1
/
5

プレスリリース|自動運転車開発のTURING社、シードラウンドで10億円の大型資金調達を実施

2022年7月13日のプレスリリースを掲載しています。

完全自動運転車の開発と販売を行うTURING株式会社(千葉県柏市、代表取締役:山本 一成、以下「TURING」)は、ANRI株式会社、グローバル・ブレイン株式会社、DIMENSION株式会社、HEROZ株式
会社等を引受先とし、シードラウンドで総額10億円の資金調達を実施しました。TURINGは今回の資金調達により、更なる人員拡大と社内体制構築を進め、自動運転機能を搭載した車両の商用化を目指します。

■調達の背景
TURINGは2021年8月に設立された、Lv5完全自動運転車の実現・販売に取り組むスタートアップ企業です。現在は自動運転AIアルゴリズムの開発及び走行実験・走行データ取得を行っており、今回の調達資金を用いて自動運転システム搭載の車両開発をさらに加速していく予定です。



■創業者からのコメント
TURING株式会社 代表取締役CEO 山本 一成

「『WE OVERTAKE TESLA』アメリカや中国で何百ものEV・自動運転スタートアップが立ち上がり、さらには従来の価値観と異なるクルマを量産まで漕ぎ着けています。それなら我々も同じようにステキな勘違いをしてもいいはずと願いこの会社を立ち上げました。彼にだって届くはず。」

TURING株式会社 取締役CTO 青木 俊介

「国家の基幹産業をつくる場、そして優秀なエンジニアが大きな問題に取り組む場としてTURINGを共同創業し、今回投資家のみなさまにご支援いただきました。TURINGには令和の時代に『国産自動車メーカーをつくる』という高い志と強い気概を持った仲間が集ってきています。この仲間たちと共に人生をかけて完全自動運転システム・車両開発に取り組み、ワクワクするプロダクトを創っていきます!」

■引受先からのコメント

ANRI株式会社 代表取締役 佐俣アンリ・シニアアソシエイト 丸山 太郎
「ANRIがTURINGにリードで投資する理由は山本さんと青木さんの『日本という国で誰かが本気で自動運転EVに挑戦したほうがいいと思うんです。人生かけて挑戦するには僕らくらいが丁度いいと思います。』という言葉に尽きます。そんな二人の掲げるビジョンに惹かれて多くの優秀なメンバーが集まり始めており、TURINGに凄まじいポテンシャルを感じております。大きく難しい課題を愚直に猛スピードに一直線に挑戦する姿をANRIは社運をかけて応援していきます。」

グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役社長 百合本安彦
「自動車はまぎれもなく日本の基幹産業であり、その歴史は欧米に追い付き追い越すという精神とともにありました。TURINGの掲げる「WE OVERTAKE TESLA」というビジョンと完全自動運転実現というミッションは、AIネイティブ世代のチャレンジ精神を示すものであり、創業者とTURINGに集う全てのメンバーならばきっと実現できると確信しております。今回の出資をきっかけに、グローバル・ブレインはTURINGに全力で伴走し、モビリティ産業の変革に貢献してまいります。」

DIMENSION株式会社 代表取締役社長 宮宗 孝光
「完全自動運転EVの製造という『世の中にとって意義がある難易度が高いチャレンジ』を後押しすべく、今回出資をさせていただきました。2019年、私共の出資先起業家からの紹介で山本CEOと面識を得たのですが、その起業家が山本さんの事を大きく称賛されていたのが印象的でした。山本さんであれば、これから様々な方々からの信頼を積み重ねていかれると感じています。機械・ロボット・AIのエキスパートが集まったチームが将来提供するサービス・商品に期待しています!」

HEROZ株式会社 代表取締役 Co-CEO 林 隆弘
「創業者である山本さんは、HEROZに長く在籍していました。彼の持つAI技術、そしてビジョンは時代の最先端を走ると期待しています。また、共同創業者の青木さんも自動運転に関する最先端のノウハウを持たれているので、良いチームになると確信しています。今後、HEROZが保有するAI技術でシナジーがある所を支援させて頂きたいです。『LV5完全自動運転EVを日本から世界に。』という壮大な挑戦を応援しています!」

TURINGでは完全自動運転EV車両と、完全自動運転技術により始まる新たな社会を一緒につくる仲間を積極的に募集しています!!Wantedlyのカジュアル面談、または弊社HPから直接のご応募お待ちしています!

TURING株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

AI

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from TURING株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?