクトが生まれ、人々のより豊かな暮らしが実現される、そんな #シゴトの未来 のためのアイデアを、はたらく全ての人々と考えていきたいと思います。

with/after Coronaの #シゴトの未来 について皆で考え、創るために

Wantedlyは5月初頭より「これから、シゴトとどう生きる?」の掛け声とともに、with/afterコロナ時代を生き抜くアイデアを特集する企画「#シゴトの未来」を開始しました。是非、Wantedly FeedやSNSで皆さんの考えをお聞かせください。

Wantedly, Inc.'s job postings
31 Likes
31 Likes

Weekly ranking

Show other rankings