1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

新卒で大型プロジェクトに大抜擢。入社直後からバリューを出し続けるUIデザイナーの働き方とは

Voicyで働く仲間をご紹介します!

今回は、デザイナーの山崎凌にインタビューしました。
Voicyへの熱い想いや、仕事への価値観などを語ってくれています。

\こちらの記事を声でも楽しむことができます/

Voicy上のチャンネルでも山崎が熱い想いを語っています。
ぜひ彼の人柄を感じながら、Voicyのことを知ってみてください!

山崎凌(Ryo Yamazaki)/デザイナー

大学で建築を専攻しながら独学でUIデザインを学び始める。その後インターンとしてライブコマース事業会社、Web・アプリ制作会社の2社にてデザイナー経験を積み、2020年4月にUIデザイナーとしてVoicyへ新卒入社。
特技はブームをきっかけに小学3年生で始めたけん玉。当時は1年間毎日けん玉を持って登校していたほど。この自粛期間では日本けん玉協会の認定けん玉を購入し、在宅勤務でのふとした息抜きになっている。

新卒だけど中途採用枠で入社したワケ

Voicyへの入社のきっかけ・決め手は何でしたか?

Voicyのことは、Wantedlyを通して知りました。学生時代にほぼフルコミットで1年間インターンをしていたので新卒でも大きな裁量で働ける環境を探していて、当時デザイナーが一人でデザインチームの立ち上げ期でもあった環境を魅力的に感じVoicyを選びました。
少数精鋭だからこそプロダクト全体を俯瞰してデザインに携わっていけるのではないかと思いましたし、意思決定のスピードが早い環境のほうが自分の成長にも繋がると考えたんです。

あと、「音声」という分野にもとても惹かれました。
幼いときから寝付きがすごく悪かったのですが、人が話してる声を聴くと眠りやすくなると気がついてから目をつむりながら音声を聴くようになったんです。そのまま音声コンテンツ自体にのめり込み、日常的にもよく聴くようになっていました。
そんな音声の市場を盛り上げているVoicyに興味を持ちましたし、自分もこの組織の一員となってこれから一緒に音声の未来を創っていきたいと思ったんです。

現在どんなお仕事をされていますか?

プロダクト開発チームにてアプリやWebプロダクトのデザイン、各種イベントのLP制作などを行っています。他にもメディアチームのサポートとして各種アイキャッチ画像を作ったり、Instagramの運用をデザイン面でサポートしたりしてます。

自分がメインで担当したプロジェクトで言うと、SPWebリニューアルやVoicyが初めて課金にチャレンジしたプレミアムリスナー機能、また年に一度の大型のフェス「Voicyファンフェスタ」などがあります。
中でも一番印象的だったのはプレミアムリスナー機能のデザインですね。入社直後から長期的に関わっていたプロジェクトなので本当に様々な気付きや学びがありましたし、とても思い入れがあります。前職がクライアントワークだったので自社サービスのデザインは初めてだったのですが、違う仕事を1から学びなおしているくらいの感覚を受けてすごく新鮮でした。

最近はVoicyファンフェスタで必要となるデザインにつきっきりで関わったり、Webプロダクトの改善プロジェクトをメインで行っています。

入社直後に会社にとって大きな挑戦となるプロジェクトへ抜擢

仕事のやりがいや、大切にしていることはなんですか?

プロダクトの成長に直にコミットできる環境であること、またその影響範囲が大きいことがやりがいに繋がっていると感じています。
特にプレミアムリスナー機能の開発に関われた経験は大きいですね。会社としても大きなチャレンジとなるプロジェクトでしたし音声業界にとっても新しい試みで、そこに一から関わりリリースまで持っていけたことは自分の仕事への誇りや自信に繋がりました。
多くのメンバーと関わりながら進行していたので会社全体が一丸となって仕事しているという感覚を常に持つことが出来ましたし、最終的にユーザーの目に入る部分はデザイナーの手にかかっているので責任感もあり、とても良い経験でした。

大切にしているのは、完成形に近いデザインを前提に議論をすることです。
要件定義だけでは見えてこなかった気付きや発見などが、実際デザインに起こすと顕在化するケースって多いんですよね。だからこそデザインを囲んで議論できる環境を作ることが良いプロダクトを作る上ではとても大切だと感じます。
またテキストコミュニケーションだけで完結するのではなく、口頭コミュニケーションを行うこともとても大事だと思います。短い時間であっても対面、もしくはオンラインでもいいので相手の顔をみてコミュニケーションをとる。そうするとよりスピード感を持って仕事を進められますし、細部に渡る議論はもちろん、雑談から新たなアイディアが生まれることもあるんです。

Voicyはベストを探すことを諦めない会社

実際にVoicyに入社してみて感じてること、変わったことはありますか?

Voicyに入社して、ユーザーの存在を強く実感することが出来ましたね。
自分が関わった機能がリリースされて、パーソナリティやリスナーの方からの“機能に関する意見や感想”を受け取ることが出来たんです。もちろん日頃からボイスメディアVoicyに関する声を聞くことは多くありましたが、実感がなかなか湧いてきませんでした。
ただ自分が関わったプロジェクトに対して声をもらったとき、初めて自分ごととして捉えることが出来たんです。そのとき自分がつくったものに対して反応をもらえることがこんなに嬉しいものなんだなと知りましたし、多くのユーザーから声をもらえるようなサービスに携われていること自体にすごく幸せだなと。

またこれまではクライアントからの要件をもとにデザインを行なっていましたが、Voicyではパーソナリティとリスナーの両方向に対してより良い体験を届ける必要があります。最初はステークホルダーが多く難しさを感じましたが今では広い視野を持てるようになってきたと感じますし、両方向への最適解をチームメンバーと議論しデザインしていくことが楽しいです。
一つ一つのアウトプットに対して思考量が増えましたし、手を動かすだけではなくてしっかり議論をしたり相手をのことを考える時間がより大切だと考えられるようになりました。
Voicyは全員が納得できているかを重要視していて、ベストを探すことを諦めない会社だと感じています。

今後の目標や実現したいこと、チャレンジしたいことはなんですか?

Voicyがさらに多くの人に使ってもらえるよう、プロダクトの開発・改善リリースをどんどん行っていきたいです。そのためにもユーザーインタビューやアンケートなどを通してリスナーやパーソナリティの感情や気持ちの流れなどを掴み、より良い体験を届けていきたいですね。
また新しい形での音声コンテンツの体験やメディアを通した音声コンテンツの魅力発信サポートも行っていきたいと考えています。

Voicyでデザイナーとして一つ一つのプロジェクトと丁寧に向き合い貢献しながら、自身のアウトプットや経験値も積んでいきたいですね。ゆくゆくは、デザインチームがいるからサービスが良くなっていると言われるようになりたいです!

Voicyに興味を持ってくださった方、ぜひぜひ話を聞きたいボタン、またはVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

株式会社Voicy's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more