Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

TORIHADA発の動画メディア『THE DIY』ってどんなメディア!?

こんにちは。
TORIHADAで企画・広報などを担当している伊部凜(いべ・りん)です。
ブログ「MEGAPHONE(※)」を担当しております!


「MEGAPHONE」では、TORIHADAのメンバー紹介や社内の雰囲気などを紹介していきます。
このブログを通してTORIHADAの良さを広めていけたら、と思いますので、
よろしくお願いいたします!!

(※)なぜ、「MEGAPHONE」なのか?
このブログ読んでくださった方々に、TORIHADAの魅力を声を大にして伝え、拡散できればいいな。
という思いが込められています。



今回は、先週リリースしたTORIHADA発の動画メディア「THE DIY」のチームリーダーである、
大久保さん(以下OKBさん)に一体どんなメディアなのか?インタビューしました!


※「THE DIY」の公式アカウント
Instagram:[@the_diy_media]
https://www.instagram.com/the_diy_media/
TikTok:[@the_diy_media]
http://vt.tiktok.com/JBr8AK



◾️プロフィール

大久保貴央(おおくぼ・たかお)
通称・OKBさん
8月5日生まれのO型



編集者・制作者の経験を経て、編集長に。そして現在、動画メディアのチームリーダーへ。

ー OKBさんがTORIHADAにジョインする前の経歴を教えてください!


2012年から株式会社ミディアムに、ストリートファッション誌「Oliie」の編集者として5年ほど勤めてました。Ollieで編集の仕事をしながら、渋谷のクラブ SOUND MUSEUM VISIONでパーティをやったり、代官山TSUTAYAのギャラリーでスニーカー美術館「KICKS MUSEUM」というポップアップイベントを手掛けたりしてましたね。

株式会社ミディアムを退社したのは2017年。その後はカルチャー誌やスポーツ誌を中心にフリーランスのライターとして活動してましたね。他には音楽専門のクラウドファンディングメディア「Sam's Up」の立ち上げに関わったり、ミレニアル世代向けのファッション雑誌「NIL(ニル)」を編集長として創刊するなど、紙媒体を中心に活動してました。

ー そんな様々な編集者・制作者としての経験をお持ちのOKBさんですが、TORIHADAと関わることになったきっかけはなんだったんですか?


ボス(代表)がOllie時代に出会った友人なんです。僕が関わってきた雑誌やイベントなどを面白がってくれて声をかけてくれました。
ちょうどその時はWEBマガジンやSNSが普及し雑誌が存在する意味が変わってきたタイミングで、新しいチャレンジを模索している時に、TORIHADAで「動画メディアを一緒に作りたい」と声をかけてくれたんです。

そのあとTORIHADAのメンバーたちを紹介されたのですが、ヤング(取締役・若井)、クマ(取締役・熊野)、入谷、谷たちに出会ったのがTORIHADAに入ることを決めたキッカケでしたね。とにかく夢と意志をもって「TORIHADAを作るぞ」っという思いに真っ直ぐ動いている彼らに心を打たれました。ボスの作っている会社に、そしてそこにいるメンバーたちに未来を感じたんです。


ー 雑誌から動画に変わった理由ってなんだったんですか?

実は「THE DIY」でやっていることって、雑誌でやっていることと変わらないんですよ。「雑誌の動画化」、それがTHE DIYのスタイルなんです。

ー 雑誌の動画化ってどういうイメージなのでしょうか?

今って高価なカメラや高度な編集技術がなくても、スマホで撮影してアプリを使えば、誰でもそれっぽい動画が作れるじゃないですか。
その中で、これまで自分がプロとして経験し、つくってきた雑誌の企画をそのまま動画でできたら面白いかもって思ったんです。だから「THE DIY」は、雑誌っぽい企画がたくさんあります。
AIもテクノロジーも進化して、生活は便利になっていきますが、D.I.Y.精神(Do it yourself=自分たちでやる)という人間の真の部分を伝えていきたいんです。


22歳の男女たちに、意思さえあればなんだってできるんだよ、ということに気づいてもらいたいですね。

ー「THE DIY」ってどんな動画メディアですか?

