1
/
5

営業としての1年ってどんな感じ?!時系列で纏めてみた!

みなさん、こんにちは!

人事の尾高です。

本日はバイタリフィの営業職の入社から1年の流れをご紹介します!実際に営業として入社すると、どんな風に仕事をしていくのか、私尾高が新卒の営業職として入社してからの1年間、どのようなペースでどんな業務を行なっていたのかについて、目標や実績など具体的な数字と共に時系列で纏めてみました!

あくまで一例ですが、バイタリフィに入社するとこんな風に営業をしていくんだなとイメージの一助になれば幸いです!



      2021年4月~2022年3月の売上の目標と実績は以下グラフのようになっています!

                ※7月、8月については、後ほど説明します!



2021年4月(実績 / 目標売上 : 0円 / 0円)

社会人1ヶ月目。最初の1週間は名刺の渡し方や社会人としてのルール、普段使うツールなどについて勉強しました。また、バイタリフィの事業について会社理解を深めるために会社概要資料を使ったロープレを行いました。

2週目からは徐々に上司や先輩社員の方々の商談に同席しました。また、社内の制作メンバーと案件の相談をしたり、提案中の案件の資料作成の手伝いをしたりなど、実際の案件に関わる機会が一気に増えていきました!


2021年5月(実績 / 目標売上 : 0円 / 0円)

2ヶ月目からは問い合わせがあったお客様に対してのアプローチ(電話、メール等)を行い、アポイントが取れたものに対しては上司や先輩社員に同席いただいた上で商談を行いました。この段階では自社商品のサービス紹介や以前取引があったお客様への状況伺いなどがメインです。

また商談に慣れていくため、上司や先輩社員の商談の同席し、どのように話せば良いのかトークスキルの勉強も同時並行で行なっていました!

5月後半には、新規でご相談いただいているお客様3社を中心に電話やメールでのやり取り、提案資料作成、などを行いました。提案のメイン業務(商談のヒアリングやその場での提案)は上司がメインで行い、教えてもらいながらとにかく現場経験を積んでいきました。


2021年6月(実績 / 目標売上 : 97.5万円 / 100万円)

6月は5月の提案を引き続き行いつつ、新たに相談のあった新規案件の提案資料の作成を進めました。

この月は5月に提案していたお客様の中の1社から、開発案件の準委任契約(約95万円)を受注することができました!入社後、依頼から提案まで携わった案件の初受注だったため、この案件で相談~提案~受注の実際の流れをつかむことができました!(このお客様とのお付き合いはここから1年以上続き、受注後も色々なことを学ぶことができたため、とても良い経験となりました!)

※準委任契約とは?☁

成果物に対する報酬ではなく、技術力や労働力等の作業の実施に対して責任と報酬が発生する契約形態のこと


2021年7月(実績 / 目標売上 :225.4万円 / 350万円)

6月までは新規でお問い合わせのあったお客様に対しての提案をメインで行なっていましたが、社内での体制変更があり、私は既存のお客様に向けた提案を中心に行うチームへの配属となりました!

この月は引継ぎ挨拶(体制変更に伴い、お客様に挨拶すること)をメインに行いました。新たに担当になったお客様へ挨拶に加え、4月~6月で私から提案を行っていたお客様に対して新たな担当者を紹介し、引き継ぎを行いました。

担当していた社数は多く混乱することもありましたが、上司と協力しつつ徐々に引き継ぎを行っていきました。

引継いだお客様とは電話やメールで、自発的にコミュニケーションの機会を増やしていきました。


2021年8月(実績 / 目標売上 :261.5万円 / 350万円)

7月に続く引継ぎと併せて、新たに担当することになったお客様に対し、現在の課題や求めているサービスや機能のヒアリングを行っていきました。

それぞれのお客様の案件内容に加え、どのような悩みや要望があるのかを理解し、整理していきました。(正直割とパンクはしてました。。。)


☁ 7月と8月で混乱、パンクしたこと

数十社担当していたこと&商材理解が追い付いていなかったことにより、それぞれのお客様がどのような状態で今何をすべきかうまく整理できず混乱していました。。。

また引継ぎ挨拶後、お客様からの要望や質問も増え、社内の制作メンバーに確認→回答という宿題がたまっていき、自分のキャパシティでは裁ききれなくなっていました。。。

ただこの時にすべてやることを書き出し、優先順位付けを行う&一つ一つ丁寧に分からないことを無くす(上司や先輩社員、エンジニアの方々、時にはお客様へ直接聞く)ことで、乗り越えることができました!


