1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

長期インターン歴4年。世界を変えたい女子大生の話

こんにちは!トモノカイ学生スタッフのいこまです。
今回はトモノカイで学生インターン生として活躍中のすぎちゃんにインタビューをしました!

すぎちゃんさんの基本プロフィール
大学:上智大学4年
主な仕事内容:国際バカロレア認定校に入学したい受験生を対象とした入試対策コースのカリキュラムや教材作成、教師のマネジメント業務。

1年生の4月から長期インターン生に

ー長期インターンを始めたきっかけを教えてください。

高校生のときに、トモノカイの先輩に誘っていただきました。国際関係系のNPO団体が主催しているキャンプに参加した時のことです。その先輩はトモノカイのインターンの他に、NPO団体にも所属していたみたいです。

私もそのときちょうど高校を卒業するタイミングで、他にバイトも考えていなかったので、かなり気軽に入りました。
せっかく声かけてもらったからとりあえずやってみようかな、という感じです。

ー1年生の4月からインターンって始めるのに抵抗はなかったんですか?

実は私、最初はバイトなのかインターンなのか分かっていなかったんです(笑)
一回どっちなんだろうと疑問に思って、社員さんに聞いたんですけど、「本人の捉え方次第だよ。」と言われました。バイトだからどうとか、インターンだからどうとか、で仕事をして欲しくなかったんだんだと思います。

その社員さんの言葉を聞いて、個人の主体性とか意思を尊重する人なんだと思いました。自分がどうなりたいとか、どうしたいとかをちゃんと自分から発信していかないといけないんだと。


チームメンバーは“家族”

ー4年生の終わりまで続けられたのはどうしてですか?

継続的に学び続けられるからですね。私には将来成し遂げたいことがあるんですけど、その夢のためには学生のうちにいろいろなことを経験して、知っておきたかったんです。

私は経営学部とかでもないので、ビジネスについて知る機会はありませんでした。でもビジネスを知ることは社会を知ることと同じだと思うんです。社会について知るには、ちゃんとビジネスのことも理解していなきゃいけないなって。
トモノカイは自分の知らない世界をどんどん見せてくれたと思っています。継続的に新しいものに触れる機会があって、面白いと思い続けることができました。

ーそれで大学生の最初から最後まで続けてきたんですね!

あとは、チームのメンバーの存在も大きかったです。私はメンバーのことを家族のように思っていました。

プライベートでもよく集まって遊ぶというわけではないですが、一緒にいると安心できるような関係性です。一緒に仕事をする仲間!という感じですね。
一人一人がしっかりしていて、向上心を持っているんです。学習意欲が高いので、みんなで切磋琢磨して高めあっていたように思います。

私は良くも悪くも周りの環境に左右されやすい人なんです(笑)なので、トモノカイのチームのメンバーのようにいい意味で意識の高い人たちに囲まれていたからこそ、自分も追いつこう!と踏ん張ることができました。
お互いに刺激し合える環境が自分には必要だったんだと思います。


自分が社会人になるイメージ

ー先ほど、継続的に学び続けられるとおっしゃっていましたが、具体的にはどんな学びがありましたか?

やっぱり社会で働くってどういうことなのかを身をもって経験できたことですかね。
学生と社会人の間には大きな壁みたいなものがあると思っています。社会人になると学生のころとは生活のサイクルも変わりますし、求められるもののハードルが高くなったり、社会的責任が生まれたりもすると思うんです。
でも、それって大学では教えてくれないことだなって。その学生と社会人のギャップは自分で行動して、自分で埋めていかなければいけないんだと気づきました。

ー一番ギャップを感じたのはいつですか?

家庭教師サービスを利用されているご家庭の保護者さんや生徒さんと直接関わる時ですかね。伝達ミスなどの一見小さいことでも、私がご家庭に不信感を与えてしまったら、会社全体のイメージが悪くなります。口コミが重視される業界なので、1つでも悪い口コミが出ると痛いんです。売上にかなりの影響が出ます。

お客様側からしたら、私がトモノカイという会社の代表になるので、すごく神経を使って対応していました。

ーご家庭と直接やりとりするのは緊張しますね。

そりゃもう!ミスしないように何度も何度も確認しながら話していました。お客様と接しているときに、普通の学生があまり感じることのない社会的責任というものを経験することができた気がしています。

もし、私も長期インターンをやっていなかったら、こんなことは考えずに、ただぼーっと社会人になって大変な思いをしていたかもしれません。ここでいろいろな経験をしたことで、自分が社会人になるイメージ、覚悟ができました。

身近に個性の強い社員さんが多かったことで、自分の社会人イメージがさらに具体的になりました。全くタイプの違う人たちが、こんなにもうまくそれぞれの良いところを引き出し合い、弱いところを補い合うことができるのかと驚きました。
それぞれに自分を当てはめ、どのような社会人を目指していこうか、考えることができました。


将来の決断のきっかけに

ー社会で働くことを経験して、すぎちゃんさんの中で何か変化はありましたか?

