1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【21卒内々定者リレーインタビューVol.12】競技かるたから起業へ!?溢れ出る行動力から得た経験と UT の魅力

祖父江実結(そぶえみゆう)さん

早稲田大学文学部在籍、専攻は東洋哲学。生まれは愛知県だが、小さい頃から高校まで海外を転々としていた。趣味は競技かるた。大学のサークルに所属していて、現役の頃は週4.5日で4時間も練習するほどハマっていたそう。2021年UTグループ新卒入社予定。

※インタビュアー:古川大樹(ふるかわだいき)、京都大学総合人間学部在籍。同じく2021年UTグループ新卒入社予定。

古川:祖父江さん、よろしくお願いします。

祖父江:はい、よろしくお願いします!



学生時代に力を入れたことは?

祖父江:大学では競技かるたのサークルに所属していて、会長も務めていました。
私が会長をしている時は映画「ちはやふる」ブームの少し後で競技かるたの競技人口が増えていました。
とても嬉しいことなのですが、急に人口が増えたこともあり大会の会場が足りず、大会の会場に人が入りきらなかったり、大会に出場するのに抽選をくぐり抜けないといけないような状況でした。

その状況に学生ながら何かしらの貢献をしたいと思い、競技かるたの練習会場を作ることを目的とした団体を立ち上げて、起業や資金調達などを勉強しながら目的のために奮闘しました。
残念ながら未熟だったこともありそのプロジェクトは成功とはならなかったのですが、その時に学んだことや培った人脈はその後の人生に役立っています。

古川:プロジェクトが失敗に終わったとのことで、苦労されたことも多いと思います。特にどんなことで苦労しましたか?

祖父江:運営メンバーをまとめるのがとても大変でした。メンバーがそれぞれやってることと全体の目指している方向との歯車を合わせる、調整役がトップの私の役目でした。メンバーもみな大学生ですし、経験不足の私がトップだったので、調整役としてみんなをまとめるのに苦労しました。

古川:なるほど。それぞれが一生懸命働くだけでは団体はうまく機能しませんもんね。
また、先ほど培った知識や人脈が役に立ったと仰っていましたが、どんなことにつながりましたか?

祖父江:その時知り合った人から誘われて、起業した会社に参加したりしました。ベンチャーキャピタルなどにも出入りしたりと、とても濃密な経験をさせてもらえてすごく楽しかったです。



起業は考えましたか?

古川:就職せずに起業することは考えましたか?

祖父江:考えました。しかし一度社会に出て地力をもっと高めたいと思い、就活することに決めました。

古川:就活を始めた時期はいつでしたか?

祖父江:大学3年の夏です。最初は逆求人のスカウトサイトに登録しました。ですが、他のことに熱中していて就活に関してはあまり熱心ではなかったと思います。それでもインターンはいくつか参加していました。

古川:どんな就活の軸を持っていたか聞きたいです。

祖父江:まず1つ目に経営に携われる企業に入りたいと思っていました。それもできるだけ若いうちに。そのためには少し規模感が小さくても構わないと思って探してました。

2つ目は女性として働きやすいことです。具体的には出産や子育てを考えたときにその点で苦労しなさそうな企業という点も重視していました。主にこの2つの軸で就活をしていました。

UTを知ったきっかけは?

祖父江:他の方とはかなり違うと思いますが、ある勉強セミナーで UT のことを知りました。そこから面談などをしてもらっているうちに、どんどんと UT に興味を持ち志望度も上がっていきました。

古川:決め手は何でしたか?

祖父江:佐野さんという社員の方との面談です。
自身で言うのも変なのですが、私は他人より就活で押し出せるアピールポイントが多かったと思います。なので面接などで苦労することは少なくすんなり終わることが多かったです。

しかしその面談では「自分のできないことを見せるのがすごく億劫なタイプではないか」「強い手札が多いばかりに、精神的にも強くあろうとしすぎているのでは」とはっきり言われて、心に刺さり、すごく印象に残っています。自分の中で少し肩の荷が下りたように感じました。
こんな風に私の潜在的な部分まで深く見てくれていることに感動しました。 UT は人を見る目を鍛えることができる企業なのではないかと考えています。



古川よりインタビューを終えて...

積極性、行動量どちらをとっても素晴らしい方という印象です。競技かるたから始まって経営に関する勉強をしたり、実際に起業した会社の手伝いをしたりなど、どのエピソードでも驚かされる行動力でした。

しかもそれらがつながっているのがより素晴らしいと思います。競技かるたのサークルに入ったことで起業した企業に参加するなんて、文字だけで見ても過程が全く想像つきません。
この行動力はぜひ見習いたいです。


インタビューをした古川さんの記事はこちらから

UTグループ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more