1
/
5

エンジニアから営業へ。目指すは「お客様に寄り添える営業」

こんにちは、チュートリアル採用アシスタントの野口です!

今回は、今年の5月にエンジニアから営業に転身した中島良さんのインタビューです。エンジニアから営業にキャリアチェンジした背景や、営業のやりがい・目標など、中島さんのチュートリアルでの新たな挑戦についてお伺いしました!

※撮影時のみマスクを外しております。

中島さんがエンジニアとして入社した際のインタビューはコチラ↓

『大手ハウスメーカーの元営業マンが未経験からエンジニアを目指した理由とチュートリアルで果たしたい野望とは?』

ー今回エンジニアから営業にキャリアチェンジされた理由ときっかけを教えてください

一番の理由はお客さまの近くで働きたいという想いがあったからです。エンジニアも機能の実装などを通じてお客様のために働けてはいたのですが、直接お話する機会はどうしても少ないため、個人的にはお客様に寄り添っている感覚が得づらくなってきていました。
また、実は将来的には技術に強い営業になりたいとも入社前から考えていたので、チュートリアルでもいつかは営業に挑戦したいと思っていました。
そんな中、他チームの業務理解のために営業チームの研修に参加したことで、やはり営業としてお客様の課題を解決したいという思いがとても強まり、キャリアチェンジを決めました。

ー営業に転身されて1ヶ月経ちますが、実際に営業を経験されてみていかがですか?

自社クラウド型RPAである「Robotic Crowd(以下RC)」のセールスに求められる提案力の高さを感じています。
RCは自動化できる範囲が非常に広く、解決できる顧客の課題も様々です。そのため、顧客の特定の課題に対して既にあるサービスを提供するのではなく、顧客の課題に合わせてカスタマイズした自動化の提案が必要となります。
その提案をより良いものにするためには、顧客のニーズや課題を正確に把握するヒアリング能力や、適切なソリューションを考え、提案する力が高いレベルで求められます。
実際に営業をしてみてそのレベルの高さに驚いてはいるものの、目の前のお客様が抱えている悩みを解決するために、より良い提案ができるようになっていきたいです!

ー今の業務のやりがいを教えてください

RPAの導入について悩まれているお客様が自分を頼ってくれることですね。今まで相談できる人がいなかったというお客様も中にはいらっしゃるので、そのような方には全力で応えてあげたいと思っています。
RCについてはもちろん、時には他社RPA製品についても質問をいただくことがあるのですが、その時には信頼していただいているなという実感が湧き、やりがいを感じます。

ーキャリアチェンジにあたって周りの反応はどうでしたか?

有難いことにポジティブに受け取ってくれる人しかいなかったです。キャリアチェンジを考えてすぐに当時のエンジニアチームのリーダーに相談したのですが、自分の想いを伝えると前向きに捉えてくれて、すぐに代表や役員、人事と面談をすることになりました。そこでも自分がなぜ営業への転身がしたいかをしっかり伝えたことで、正式に合意を取ることができました。
意思決定からの実現の速さはさすがスタートアップだと思いましたし、何より話を聞いてくれた全員がポジティブに捉えてくれたので、本当にありがたい環境だなと思いましたね。

ー今後の営業としての目標を教えてください

ベタですが、トップセールスになり多くのお客様から信頼され、価値を提供できる人間になりたいです。
私はお客様の課題を一緒に解決するときにやりがいを感じます。そのため、顧客の成功のために本当に必要なソリューションは何か考え、本質的な課題解決ができるような営業をしていきたいです。
そして実際に課題を解決して、一人でも多くのお客様に喜んでもらえると嬉しいです!

ー本日はありがとうございました!

ありがとうございました!

株式会社チュートリアル's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more