そうですね、自分の将来の方向性、進む道を考え直すきっかけになりました。

私は小さい頃から国際公務員になりたいと思っていました。そして、大学2年の時に国際機関でインターンをする機会があったんです。6か月間のインターンでした。私はこの国際機関でのインターンで、働いている人たちの姿勢に違和感を持ちました。

ー違和感ですか…。

公的機関と民間の違いを認識させられましたね。私は仕事をするときにこれは何のためにやっているのか、これを成し遂げることでどうなるのか、などの目的意識を持つのが普通だと思っていたんです。でも、自分がインターンに行った国際機関ではあんまり意識されていないようでした…。自分がインターンでやらせていただいていたタスクも何につながるのかよくわからなかったんです。

トモノカイでのインターンで、民間の働き方や仕事に対する考え方を知っていたからこそ、より違和感を持ってしまいました。この違和感が進路を考え直すきっかけになり、より自分に合っていると感じた民間セクターに進むことを決めました。


私の夢

ーそもそもなぜ国際公務員になりたいと思っていたのですか?

私には、実現したい世界があるんです。その夢を叶えるためには国際公務員が一番合理的だと思っていました。

ー実現したい世界はどんな世界ですか?

「その人らしさ」が潰されない世の中です。私は将来、そんな世の中を実現するために貢献していきたいと考えています。

なにかしらの外的要因によって、自分がこうしたいって思うことができない世の中って不条理だなって思うんです。どんなバックグラウンドを持つ人でも自分らしい生活ができるような世の中に少しでも近づくように尽力したいと思っています。

ーどうしてそう思うようになったんですか?

(アパルトヘイト当時を再現したゲート)

高校1年生のときに、高校のプログラムで南アフリカに留学したのがきっかけです。平日は寮生活で現地の高校に通い、休日はホームステイをしていました。

私は初めて南アフリカに行った時に驚きました。以前、南アフリカではアパルトヘイトと呼ばれる人種隔離政策がとられていて、私が留学した当時、アパルトヘイト撤廃から20年以上経っていましたが、その爪痕は深く残っていたんです。

町でも学校でも、違う人種同士はお互いに関わりを持とうとしていません。居住地が分かれていたり、黒人が集まっているところは治安が悪いから近づくなと言われたりしました。特に通っていた学校は人種がごちゃ混ぜのプライベートスクールでしたが、みんな休み時間になると同じ人種で集まっていました。

同じ南アフリカ人のはずなのに、こんなにも人種が意識され、自分と違う人とは関わろうとしていないことに違和感を覚えたんです。日本ではありえないことだからです。そんな南アフリカの状況を見て、それぞれが自分らしく生きる世界にしたいと思うようになりました。

ーその世界の実現のためには何が必要だと思いますか?

いろいろありますが、一番大事なのは、誰しもが夢を持てる社会、風潮を作り上げることだと思います。くさい言い方ですけどね(笑)人の夢を無理だろってあざ笑う人や、夢を持つことに対して批判的な人も多いと思うんです。そんな中でも負けじと、夢を声に出して言える人が増えたらいいなと思っています。

そのためには人への理解ができて、自分の価値観だけで物事を判断しない人が必要だなと。だからこそ私は自分で社会に触れて、自分の価値観で物事を判断できるようになりたいんです。
あと、誰かの意見が人に影響を与えることもあります。なので、そのうち自分でも自分の考えを発信できたらいいなと思っています。


自分の手でチャンスを掴んでほしい

ー最後に何か伝えたいことはありますか?

やっぱり長期インターンは社会の成り立ち方を学ぶには本当に良い機会だと思います。いわば社会の縮図です(笑)部門がいっぱいあって、それぞれの関係性から会社がどういう風に成り立っているのか分かります。どうやって事業計画を決めているのかなど、一つの部署だとわからないことも他部署との交流とかで理解できることもあるんです。

あとは、個性的な人も多いので、働いていて楽しいと思います。吸収できることも多いです。こんなに向上心が高いメンバーと一緒に仕事ができる場所って実はあんまりないなって思ってます。いろいろな経験をした大学4年生が言うんだから間違いありません!

少しでも興味を持ったら、ぜひ自らチャンスを掴みに来てほしいなと思います!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

すぎちゃんさんありがとうございました!

トモノカイのインターンに少しでも興味を持った人は以下の記事も見てみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


長期インターン生
社員と同じ裁量でWebサービスの運営を!やりがいを求めるインターン生募集!
トモノカイは、人と社会を豊かにする『教育』を、未来の形に創り変える会社。 中高大学生向けの教育サービスを軸に、一人ひとりの可能性を広げる様々なコンテンツとプログラムを創りだしています。 学生インターン生も約50名ほど働いています。各々がのびのびと活躍できる環境が整っています。 ◆トモノカイならではの強み 大きな強みは、約20万人もの現役大学生が登録している人材データベース。東大生の2人に1人、早慶生の4人に1人が登録しているこの国内最大級のネットワークを活かし、ほかにはない形で学習の支援を行なっています。 ◆具体的な事業内容 ◎学習デザイン事業 受験対策や成績向上だけではなく、『学習メンター』のサポートにより「自学習慣」を定着・活性化させるプログラムと環境をデザインしていきます。 ◎学生向けメディア事業 大学生が必要とするさまざまな情報(アルバイト・資格・留学など)と体験を提供する独自のメディアを展開しています。 ◎家庭教師紹介事業 子どもたちがあこがれるような教師の派遣をモットーに、勉強をサポートする現役大学生の家庭教師を派遣しています。 このほか、優秀な教育者を一人でも多く輩出することを目的とした『塾講師専門の求人サービス事業』や、外国人留学生の生活から就職活動までワンストップでサポートする『留学生支援事業』なども提供しています。
株式会社トモノカイ
株式会社トモノカイ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more