This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】 個人の成長から強い組織の成長へ(Finance & Adminグループ部長 田村)

こんにちは。WACULの人事をしている池田です。

私たちWACULは「テクノロジーで、ビジネスの相棒を一人ひとりに」というビジョンのもと、あらゆるビジネスのデータを最先端のテクノロジーによって、整理・分析だけでなく課題特定・解決まで行うことで、ビジネスパーソンの生産性を高め、クリエイティビティの最大化を支援しています。

WACULで働くメンバーの「これまでのキャリア」や「転職のきっかけ」そして「思い」など、等身大の姿を『社員インタビュー』としてご紹介しています!

第11回目は、弊社ファイナンス&アドミニストレーション(FA)グループ部長の田村です。

ー現在FAの部長を務めていますが、もともといわゆる管理部の経験はいつからでしょうか?

1stキャリアまで遡ります。

携帯コンテンツのベンチャー企業で、入社当初は経営陣直下で戦略営業や経営企画を学ばせて頂いてました。しかしある日、経理を1人で担当していた方が退職することになり、当時の社長の無茶ぶりで唐突に経理になりました(笑)これが私の管理部としてのキャリアの始まりです。


ーそれは無茶ぶりですね、、、(笑)

そうですね。しかし、小さな会社だったので管理業務を1人でやらなければならず、経理以外にも労務、総務、法務と少しずつ領域を広げていき、大半の領域について実務を経験することが出来たのは、今振り返ると大きな自信になっています。

また、既に上場を経験した管理部長と一緒に働くことができ、視野を広げることもできました。残念ながら1stキャリアの会社では上場準備を中止することになりましたが、「管理部として上場を経験したい!」という想いを抱くようになり、転職軸を見つけることができました。


ーなるほど。「管理部として上場を経験する」ですか。次は上場準備の会社へ?

はい。次の会社はマザーズに上場する直前の会社で、より数値関連のスキルを深めることができました。

会計、予実管理、経営戦略、IT戦略と徐々に領域を広げ、上場後の内部統制再構築を推進しました。

責任ある立場として非常にやりがいがありました。

有難いことにこの頃は多くの経営者の方々に、様々なアドバイスを頂く機会を頂き、今まで様々領域を広げてきた自分の業務が「自己流」であったことに気づかされました。これではいつか自分の成長に限界がくると思い、視野を広げるためにも大企業へ移ろうと決心しました。


ーベンチャーあるあるですね。立ち上げばかりを経験していると気が付いたら我流になってしまう。大手はどうでしたか?

いや、それが…(笑)

大企業では予算管理と予算編成をメインに複数の子会社、複数部門を管掌していたので、それなりにやりがいはありましたが、ベンチャーやスタートアップに比べると圧倒的に “暇” でした。

こう言ってしまうと何ですが、視野を広げるために大企業に来て得られたものは「自分の実力は他者に比べても圧倒的にある」という自信でした。

実は、大企業に転職後まもなく1社目で一緒に働いていた管理部長からお声をかけて頂きました。

「一緒にIPOを目指そう」と。

結局、私はじっとしてられない性分なのでしょう。更なるチャレンジのため大企業を出ることにしました。

N-2からすべて管理部門を再構築する、というミッションでスタートし、詳しい経緯はお伝え出来ませんが、マザーズではなく直接東証一部上場を目指すことになり、人生で一番大きなチャレンジでした。

本当に色々ありすぎて詳しく書けませんが(笑)なんとか無事ミッションを達成することができました。



ーWACULとの出会いは何だったのでしょうか。様々な経験をしてきた中で、なぜWACULだったんでしょうか。

WACULを知ったきっかけは、登録していた転職媒体でのスカウトでした。

今まで複数の会社で管理部門として働いてきました。直接社長と話す立場にいたのですが、ずっと感じていたことがあります。それは「会社の成長限界は社長で決まる」ということです。

どんなに優秀な社長でも、個人の力にはいづれ限界が来ます。限界を超える社長は、自分を超える人を引き寄せて採用し、最大限活躍する環境とチームを作り、その人が更に優秀な人を引き寄せる、という「組織と文化」を作れる人ではないか、と考えました。

そのため、私の中で会社を選ぶ軸は「社長」のみでした。少し偉そうに聞こえてしまうかもしれませんが、本当に多くの社長・会社の代表の方々と直接お会いし、お話をさせて頂きましたが、WACULの大淵はカチッとはまりました。

大淵は自分の中にある「伸びる会社の社長像」に気持ちいいほど当てはまる印象があり、小1時間しか話しませんでしたが、「一緒に働きたい」と思いました。それこそ報酬も聞かずにジョインすることを決意していました。


ー報酬も聞かずにジョインする決意、分かります(笑)その熱い思いを持ってジョインする社員は多いですね、WACULは。 現在のWACULでのミッションを教えてください。

はい。いわゆる「管理部門」全般を管掌しています。経営管理・事業管理、経理財務、総務・法務・労務と広範囲ではありますが実務経験の広さ、IPO経験を強みとして管理部門の構築に取り組んでいます。

私がジョインした当時の管理部は組織の土台と表現するにはあまりに程遠い業務クオリティでした。プロのチームというより、社員の御用聞き役の様な。そのため、現在力を注いでいるのは「管理部門の組織化」です。

今まで自分1人の力だけでミッションを達成してきましたが、これをチームとして達成できるようにしていきたいと考えています。この取り組み自体は私にとって新しいチャレンジです。正直、まだまだ自分が手を動かしている部分は多く、理想像には遠いと考えていますが、チームのメンバーは全力で頑張ってくれているので、達成できると信じています。


ーなるほど管理部門の組織化ですか。新しいチャレンジですね。ちなみに自分自身の夢などはありますか?

そうですね。「管理を事業化」したいと思っています。本当にやりたいことは日本の管理部を強くする、もしくは日本の企業から管理部を無くす、ことです。

高い専門知識を必要とする業務領域ではありますが、その中でもシステム化・一般化できる部分はたくさんあります。また、会社毎にやり方が違うなどガラパゴス化も起きやすいと思いますが、本来はそんなことにならなくても良いハズ、と思っています。

起業家、事業家が本当に事業のことに専念できる世界を作りたいなと思っています。


ー壮大ですね。まずはWACULの管理部をしっかりシステム化していきましょう。それでは最後に未来のWACULメンバーへメッセージをお願いします。

いまのWACULは伸びしろだらけです。かつ、他社に比べても伸びやすい環境だと思います。

やればやるだけ経験を積める環境って、実は凄く貴重だと思います。あとは基本的に「いい人」が多いです(笑)

管理部門としては、これからのWACULを一緒に作っていける方が増えるとめちゃくちゃ嬉しいです。

是非、お気軽にご連絡ください。

株式会社WACUL's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more