1
/
5

【TOBE 新卒座談会】インターンから正社員に、そして新たな挑戦へ。4月入社の社員にインタビュー!

皆さんこんにちは、2022年春に入社した新人エディターの花田です。
今回はTOBE入社4か月の同期と座談会を行いましたので、そちらをレポートします。

・プロフィール

長屋(写真中央)
多摩美術大学 美術学部
演劇舞踊デザイン学科 劇場美術デザインコース
担当部署:編集部(イラストレーター)

籏山(写真左)
武蔵野美術大学 造形学部
油絵学科 油絵専攻
担当部署:編集部(イラストレーター)

花田(写真右)
東京大学 文学部
人文学科 美学芸術学専修課程
担当部署:編集部(エディター)

・TOBEに入社したきっかけは?

花田:
今回の座談会を進行します、編集部の花田です。
まずはじめに、自己紹介も兼ねてTOBEに応募したきっかけを教えてください。

長屋:
大学では舞台芸術を専攻していて、就活を始めた当初は演劇業界での就職を考えていました。
ただ、教授の手伝いなどで現場を見ていくうちに志望が変わり、イラスト関連の選考を受け始めました。在学中にカップルエッセイを描いていた経験から、イラスト加工のスキルはあると思ってTOBEのインターンに応募しました。
恋愛に関しては、思い返してみると「実りのない恋愛」が多いというか、「周りが恋愛しているから恋愛する」感があった気がします。

籏山:
大学の専攻は油絵なんですけど、メインでやってたのは1、2年の間で、3年以降は映像作成やインスタレーションの方に力を入れていました。
もともと絵を描くことを仕事にしたいと思っていて、就活とバイトを兼ねたかったのでインターンを受けました。
絵のスキルに関しては、趣味でイラストを描いたり、二次創作の漫画を即売会に出したことがある程度でした。プロのイラストレーターを目指し始めたのは就活を始めてからです。
女性向けのソーシャルゲームとか少女漫画は好きですけど、自分が恋愛するところは正直あまり想像できません。
※インスタレーション:絵画や立体作品の展示空間を含めて作品とみなす手法。映像やサウンドの装置を構成要素に含める場合もある。

花田:
仕事の合間に話を聞く限り、籏山さんは人間関係の諸々に巻き込まれがちですよね。
僕は美学芸術学を専攻していましたが、学生の研究対象に関してかなり自由度の高い研究室でして、僕は卒論としてVTuberを扱いました。
応募したきっかけとしては、「女性向けの恋愛メディア」というコンセプトが面白そうだったことと、文章やコンテンツを扱う編集の仕事に興味があったことですね。
恋愛経験については、高校と大学で1回ずつ付き合ったことはあるけど、人にアドバイスできるような経験は積んでいないと思います。

続いて、入社の決め手となった要素を教えてください。

籏山:
一番は、自分がやりたい仕事を最初からできる環境だったことです。
キャラクターデザインをやりたくて、ゲーム会社のインターンを考えていたこともあったけど、最初からそれができるわけじゃないし、長く勤めてもデザインができる保証もないんですよね。
漫画制作自体は、インターン中に社員さんから提案されて、考えていただいたネタでネームを作成して、チェックを受けてから清書するという流れでした。
途中、ネタから自分で考える課題が2回ほどあって、それが今の業務形態に一番近いですね。

だから決め手としては、自分のやりたいことができて、入社後にそれを続けられると分かっていて気が楽だったことです。

籏山さんのインターン時代の漫画

長屋:
私も籏山さんと同じで、社員さんから「漫画やってみようか」と言われて、漫画制作の仕事が始まりました。
でも、一番の決め手はそこじゃなくて、福利厚生でお米が食べられることなんです(笑)

花田:
長屋さんは毎週お米炊いてますよね。
インターン中に、入社後と近い形態で仕事を振るっていうのは珍しい印象です。
あとは、新卒入社の基本のルートがインターンからっていうのも、結構まれですよね。

インターン中や入社前に、気になっていたことや不安に思っていたことはありますか?

