Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

TORIHADA流・会議の極意「スマカン」とは?

こんにちは。
TORIHADAで企画・広報などを担当している伊部凜(いべ・りん)です。
ブログ「MEGAPHONE(※)」を担当しております!


「MEGAPHONE」では、TORIHADAのメンバー紹介や社内の雰囲気などを紹介していきます。
このブログを通してTORIHADAの良さを広めていけたら、と思いますので、よろしくお願いいたします!

(※)なぜ、「MEGAPHONE」なのか?
このブログ読んでくださった方々に、TORIHADAの魅力を声を大にして伝え、拡散できればいいな。
という思いが込められています。



TORIHADAも創業二期目に入り人数も増えたことで、社内でのMTGや定例などの会議が多くなってきました。
そこで、できる限り会議をスマートに行い自分の作業時間を確保できるような新ルールをまとめました。

その名も「スマカンの心得」!

スマカンはsmart conferenceの略ですね。
ヤングさん(取締役・若井)が3秒で命名してくれました。


「スマカンの心得」

①GAT死守:GATの事前共有、GATを守って会議を進める

GATとというのは、
・G ゴール(Goal)「今日何が決まればOKなのか」
各議題のゴールラインについて事前に明示することで 曖昧な形で議論が進むことを防ぎます。

・Aアジェンダ(Agenda)「話すべき議題」
議題をきちんと提示しホワイトボードに書き出し、 会議中に確認できるようにしています。

・Tタイム(Time)「今日の時間配分」
その日の会議の時間配分を事前に行い、会議中の目安にしています。
会議を時間通りに始め、時間通りに終わることを心がけます。

②ふんわり撲滅:タスク、ミッション、進捗、ネクストアクション、期限の可視化をする

私の所属するカルチャー室では、このようなガントチャートを毎回の定例で使用しています。


③間延び禁止:できるだけ短い時間で行う 1時間以上になる場合は途中で5分休憩をはさむ

・人が集中し続けられる限度は60分
→60分を超える場合は30分ごとに5分休憩を挟みます

・人の集中周期は15分
→15分×○セットで会議の時間を設定します

・食後や夜は集中力が低下する
→時間のある営業時間後などに会議を入れがちですが、効率が悪くなってしまうので、できるだけ夜は避けて午前中に行います

・資料は全員が目を通してから参加
→会議をスムーズに進行させるため、使用する資料は当日までに共有します

④議事録命:チーム内でテンプレートを設定・見やすくする

せっかく会議中の時間を使っているのだから、見やすく簡潔にまとめた方がいい!と思い、テンプレートなども作りました。

そして「スマカン」を意識して行うために重要となる3つの役割の定義づけも行いました。

①ファシリテーター

スマートに会議を進行し、メンバーの意見を引き出し、まとめる役割を担います。

②議事録係

議事を取る役割を担います。
先ほども書いたように、「議事録命」な訳なので、とても重要な役割です。

③ジャッジマン

こちらは普通の会議にはあまり存在しないであろう方ですね。
会議全体のジャッジをする役割を担います。

TORIHADAではジャッジマンシートというものを作り、各会議で記入をしてもらっています。

TORIHADA流・会議の極意「スマカン」

①GAT死守

②ふんわり撲滅

③間延び禁止

④議事録命


TORIHADAの全ての会議がスマートに進行されるよう、全社で徹底していきたいと思います!




株式会社TORIHADA's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more