1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

《トリニアス内定者/新見弘基》僕はたくさんのものを失ってきた。指で数えるくらいしか残ってない。だけどそれらは宝物。

はいさい!こんにちは!トリニアスで内定をいただいた新見弘基(しんみひろき)です。
これから私、新見弘基についてお話しさせていただいきます!ぜひ興味がある方、興味のない方も読んでいただけると幸いです!(笑)

1.「新見弘基」という人

小さい頃からずっとサッカーを続けてきました!チームに所属したのは小学1年生の頃。サッカーが楽しくて常にサッカーボールを抱えていて、もちろん寝る時も一緒でした(笑)どんな服もすぐに泥だらけにしていたので、母は呆れていたと思います…。その頃の夢はサッカー選手になり、世界で活躍することでした!


中学進学の時、部活動ではなく地元のクラブチームの選考を受けて入団しました。スタメンはもちろん、3年間活躍して高校の強豪校から推薦をもらうことが目標でした。しかし、私は3年間一度も公式戦でスタメンとして出場することはなく、それどころかトップチームにさえ遠く及びませんでした…。地元のエースが集まるようなチームで私は完全に挫折をしたのです。小学生の頃は全く味わったことのない感覚で、あんなに大好きで楽しかったサッカーがいつしか楽しめていませんでした。


その挫折を乗り越えることができず、高校も強豪校に進学して同じ思いをすることを恐れ、都立高校を一般受検しました。しかし、部活動内でのモチベーションの違いや、チャレンジしなかった後悔から部活は辞め、クラブチームに2年生の時に入団しました。

そのチームは発足1年目のチームで、常に新しく挑戦できるチームでした。サッカーのことだけでなく、日頃の人としての振る舞いや一流としての考え方などたくさんのことを学ぶことができました。

チームとしても3年生の時、関東大会ベスト16という結果も残すことができ、私自身はチームの中心となり、全試合フル出場で得点もチームでトップになることができました!挫折をバネに結果を残せたことがとても嬉しく感じました。それと同時に、あの時味わった挫折があるからこそ今があると強く思えました。


大学進学を考えた時、「何か大きなチャレンジをしたい」と考えるようになりました。今までサッカーしかやってこなかった自分自身を変えたい!サッカー以外のことでチャレンジしたい!と考え、夢であった「沖縄移住」をこのタイミングで叶えようと決めました。

入試で沖縄に実際に行き、ワクワク感を肌で感じ、合格が出た時にはとてもうれしかったです!これからどれだけ楽しい生活が始まるのか、地元を離れることの寂しさや不安もありましたが、夢の移住への期待感の方が遥かに優っていました。

そんな夢にまでみた沖縄移住ですが、現実にぶち当たってしまったのです…。

アルバイトや家事、自分の生活を1人でやりくりすることが初めてで、自分自身の不甲斐なさを感じたのです。洗濯機の回し方、お米の炊き方、1ヶ月のアルバイト代でやりくりすること…。「こんな簡単なこともできないのか」と…。
沖縄が好きで、移住が夢で来たのに、目の前には苦しいことばかりが立ちはだかっていました。

でも、たくさんの人に応援してもらったのにそれを裏切ることはできないと思い、そこからはまず目の前のことを楽しもう!と決意しました。今では沖縄に来たことはかけがえのない経験ができて、最高のものになっていると感じています!!!

2.就活の軸は「人」

やりたいことやチャレンジしたいことはもちろん念頭に置いていましたが、それよりも「何をやるかよりも誰とやるか」を第一に考えていました。その軸はトリニアスに出会ってはっきりした部分でもあります!

オンラインでのトリニアスの説明会を終えて、すぐに「ここに入りたい!」と思いました。なぜかというと、説明会の中でお話しをしていた社員の方々が楽しそうに仕事をなさっていたからです!また、仕事面の夢や目標はもちろん、プライベートでもはっきりとした夢を1人1人が持って、それを会社が応援している点にとても魅力を感じました。

自分はどんな人たちと働きたいと思うのか、魅力に感じるのかを自分の中ではっきりしていなかった中、トリニアスの説明会で話を聞いていく中で「これだ!」とパズルの最後のピースがはまった感覚でした!選考が進むにつれてますます志望度が強くなり、最終面接で志望度120%と答えるまでトリニアスのファンになっていました!

これから就活を始める学生の方。自分がやりたいことはなんだろう?軸ってなんだろう?と不安になる時期もあると思います。ですが、いろいろな企業の話を聞いていくと、だんだん自分の中でもはっきりしてくるタイミングがきっとあります。まずはたくさん調べて足を踏み入れてみることが大切だと思います!21卒就活生からのアドバイスです!(笑)

3.「新見弘基」のこれから

まずは結婚!、、、のための貯金をします(笑)

プライベートの夢がたくさんあります!
Jeepに乗ること、家を買うこと、ハワイに行ってサーフィンすることなど。そのためにしっかりと貯金をすることが直近の目標です。

仕事面では、まずは社会人としての自覚を持って働くこと。そして、プロジェクトや新規事業の立ち上げ、リーダーになり憧れられる存在になることです!そのためにも先輩や同僚と切磋琢磨し、お客様との関係を大切に。「人」を第一に想って仕事をしたいです!

4.最後に

サッカーでの挫折、夢の沖縄移住したものの後悔と順風満帆とは言えない学生生活でした。

大好きな曲、Blue VintageさんのLoserにこんな歌詞があります。
― 本当に多くのものを失ってきたと思います。今や指で数えられるくらいしか残ってません。でも、残ったそれらは宝物だぜ。

学生という人生の第一章が終わり、社会人という人生の第二章が始まろうとしています。第一章より、様々なことが起こるであろう第二章。これまでより多くのコトやモノを得る機会が増え、それ以上に失うものも多いのかと思います。しかし、残ったものこそ宝物。サッカーで培ったがむしゃらさを武器に全力で走り続けて行きます!!!諦めが悪く、常に熱く突き進む新見弘基をどうか見守っていてください!(笑)

株式会社トリニアス's job postings
57 Likes
57 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more