1
/
5

【受諾開発インタビュー後編!】案件が自由に選べる!? ワクトの開発環境はどんな感じ?率直に聞いてみた!

こんにちは!株式会社ワクトの採用担当です。

ワクトの部署マネージャーとして働く森川さんにお話を伺うインタビュー記事、今回が後編です!

ワクトでの働き方や開発環境を知るには絶好の機会となっていますので、ぜひ前後編併せてご覧ください!

【開発だけじゃない!ワクトのエンジニアの働きかた】

ーこれまでワクトの全体的な雰囲気や志向についてのお話をお聞きしてきました。ここからは森川さんに、エンジニアの実際の開発環境についてお聞きしていきたいと思います。まず、どのような開発を行なっているかをお聞きしたいです。

まず、webサイトなどのwebシステムの開発を行なっています。またそれとは毛色が変わって、業務系システムの開発も弊社では行なっています!

私が担当している部署ではweb系のシステム開発を行なっており、サーバーサイドの言語ではPHP、Ruby on rails、Javaを利用することが多いです。

フロントエンドでは、HTML、CSS、JavaScriptが言語の利用としては多いですね。お客様のニーズに合わせて、言語・環境の提案をこちらからしていきます。

サーバー系ではクラウド系の案件が多いですが、案件によってはオンプレミスの開発で構成を組むこともあります。

ーエンジニアから見たワクトの受諾開発の魅力というのはどこにありますか?

お客様からの直請のプライム案件がかなり多いので、開発を進めていく・案件を進めていく上で、実際のお客様の生の声を聞きながら開発を進めていくことができます。

実際に使っている人のことを考えつつ開発ができるところはかなり大きな魅力かなと思います。

また、提案ベースで進められることができるので、個人の知識・経験を求められながら、チーム・部署全体で進めていくことで、達成感も満たされ、本当に面白いです!

ーワクトの基本的な開発組織体制についてお聞きしたいです!

基本的な社内の体制としては、案件ごとにチームを組んで開発を行なっています。

チームの中でお客様とやりとりしつつ案件の形をどんどん固めていきます。プロジェクトリーダーやシステムエンジニアの方は社内での業務が多いですが、プログラマーの方は社外での業務のアサインもあります。

私の部署の中の体制では、12人が在籍していまして、webシステム系と業務系システムのメンバーで大体二分割されています。案件によっては、業務系システムのチームにwebシステム系のメンバーがアサインすることもありますし、意見交換やナレッジシェアは積極的に行われています。

ーありがとうございます。それでは最後になりますが、組織の風土についてお話ししていただきたいです!

組織の風土については、会社のトップである社長とコミュニケーションを積極的に取りやすい距離の近さがあります。「会社のこういうところを向上したい!」「もっとこういうことをしたいんですけど…」といったような提案はしやすく、採用されやすいです!

現在ではオンライン飲み会やチャットツールでの交流は頻繁に行われており、組織内のタテヨコのコミュニケーションが円滑に行えます。

また、全員優しく、前向きな雰囲気ですね!人間関係で困ることは本当に無いかなと思いますよ。

働き方としては、家庭の事情や体調などの自身の事情などに非常にフレキシブルに対応できます。勤務形態はコアタイム付きのフレックス制で、子供の送迎のために早めに出勤して早めに帰る男性の社員の方もいらっしゃいます。

産休・育児休暇も完備しているため、どの方も自分の生活に適した形の勤務が可能です!弊社で勤務する女性のエンジニアの方が現在、実際に産休・育児休暇の両方を取っていますし、生活に沿った働き方ができるので安心ですね。

ー本当に働きやすく、優しい風土ですね!森川さん、本日はありがとうございました!


ワクトで部署マネージャーとして働く森川さんにインタビューを行いました!ワクトの働く環境や、開発環境についてお話を伺いましたが、ご覧になっていかがでしたか?ワクトで働く姿をイメージできたら幸いです!

ワクトに興味を持った方は、ぜひ募集記事からエントリーしてみてください!これからワクトでチャレンジしていきたい方、ワクワクした仕事をやっていきたい方のご応募、心よりお待ちしております!

株式会社ワクト's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings