1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

《トリニアス内定者/寺田祥吾》『体験価値』に気付いたあの瞬間からデザインの道へ、そしてITの道へ

こんにちはっ!トリニアスで内定をいただいた寺田祥吾(テラダショウゴ)です!
アルバイト先や友人には『しょーご』と呼ばれています!

たったのまだ21年間しか生きていませんが、私にとって大きな変革となった出来事がありました!それを踏まえながらお話をさせていただきます。

大学2年生の夏、私の人生において最大の衝撃が走りました。それは、コミュニケーション能力が全くなかったことを知った時でした...。

それまで人間関係に困ったことが一度もなく、友人もたくさんいました。そんな生活を19年送り、友人と今のアルバイト先(焼肉店)で働き始めました。応募したキッカケは “大学卒業までに人見知りを解決したい” “賄いを食べたい” という気持ちでしたが、甘くはなかったです(笑)お客様を前にすると緊張し、喋れなくなる癖がありました。お客様にもしばしば怒られ、店長のありがたいお叱りを何度もいただきました…(汗)

もしかしたらここで嫌になって辞める人も多いかと思います。アルバイトというのはそういうことが憑き物です。ですが、私は思いました。

『ここで、諦めても何も改善されない。全部悪いのは自分、人と話すことへの苦手意識をどうにかしないと、この先つまらない人生を送ってしまう』

昔から自己肯定感は強かった方ですが、さすがにこの時はネガティブになりそうでした(笑)

私は出勤時、ホールスタッフ一人一人を観察して良い所を見つけては頭の中でメモをし、すぐにお客様にお声掛けをしたりと、俯瞰して物事を考えるように変えていきました。
この変革期間は半年もかかり本当に辛かったですが、同時にいくつもの分野に興味を持つキッカケになりました!全てが遠からず繋がっていて、無事コミュニケーション能力を上げることができましたっ!

そんな私が興味を持った分野の1つが『デザイン』です。
みなさんは『デザイン』を頭に思い浮かんだ時、何をイメージしますか?ほとんどの方は、絵画・家具・ポスター・冊子などの眼でみて判断できる『見えるモノ』なのではないでしょうか?

デザインを和訳すると『設計』という意味もあり、デザインを言い表す全てが『見えるモノ』というわけではありません!

私はデザインの中でも『見えないモノ』=無意識的に感じているコトに魅力を感じました!私は普段無意識的に感じているコト=体験(Experience)と捉え、UX(ユーザエクスペリエンス)に興味を持ち、様々なUX/UIデザイン、イベント設計を大学生活で創りました。

『接客』と『デザイン』は一見関係無いように思えるかもしれませんが、私は『接客』も『デザイン』の中に入っていると考えます。接客は、ただ料理をキッチンからお客様に届け、注文を聞くロボットではありません。接客というのは『お客様』との時間と体験と空間を共有することができ、お客様の来店価値を高めることができるポジションだと思っています。

接客の際、中には厳しいご意見をいただくこともあります。なんでこうなったのか?経緯は?次またこのようなことを防ぐためには改善策はあるか?他人事でもジブンゴト化することを意識し、デザインシンキングに繋げています!

就活は新型コロナウイルスの影響で苦戦しました...。ですが、冒頭でも描いたように、自己肯定感が強い方なのであまり深く考えず就活をしていました。

変な自信と甘い自己分析で大学3年生の3月まではWEBデザイナー(UX/UIデザイナー)を目指し、複数社エントリーしていましたが、二次選考で終わることが多く、遂に3月末時点では1社もエントリーが残っていない状況になってしまいました。

デザインを第一に考えている企業からは、企画力・発想力を評価をしていただいたのですが、デザイン力は評価をしていただけませんでした。理由は明確。美大在学中の方や昔から真剣にデザインに対して想いを持ち製作している方と対等に並ぶことは不可能だったからです。

"自分が他人と対等に並べる、もしくは負けない自信がある分野はあるのか?"
初心に戻り、自分を改めて知ろうと人生マップを作成しました!

過去歩んできた道を想起することで、自分の強みを見つけることができました!それは、中学〜大学2年生までで培った『数字から導く分析力』です。グラフや表を見て情報を抽出し分析、そこからの発想をすることが好きであり得意なことであると気付かされました!

『数字から導く分析力』×『コミュニケーション力』を合わせた職種に就いたら、スキルを最大限発揮できるのでは?
2020年4月、マーケティング業界に絞りそこで出逢った企業がトリニアスでしたっ!!!
トリニアスの面接では、ポートフォリオと自己分析時に作成した人生マップを用いて『私』の紹介をしました。今までデザインを主軸としている企業しか選考を受けてこなかったので、マーケティングを主軸としている企業にはポートフォリオは受け入れてくれないんじゃないか?と不安だったことを覚えています。

面接結果は...
予想外!高評価していただきました!本当に嬉しかったです。

最終面接は課題として代表の前でプレゼンをすることに。これが最後の就活であることを願って今まで学んできたこと全てを資料に集約させました。

卒業研究の【飲食店を対象とした来店前の事前期待を高める研究 ユーザーの心を掴む動画コンテンツの作成】という動画マーケティングについてのプレゼンを行い、私が大事にしている『価値』についてのお話しをさせていただきました。緊張していましたが、『価値』について考えていることを共有することができ、代表と楽しく議論することができました!

それと同時に、この会社で一緒に頑張りたいっ!と、再度想うことができた瞬間でもありました。

私にはいくつかの趣味があります。アニメ鑑賞、ゲーム、読書、テニスなどインドアからアウトドアまで趣味が広いです。一風変わった趣味だと、魅力的な名言やキャッチコピーがあるとメモを取ったり写真を撮ったりしています!

私が特に印象に残っている2つの言葉を紹介します!

・アニメキャラのキャッチコピー『Happy!Lucky!Smile!Yeah!』
⇒まさに自分に合ってるなぁ~と思う時があります(笑)

・ジョーブログの名言『自分に嘘ついてもうたら、後の人生に出るで。』
⇒私はこれからの人生を考える時、『お金』<『生きる価値』が大事だと思っています。何のために生きるのか?何が自身を鼓舞するのか?を今まで通り素直に捉え、未来はポジティブに、明るい日を創っていけるよう精進しますっ!

これから様々な挑戦をしていきます。学んできた知識・体験、これから勉強することがどんな化学反応起こすか?『わたし』の今後を気にかけていただけたら嬉しいです!

株式会社トリニアス's job postings
47 Likes
47 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more