「THE DIY」のターゲットって22歳の男女なんです。
それは大学を卒業した年齢(一般的に)で、自分の人生を自分で初めて選べるタイミングでもあります。

義務教育が終わって、それでも義務教育っぽく入らなきゃいけない高校生活があって。最近はほとんどの人が大学なり短大なりを出ていますよね。その時に「自分は何をやりたいのか」とみんな悩むと思うんです。もちろん環境は人それぞれですし、いろんな事情があると思いますが、僕はやっぱり自分が思う「やってみたいこと」や「夢」に挑んで欲しいんです。

そんな22歳の男女たちに、DIY精神を持っている人たちの言葉を届けて、自分のやりたいことをやるきっかけを与えたいです。意思さえあればなんだってできるんだよ、ということに気づいてもらいたい。それが「THE DIY」のミッションだと思いますし、TORIHADAで発信する意味ですね。


本当に好きなことをやっている人は自分の好きなことを表現するときに、自分の言葉を持っていると思います。

ー「THE DIY」では、どんな人を取り上げていくのでしょうか?

好きなことを本気でやっている人です。本当に好きなことをやっている人は、自分の好きなことを表現するときに、「自分だけの言葉」を持っているんです。

自分の意思で活動しているからこそ、自分で評価し、自分の言葉で発しているんです。

DIYって「Do it yourself(自分たちでやる)」って意味なんですけど、上記で語っているように僕の言葉で発しています。
TORIHADAという言葉もボスならボスのTORIHADA、ヤングならヤングの、クマならクマのって、みんなそれぞれ自分の言葉でビジョンの「鳥肌が立つ感動をつくる」を語れるんです。

人の本気の言葉っていうのは人の心を動かす。だからTHE DIYは本気の人を取材するんです。



ー 現在の「THE DIY」はどのようなメンバー構成になっていますか?

現在のメンバーは3人です。今はかなり少ないですが、後々は出版社のような構成になると考えています。

THE DIYのメンバーは、みんな夢を持っています。THE DIYで取材する人と同じように、僕らチームもその夢を叶えるために働いてます。それは10年後や20年後のビジョンから、「こんな有名人に会ってみたい」みたいな小さいな夢まで人それぞれですが。

実際に、ウチのミフウは入社すぐに憧れの韓国のアーティストを取材してましたね(笑)。


「THE DIY」のメンバーに少しだけインタビューしました!



◾️プロフィール

緒方美颯(おがた・みふう)
THE DIYチーム
韓国とコスメが好き
元美容師

ー ミフウちゃんがTORIHADAにジョインし、「THE DIY」のチームの一員となったことで感じたことはありますか?

はい。あります!!
私は前職が美容師だったこともあり、アートやファッションなどの芸術には触れてきましたが、パソコンに向かって仕事をしたことが一度もなかったんです。
なので、今の仕事は全てが関わったことのない世界で何もかもがわからず大変でした。

あとは、今までは面と向かったコミュニケーションが多く、なんでも直接相手の顔を見て話すことができたのですが、TORIHADAにジョインしてからはメンバーとのコミュニケーションもクライアントさんとのコミュニケーションも、テキストベースが多く感情が伝わりにくいのが、本当に難しいなと感じます。
「文字で相手にきちんと伝えること」が課題だと感じます。

美容師という仕事は、自分自身が流行となり追われる側になることが多かったのですが、今私が「THE DIY」でやっていることは、流行を把握し「THE DIY」というメディアを通して発信していく発信源であるので、「流行を生み出す」という私のやりたいことに直結しています。
それが私のやりがいでもあります!

みんなの憧れを作る存在でいたいですね。


◾️プロフィール

池上一希(いけがみ・かずき)
通称・池上
ビデオグラファー
お気に入りのスタンプは、ぐでたま

ー 池上くんにとって「THE DIY」でのやりがいってなんですか?

外部の人と会って動画を見せた時、いいね!とか、かっこいい!とか言ってくれることですかね。

ー なるほど!では大変なこととかってありますか?

ん〜。
全てが大変といえば大変ですが、やっていることが全て楽しいので「大変だなあ」とは、そんなに思わないです。

ー 口数は少ないですが、力強いお言葉ありがとうございます!(笑)


ー 最後に、「THE DIY」チームとして、どういう人と働きたいですか?



音楽ファッションアートが好きな人がもちろん嬉しいですね。
あとは色々ありますが、やはり一番大事なのは自分の意志があってDIYのマインドを持ってる人です。

「THE DIY」は、みんなの夢が叶えばいいなって思っています。



株式会社TORIHADA's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more