Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

小さな会社の大きな歯車になりたい。大企業を飛び出して地方ベンチャーで活躍する24歳・元証券マンの挑戦

今回は、社会人2年目で会社のブランディングやPR、リード獲得といった重要なミッション携わっている、プロモーション部リーダー・竹原颯(たけはら はやて)さんへインタビュー!

証券会社を退職し、新潟のベンチャー企業へUターンした理由は?

大企業から地方中小企業に来て感じたことは?

色々聞いてきましたのでぜひ最後までお読みください。

業界3位の大手証券会社からUターンで新潟へ

社会人2年目、わりと最近まで大学生だった竹原さん。前職に入社した理由を教えてください。

都内の大学に通っていて、就職活動も東京中心に受けていました。特に志望度が高かったのはIT業界。親戚のおじさんがNTTデータに勤めていて、仕事もプライベートも楽しそうだったので、自分もそういう社会人になりたいなーと思ったのがきっかけです。一方で、金融業界も興味があったので銀行や証券会社何社か受けていて、最終的に内定をもらった証券会社に入社しました。

業界3位の証券会社で営業職だったとのこと。かなり体育会系のイメージです。

それはよく言われます。実際、現場では1日100件〜200件の電話がけをする新規獲得の営業を中心にやっていたので、体育会系のイメージどおりかもしれないです。入社して1ヶ月は集合研修を受けて、そのあと広島県内の支店に配属され、個人のお客さまの新規開拓営業を経験。同じ支店には全社トップの先輩がいたので、営業マンとしての基礎を色々と学ばせていただきました。株式や国債などの金融商品の知識もひと通り身につけたあたり、1年目の秋頃から転職活動を始めました。

新卒入社1年未満での転職。見切りをつけるのが早いというか…辞めることに迷いはなかったんですか?

私が前職を辞める時点で、周りの同期も3分の1くらい既に退職していたんです。「まずは今後の勉強のために金融業界を経験する」という人が多くて。私もどちらかというと、この会社に何十年も勤めるイメージはそんなになかったんですよね。毎日同じことを繰り返していて「このままでいいのかな」と思い始めていました。


(証券会社の離職率について、めっちゃ詳しく教えてくれました)


「IT 新潟 会社」で検索して発見した会社だった

新潟県上越市出身の竹原さん。転職活動でユニークワンを選んだのは、やはり新潟に戻りたい気持ちが強かったからでしょうか。

戻りたい気持ちはすごくありましたね。広島から新潟って本当に遠いんですよ。社会人になっても新潟には頻繁に帰れるだろうと思っていたんですけど、全然帰れなくて。全国転勤なのはもちろんわかっていましたけど、まさか西日本に配属されるとは思っていませんでした(笑)。なので、新潟か、せめて東京の会社で考えていました。

転職活動では金融業界を見ていたんですか?

いえ、IT系の会社ばかり探していました。やっぱり就職活動中から気になっていたIT業界への興味が捨てきれなかったというのも、転職した理由として大きいですね。ただ、東京にはIT企業がたくさんありますが、新潟で探すのは大変でした。

ユニークワンの存在はどうやって知ったんでしょう。

普通にネットで調べて、ですね。「IT 新潟 会社」とか「転職 IT 新潟」とかで検索していたら、いつのまにかユニークワンのWantedlyページに辿り着きました。会社紹介を読む限りなんか楽しそうだし、”ザ・ IT企業”って感じが伝わってきてして、気づいたら会社見学ボタンを押してましたね。


(Wantedly経由での入社ありがとうございます!)


小さな組織の大きな歯車になりたかった

「会社見学」で印象に残っていることなどあれば教えてください。

当時は広島に住んでいたのでWebミーティング形式の会社見学だったんですが、いきなり立川さん(代表取締役)が対応してくれたのがまず驚きでした。大企業だと社長の顔が見れるのは入社式ぐらい。一方でユニークワンは最初から社長が登場したんです、入社してないのに(笑)。立川さんの先進的な考え方とか、視野の広さとか、いい意味で社長っぽくない感じに惹かれました。新潟県内で唯一採用試験を受けたのがユニークワンです。

社員数1万人規模の会社から20名規模の会社へ行くことに戸惑いはなかったんでしょうか。

むしろ、小さい組織で活躍したいと思って、ユニークワンに決めました。正直、前職にいたときは「この仕事、自分じゃなくてもいいんだろうな」と思うことばかりでした。同期が300人いて、みんな同じ武器を使って仕事をしている。お客さんに出す資料も会社の上層部が承認したもの以外はNG。良くも悪くもルールが確立されていて、自分の代役がいくらでもいる世界。そこを飛び出したかった気持ちは強いです。

実際にユニークワンに入社してみて、どうでした?

まず、スピード感には驚きました。今までは細かいことも全て上司に1度相談して、OKなら次に進むという感じでしたが、ユニークワンはとにかく全ての決定が早い。個人の裁量が大きく、自分たちで商品の価値を高めていける点もすごく面白いです。



経営企画部=社長秘書!濃密な半年間を経て

そういえば、竹原さん入社時「新しいメンバーは立川さんの秘書になるらしい」と社内で話題になっていました。

「秘書」という肩書きをもらったわけではないですが、他の人から見たらそんな感じですよね。入社後は立川さんの資料作成を手伝ったりとか、セミナー会場に送迎・同行したりとか、社内に新しく導入するツールの下調べをしたりとか。経営企画部は立川さんが描いている「少し先の未来」にフォーカスしないといけないので、難しいことも多いですがすごくやりがいがありました。

今の仕事や今後の目標について教えてください!

会社にとって、もっと大きな歯車になりたいですね。この春から「経営企画部」が「プロモーション部」という部署になり、人数も3人に増えました。仕事内容も会社のブランディングや新規顧客獲得に向けたPR中心。立川さん直下の部署であることは変わらずですが、以前よりもセールスやマーケティングなど、別部署の人たちとの関わりが増え、仕事の幅も広がっています。プロモーション部の取り組みが会社の売上につながるように、引き続き試行錯誤していきます!


竹原さん、ありがとうございました。

毎月の全社会議での進行役、プロモーション部のリーダーなど「社会人2年目にここまで任せてくれる会社あります?」と本人も驚いている様子ですが、私・藤原(実は竹原さんと同じプロモーション部)も、ことあるごとに竹原さんをすごく頼りにしています。


竹原さんへのインタビューを通して、年齢や経験に関係なく、たくさんのチャンスに溢れる会社だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

少しでも興味を持った方、ぜひ会社見学にいらしてくださいね。

株式会社ユニークワン's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings