1
/
5

社員インタビュー:vol. 6 ついに内部監査室を設置しました!!

こんにちは!若干ひさびさの登場となります人事の佐藤です。

まだまだぱっとしない天気の日がつづいてますね・・!そろそろ快晴の青空の下、自然光をたくさん浴びたいものです(´-`).。oO

そんなこんなで本日も真っ白の空ですが、天気に負けず元気にお届けしていきます!

さて、本題。大変お待たせしました、社員インタビュー第六弾です!(約半年ぶり・・すみません)今回は、2020年12月入社の内部監査室長"阿部 佳幸さん"です!

実はユニメディアでは、内部監査・内部統制はこの間まで経営企画室の中にあったのですが、組閣変更により5月から晴れて「内部監査室」として独立しました!!内容もりだくさんでボリュームが多いですが、お時間あるときにぜひ読んでいただけると嬉しいです!

ユニメディアに入社を決めた理由は?

自身の今後の身の立て方として、内部監査・内部統制のプロフェッショナルとしてやっていきたいと考えていたのですが、ユニメディアがIPOに向けて体制を構築しているタイミングだったこともあり、採用していただいたのが大きいです。

経験値として、すでに確立されている体制の中で業務を取り回すだけでなく、会社買収後のPMIチームに所属し、子会社となった会社への内部監査、内部統制の導入に始まり、コンプライアンス体制、リスクマネジメントの導入、業務フローのシステム化、規程やマニュアルのたたき台を手作成するなど、間接部門の引上げ底上げを行っていたので、自分の職歴が条件にあてはまったのがよかったです。

その他にも新規事業の立ち上げに力を入れていたり、時代に合った働き方を実現していることから柔軟な思考をもつ方々が経営陣にいる会社だと感心したり。魅力を感じる部分が多かったので、結果、「ここだ!ここだぞ!」と決めました。採用通知をいただいた時は「うおお!」と叫んで(本当)、採用をお手伝いいただいた会社さんに笑われつつ、感謝していました(笑)。

実際に面接の雰囲気はどうでしたか?

非常に話しやすかったですね。自分の経歴や職歴、退職理由もきちんと話せて、理解いただけているのがよく分かりました。

「面接前にちゃんと資料を読んでもらってる ⇒ 人材を本気で求めていることがわかるし、人となりをちゃんと見ている。 ⇒ 同じ仲間として働いた場合の目線で見てくれてる人達だな」と理解しました。

あと、自分の変な癖が出なくてよかったです。私はコミュニケーション能力には自信があって、自他ともに認める話し好き、人見知りも全くないのですが、突然ドキッとした時に、空回りしてしまう癖があるんですが、エントランスで面接をしてくださる方(2名)にお会いした際に、まず笑顔を向けていただいたので、緊張がほぐれたんだろうなと思います。(自分は人の笑顔が好きなので)

今回新たに設置した「内部監査室」の業務内容(役割)を教えてください!

「内部監査」と「内部統制」です。

元々は、いくつも部門が分かれているような大きくて成熟した企業向けに構築されたもので、内部監査は会社の「ガバナンス」や「リスク・マネジメント」、および「コントロール」を評価・確認する業務。内部統制は各部門が行っている「コントロール」を評価・確認する業務です。

分かりやすく言うと会社の健康診断を行う部署ですね。

会社であらかじめ決めている規程やマニュアル、業務フローが、決められた通りに行われているか。また、潜在的なリスクを調査し、リスク低減を考え、そもそも問題が起こらないようにすること。そして、いざという時に対応できるようにしておくことなども入ります。

ただし、今のユニメディアでは設置された背景が会社のIPO準備のためなので、まず制度の構築が主ですね。現状の業務内容としては、会社の業務フローと各コントロールの確認、フォローアップが必要かどうかを判断したり、コンプライアンス体制の構築のフォローをしたりなど。見えない何かに追われる日々ですが、楽しくやってます。

私の一番の役割は、会社を守ることです。会社の業務を監査するのは外部の監査法人なので、先回りして色々準備し評価していただけるように、頑張りたいと思います。

「内部監査室」設置前と今で変わったことはありますか?

一人部署になったことです。多分、長い社会人人生で初めてじゃないかなと。

以前は上長とマンツーマンで仕事をしていて、部署の中でわからないことはないぞーと言えるぐらいに緊密に連携を取ってたのですが、テレワーク環境も相まって、・・・ちょっと寂しいですね。

今、自分の起点になっているのは入社直後に配属していた経営管理部です。

現在は独立したので居候というか、おまけポジションで経営管理部の朝礼に顔を出させてもらっています。そこで仕事を始めるスイッチを入れている感じですね。

社内でのコミュニケーションは大事なので、打合せやヒアリングがない日でも、毎日必ず社員さんと接点は持ちたいと思っています。一人部署ですが、そこは大切にしていきたい部分なので、他部署には週の定例に参加させていただいてます。

やりがいや達成感を感じるのはどういうときですか?

業務の次が見えた時ですね。過去に業務環境の構築をしたから、また同じような方法でやればいいかというと全然違うんですね。(事業の種類、会社の文化、仲間や状況等)

以前のやり方が出来ない、周囲の反応も違う、色々試し考え、資料をあさり、様々な角度でアプローチをし、前に進む手掛かりを掴み、次が見えてきた時に達成感だったり、「やったぜ」みたいな気持ちになります。でも一番やりがいを感じるのは、周囲に必要とされた時と、ほめてもらった時ですねw

上司や他の社員の様子(印象)をぶっちゃけると!?

上司になるのは組織図上社長だけなのですが、在宅環境下ということもあり、深く話す機会がなかなかないのが残念です。時々オフィスで会った時にご挨拶するのですが、フレンドリーで腰の低い方、非常に思考の柔軟な方だと思っています。早く資料や制度を構築・準備して、内部監査室長として報告を行いたいと考えています。

職種職位柄、ほぼ全ての部署とやり取りをしているのですが、皆さん自分事として責任をもって仕事に向き合っていますね。おそらく社風や環境(社内ツール、テレワーク環境、上司と部下・同僚間の人間関係、情報共有の度合い)が大きく影響しているのでしょう。

私が思うポイントは3点です。

①経営陣が柔軟な思考

②トライ&エラーが体現されている会社

③面接で人として見る、仲間として見る視点

コロナ禍でテレワーク環境に順応し、部署内で情報共有もあり、業務を自分事として取り組める体制、つまり成果をきちんと評価してくれる体制があり、人として会社で働く仲間として、関係が構築されているように感じられます。

趣味・お休み日の過ごし方は?

休みは・・・学んでおります。公認内部監査人(CIA)の資格試験勉強中です。

「こんな晴れた日に朝から家に籠って勉強か・・・」と、時々飽きて外出も考えますが、コロナだし遠出はやめておこうと考え直して、ジョギングしています。コロナが収束したら、週末は実家の畑で農作業とか造園なんかをやりたいですね。

ゲームは、昔MHF(モンスターハンターフロンティア)で廃人レベルまでいったので、二の轍を踏まぬようやっても1時間。…とはいえ年齢もあって、今は長時間のゲームは無理です。あとはバーチャロン・オラトリオ・タングラムの地方大会で優勝したことがあります。

最後に、ユニメディアのおススメポイントは?(求職者の方へ一言!)

まず一つ、自分が自分として働ける文化がこの会社にはあると思います。

IPOで社内の制度や環境の構築を行っている立場だから言えることかもしれませんが、法令に則った労働環境を始め、職場環境、ハラスメント対応への取り組みなど、当たり前に働ける環境が整った会社です。

自分は俗にいう大企業も経験してきましたが、どんなに大きかろうと名声がある会社だろうと、働く上でまず土台になることは、自分がその会社にロイヤリティをもてるかどうかだと思っています。ユニメディアはそれがある会社だと強く思っています。

二つ目は、自身が成長できる会社です。

きちんとした評価制度が整っています。管理職(上司)だけでなく、他部門、同僚、部下、360度の視点から見たフィードバックを行ってくれます。こういう情報共有と、自身が務める業務において課題を一緒に考えてくれる体制ができているのは、正直素晴らしいです。ユニメディアはまだまだ今後も伸びていきますし、更に伸びしろがどんどん増えていく会社だと思います。

内部監査室の会社としての役割やそこで働く室長の想いがたくさん詰まった内容となりました!

今はひとり部署で少々さみしい想いをされている阿部さん・・今後会社がもっともっと大きくなり、内部監査室の仲間もたくさん増える日を願っております!!

第七弾は近日中に更新できるようにがんばりたいですね!

次はだれかな~(^O^)

株式会社ユニメディア's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more