This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

無限に濃密な場を発明したい #この度ツクルバに入社しました

ツクルバでは、ユニークで多様なバックグラウンドを持つ、多彩なメンバーが続々と仲間入りしています。「#この度ツクルバに入社しました」シリーズでは、 そんなNew Memberそれぞれのストーリーを紹介し、社内外に発信していきます!
今回は、2019年6月にcowcamo事業部へ加わった山本をご紹介します。

山本憲央(やまもとのりひろ)
1996年生まれ。大阪府大阪市出身。関西学院大学商学部卒業。
2018年新卒でITベンダーに入社。自動車メーカーの自動運転開発者への営業を担当。もっと人々の暮らしに近い自分の好きなサービスに携わることのできる仕事を求め、2019年6月、ツクルバに入社。

なぜツクルバに?

好きなサービスに携わりながら、自分が一点ものの住まいを扱い、こだわりを持って働くことができる環境だと感じたからです。

就職活動中は人々の暮らし、生活に関する空間や街づくりに興味がありました。しかし、前職主催のハッカソンに参加し、テクノロジーによりもたらされる社会的影響の大きさに魅力を感じ、そのまま入社しました。

しかし、働いている中で自分がお客様の意思決定のために価値を発揮できているのか実感ができず、
社会的影響の大きさに魅力を感じていたものの、ビジネスの大きさだけでは自分が働きたいという動機にはなりませんでした。

転職活動中、本当に心から好きなことをしようと、自分について振り返っていると、やはりハードとしての建物かつソフトとしての空間、サービスに携わりたいと考えるようになりました。そしてもともとcowcamoをSNS代わりにみるくらい好きだった中、wantedlyで偶然ツクルバを見つけ、お話を聞くことにしました。

色んな方にお会いさせていただきましたが、皆さん今までの私の仕事内容よりも、本当に私について知りたいというような雰囲気で、ストレートに想いを聞いてもらい、また、伝えてくれました。

cowcamoというサービスを通し、お客様の暮らし、人生に寄り添うことができ、大きな意思決定のサポートをすることができるこのお仕事にツクルバという熱量ある、どこかゆるい居場所を借り、チャレンジしようと入社を決意しました。

ツクルバでのミッションは?

cowcamo事業部のエージェントとして、お客様のライフスタイル自体もコーディネートでき、唯一無二の最高の暮らしを提供できるようになることです。

その為には、様々な引き出しが自分にある必要性、何が最適化を見極める必要性があります。そして、その為には、不動産に関する知識であったり、自分の「多趣味」な部分をもっと極める必要があると感じています。

このお仕事は、東京という小さいけど大きい都市をいかによく知り、伝えるか、という部分も非常に大事になってくると考えています。そんな中、自分でどこかを開拓する趣味の部分がお仕事に活きることにワクワクしています。

プライベートでもお客様と自分の趣味の中の1つを共有できるような関係性を築くことができるようになりたいです。

目指すは、「人誑し」です、良い意味で。

名刺に描いた、あなたの「発明したい場」は?



もともと「宇宙(space)」が好きで、名刺デザインのどこかにも落としこもうと考えました。宇宙飛行士が飛び込もうとしている四角の黒い空間がそれです。この宇宙飛行士は、「お客様」であり、「私」でもあります。「お客様」に私が宇宙(space)のような無限の拡がりを見せることができるように、「私」がツクルバで無限に濃密な場(space)を発明したいという想いを込めました。


※ツクルバでは、「発明したい場」をテーマに名刺裏面のイラストを各々が描いており、個性豊かなメンバーのそれぞれの想いが垣間見えるものになっています。
ツクルバのメンバーと名刺交換した際は、ぜひ裏面にも注目してみてください!

\私たちと一緒に働きませんか?/
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください!

株式会社ツクルバ's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings