1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ビザスクのSREがやっていること、やろうとしている事

こんにちはビザスクでSREチームに所属している木村です。今年の2月からジョインして、はや2ヶ月が経とうとしています。前職では、メディア事業やiOSアプリ等を中心に展開しているサービスのAWS、Ansible、CloudFormation等のインフラ職人、Jenkins等のCI職人等を4年ほどやっておりました。

インフラを構築するにあたっての座右の銘は「明日交通事故に遭ってもシステムが簡単に引き継げるようにしておくこと」( ー`дー´)キリッです。ビザスクはGCPなので、今までのAWS芸が全く使えなくヒィヒィ(笑)言いながら、また一つ職人芸を増やそうとGCPを見ています。

本日は、あまり表に出てこないビザスクのSRE(インフラ系)ってどんな事をしているの?どんな感じの働き方なのか?をご紹介させてもらいます。
ちなみに、トップ画像がSREチームのメンバーなんですがリモート中で集合写真がなく、オンラインでのMTGの様子。

ビザスクのSREチームについて

ビザスクのSREチームには現在4名が所属していて、世間一般的に言われているSREチームと違い少し特殊なチーム構造となっています。

● SalesForce等の経理処理やビジネスサイド支援を行うもの(1.5人)
● インフラの管理、運用、保守等を行うもの (2.5人)

この2つが混ざって、組織構造上ではSREチームとなっています。 これは歴史経緯で、元々は情シスとSREが混ざった状態のチームから成長フェーズにおいて、情シスチームとSREチームが分離をしていき、このような形になったそうです。

成長フェーズにおいて生じたインフラの負債

成長フェーズにおいて重要だけれども緊急ではないインフラ面の負債が貯まる。というのはよくある話かと思いますが、ビザスクでも例外ではありません。そんな感じなので今まではGCPのスケールアップで凌ぐ等、瀬戸際戦略でどうにかやっていましたが、2月から私がJoinをしたことによってチームの人数が増え、ようやくSREらしい事が出来るようになり始めました。

現在は散らかったアクセスログから有益な情報を探す為にBigQueryを叩いて、どこが問題なのか?を探したり、それを可視化するためにRedashのグラフを作ったり、レガシーなGCP環境からの脱出を図るために色々と施策を考えたり、手動インフラの設定からの脱却の為にTerraformを導入したりと、まぁ手広くやっておりますw

またエンジニアリング以外にも、SREとして何を大切にして、何を意識するべきなのか?等をまとめたSREガイドラインというのを書きました。
(これはまだドラフト段階なので固まってきたらどこかで書きたいな。と思っています)

これはメンバーが道に迷った時に原点に立ち戻れるし、目指すべき未来像を明示的に示す事によって、チームとして意思疎通がしやすくなるためにとても重要な事です。
と、まぁまだ整理されていない草原ですが、今猛烈に整備しておりますw|д゚)チラッ

SREチームの働き方について

コロナの影響でSREチーム含め現在ビザスクは全員リモートワークを実施しています。
(ALLクラウドなのでラックサーバーの為に出社とかはありません)

リモートワークって良いところもあるし、悪いところもあって中々難しいですよね。
SREチームではリモートワークが開始してから、普段はやっていなかった夕会(リモートで寂しい?のでコミュニケーション量をふやしてみたり)、Miroを使ってKPTを行ったりしています。


KPTについては、リモートの場合だとどうしても口頭で背景等が説明しづらいので、どういうルールなのか?どういう時間配分なのか?どういう背景なのか?等を丁寧にMiro上に記載して、初めてJoinされた人に対してもわかりやすく作ったりしています。

このような形で、リモートワークでもどうやったらより良く働けるのか?を日々メンバーと相談しながらやっています。

これからのSREチームについて

先月上場をしたこともあり、いまの事業規模には耐えられているものの、より成長していくことを踏まえると、草原のままでは組織としてもまずいのでSREがSREらしく、できる環境を整えている。というのが現状です。

私は入社前に上長である山本と話す中で「あ、これは草原だw」と予測をして入社したので、特にイメージギャップもなく、日々とても楽しく過ごしております。

負債や困難がない方が良い。というのも一つの価値観ですが負債や困難があった方が自分はそういう環境のほうが楽しいですし、制約や条件がついている環境のほうがシステムを作る。という観点ではよりクリエイティブになれると思っています。

今ビザスクSREチームは、フェーズ2としてのスタートラインで、今からSREとは何か?何をするべきなのか?を作ることができます。

また会社のサービスはビジネスに特化した堅い印象があるかもしれませんが、エンジニア含めみんな和気あいあいとしておりますので、草原を一緒に整備してくれる人、固まったものがない環境で色々なチャレンジをしたい人がいたら下のリンクをポチッとお願いします。

株式会社ビザスク's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more