長屋:
やっぱり、入社してからのイメージが持ちにくかったことですね。
当時インターンを担当していた社員さんとは、出社直後と退社直前に軽く話す程度で、お互いに自分の作業に集中していることも多く、いまやっている業務の先に何があるのか分からず、不安はありました。

籏山:
私もそう思います。
漫画の担当者が変わってからは会話の機会が増えて、話しやすい環境になりましたね。
あと、今年のインターンの学生さんが定期的に面談しているのは、正直羨ましいです。
だからこそ、これから応募してくる学生さんが少しでも居やすくなるように、私たちも積極的に話しかけていきたいですね。

花田:
インターンを経験した2人ならではの視点で、サポートできるといいですね。

・入社1年目の社員は、どんなことをしているの?

花田:
次に、現在の所属と業務内容を改めて教えてください。

籏山:
私と長屋さんは主に漫画やイラストなどの制作関連の仕事をしています。
基本的に業務内容は一緒で、2人で一つの業務を分担していることもありますね。
日常の業務としては、ネームチェック以外は1人で進める漫画制作と愛カツ掲示板の管理です。
毎日新しい漫画を描くんですけど、編集リーダーが不在の時は、お互いにネームの確認をすることもあります。

長屋:
あとは6月末から、SNS(Instagram、Twitter、Tiktok)の運用を担当しています。
そして、その頃から愛カツ漫画に特化したInstagramアカウントの開設を企画していて、ついに7月末にオープンしました。
今はそのアカウントの更新も行っています。
漫画を作り終わった後は、Instagramに投稿する画像の制作などもしていますね。

実際にInstagramに投稿した画像

花田:
僕は編集部の所属で、記事の作成や編集、定期的に閲覧数やユーザーの動向を分析することが中心ですね。
6月の半ばから、外部のイラストレーターさんとライターさんを1名ずつ、発注や納品管理の担当として受け持っています。
それから、7月末に広告運用に関する研修が始まりました。


では、職場の雰囲気や福利厚生についてはどうでしょう。

まずは普段から炊飯器を使っている長屋さんからお願いします。

長屋:
そうですね、炊いたお米は冷凍して、お昼に食べてます。
昼休みを取るタイミングが自由なので、私はごはんを食べ終わったらすぐ仕事に戻って、漫画が終わってから残りの休憩をとることが多いです。
あとは、冷蔵庫にストックしているお菓子も、好きなときに食べられますね。
最近は、ここの3人で買い出しにも行きました。


籏山:
3人のデスクが横並びで、入社してすぐに共通の話題が見つかったから、朝とか帰る前とかによく雑談していますね。
話題によっては、遠くの席からもツッコミが飛んできて、オフィス全体で盛り上がることもあります。黙々と集中して作業することももちろんあるけど、和気あいあいとした雰囲気になることは多いと思います

花田:
僕ら3人だと、試用期間中から新しい業務の研修が始まったり、自分たちで企画したりと、境遇が似ているっていうのも、話しやすい理由のひとつですかね。
それぞれが試行錯誤しているから、連帯感が生まれやすいというか。
会社全体としては、自分から「やりたい」と言ってきちんと準備すれば挑戦させてくれるし、定期的に今後のビジョンも提示されるから、「これからどうなるのかな……」みたいな漠然とした不安は少ない気がしますね。

・今の目標は?

花田:
それでは、これからの目標やビジョンがあれば、教えてください。

長屋:
運用を担当しているSNSでフォロワー2000人を獲得することが、当面の目標ですね。
そのために、投稿のタイミングやそれに合った内容などを、少しずつ変えて探っています。

籏山:
SNSで愛カツや愛カツ漫画のファンをどんどん増やしたいと考えています。
だから、Instagram用の加工の速度を上げていきたいです。

花田:
僕は、研修中の広告運用も含めて、早く事業の中核を担えるようになりたいですね。
比較的早い時期から裁量の大きい仕事が回ってくることもあるので、経験をたくさん積んでいきたいと思っています。

・応募理由は「興味がある」だけで十分です!

花田:
成長や挑戦が評価されるし、その方針もきちんと示してもらえるので、自分の意欲次第で成長できる環境がそろっています。
一緒に頑張りましょう!

籏山:
イラストレーターは絵に興味があるなら、それだけで全然大丈夫です。
私も内定を意識せずに応募して、今こうして働いているので、気軽に応募してみてくださいね。

長屋:
イラストレーターも漫画以外のことにもチャレンジできるし、インターンを経験した私たちがしっかりサポートします。


最後まで読んでくださりありがとうございました!皆さんの応募をお待ちしていますね。

(インタビューは2022年7月に行いました)

株式会社TOBE's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社TOBE
If this story triggered your interest, have a chat with the team?