2021年9月(実績 / 目標売上 :659.21万円 / 250万円)

引継ぎ挨拶の際に、自社商品(AIチャットボット)を導入していただいているお客様からご質問をいただく機会が増えていきました。まだ理解できていないことも多くある中、お客様に信頼していただけるように日々勉強しながら、それぞれのお客様にしっかりと向き合い、お答えしていました。

また引継ぎ挨拶を機にバイタリフィの事業内容について、改めて会社説明や実績紹介を行い、新たな開発のご相談をいただく機会も増えました。


2021年10月(実績 / 目標売上 :429万円 / 400万円)

この月は自社商品であるAIチャットボットの価格改定の検討を行いました。

理由としては、既存のお客様に向けより良いサービスを提供することや、新たなお客様に向けて幅広い機能を使っていただくためとなります。

また価格改定に伴い、「既存のお客様への説明」「資料の改訂」「解約に繋がらないための説明や他社と比べての優位点」を自分主体で行いました。

この頃から自社商品であるAIチャットボットの紹介や提案、社内での確認等は一人で行えるようになってきました。


2021年11月(実績 / 目標売上 :426万円 / 400万円)

比較的大規模な開発案件の相談を2社からいただき、社内で制作メンバーと相談、提案資料作成、提案を行いました。うち1社は今まで自社商品のAIチャットボットを使っていただいていたお客様で、8月の引継ぎの際の質問対応などをきっかけに関係構築をすることができ、開発案件の相談をいただくことができました!こまめなコミュニケーションが実を結び個人的にもとても嬉しい経験でした。

まだまだ開発のことは分からないことが多く、上司にサポートしていただきながら、提案を行いました。

またこの時に準委任契約として契約いただいていたお客様から違う開発部分でお任せしたいという相談や、自社商品(AIチャットボット)を利用いただいだいているお客様から違う担当者の方を紹介いただく等少しずつ横展開ができるようになってきました。


2021年12月(実績 / 目標売上 :496万円 / 500万円)

年末ということもあり、年末挨拶やAIチャットボットの価格改定のご説明を含め、現在担当しているできるだけ多くのお客様に会うことを目標にアプローチ、商談を行いました。

既存のお客様を担当して約5ヶ月、それぞれのお客様に合わせたアプローチが段々とできるようになってきました。


2022年1月(実績 / 目標売上 :551万円 / 500万円)

12月から新たな開発のご相談をいただいていたお客様2社に対して、契約周りのやり取りや見積、最終的な業務範囲の確認等を行いました。

信頼いただける関係性を築くために、密に連絡を取ることを心掛けました!


2022年2月(実績 / 目標売上 :376万円 / 500万円)

自社商品であるファイル検索システムの提案があり、規模の大きい会社かつ開発を伴う内容だったため、お客様の実現したいことや思い描いていることを徹底的にヒアリングし、社内ではエンジニアに技術や費用感の確認を行いながら、提案書の作成を進めていきました!

またあまり連絡の取れていなかったお客様に対してアプローチを行い、商談や電話でのやり取りなどコミュニケーションの機会を作っていきました。


2022年3月(実績 / 目標売上 :1,056万円 / 700万円)

既存でやり取りのある代理店様へ状況を伺い、相談をいただいた案件もありました。中にはエンドクライアント様と3社間での商談も行いました。

また提案中の案件や進行中の案件で確認やヒアリングも同時並行で進めていきました!



ざっとではありますが、営業としてあっという間の1年をこのように過ごしました!

最初は社会人経験も営業経験もなく本当に何も分からない状態ではありましたが、商談や提案を行いながら上司や先輩社員の方々に色々教えていただき、少しずつお客様とお話をすることや、社内でエンジニアの方々とお話や提案を考えることができるようになっていました!

1年経った4月時点では、規模感には寄りますが、WEB制作案件やデザイン案件を営業として1人でお客様や社内制作メンバーとやり取りを行うことが出来るようになっていました!(大規模案件やシステム系の案件はまだまだ不安は正直あり、これからも勉強していこうと思います!)


未経験で不安な方もバイタリフィでは先輩社員同席の元、いち早く現場の雰囲気で勉強していけますので、少しでも興味が湧いた方は是非お話しできればと思います!

株式会社バイタリフィ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社バイタリフィ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?