1
/
5

What we do

”世界を「農」でオモシロくする” 「農」という文化価値の中には「暮らし(田舎生活) 」と「商い(農業)」2つの要素があります。 これらを高次元にバランスさせるプロ農家たちの知恵を活かし、世界を「農」でオモシロくします。 ■事業の目的 地域で成功する持続可能な農事業の数を増やす。 プロ農家たちの知恵を活かした、収益性のある農事業を全国各地に増やしていき、そこに従事する移住者・半移住者が増えることによって、持続可能な地域社会の実現に貢献。 ■事業概要 小規模農をテーマに大きく3つの事業を展開しています。 ①オンライン農コミュニティ事業 「農」をテーマとした、激変する時代をオモシロく生き抜くための知恵が満載のオンラインサロンを主催。 ②オンライン農スクール事業 小さい規模でも成功できる小規模農家の営みに特化したスクールサービス「コンパクト農ライフ塾」を主催。 ③地域農ブランディング事業 地方自治体や企業を対象に「都市」と「農村」のニーズを結びつける農事業を提案し実施までをサポート。

Why we do

The CAMPus講義記事を作成するナビゲーター取材の様子
私たちが根本に抱いている想い <日本の1次産業を取り巻く目下の課題> ・農業人口は168万人 ・平均年齢67歳 ・新規就農者は毎年6万人 ・離農者は毎年10万人超 ・日本の耕作放棄地は38万ヘクタール(埼玉県くらいの面積) ・気温や海面の上昇によって年々大雨や台風の被害は拡大 ・世界的な自然エネルギーへのシフトは日本で進まず しかし、この状況は「コンパクト農業」という観点から見るとチャンスでしかない。 自然の摂理に則って健康で美味しいものを生産し、規模が小さくても価値ある商品を生み出 して世の中に提供していけるコンパクト農業。 主に都市部に暮らすビジネスパーソンへそ の重要性と楽しさを伝え、コンパクト農家の数を革命的に増やしていきたいと想う。 地域で成功する持続可能な農事業の数を増やすことで、その事業者(企業・個人)の経済的・精神的な満足度UP、その地域社会(自治体・住⺠)の1次産業活性と環境改善、を実現。ムーブメント化し全国〜そして世界へ拡大させる。

How we do

①オンライン農メディア事業 「農」をテーマとした、激変する時代をオモシロく生き抜くための知恵が満載のオンラインサロン。持続可能な生き方を模索するあらゆる世代、職業、才能の人々が集まり、話し、笑い、悩み、挑戦していく、いわば「暮らしの実験の場」。 コンテンツ:農トークライブ、農サークルズ、農ハウメディア、スゴい農体験ツアー ベーシックプラン:1,980円(税込) 学生割引プラン:880円(税込) ■対象/食や農になんとなく興味のある都市生活者。 いつかは田舎暮らししたい30〜50代の働く男女。 ②オンライン農スクール事業 20人限定で3時間×全10回 1.5ヶ月で受講完了 企画・生産・販売など経営者としてのマーケティング視点から生まれる成功ノウハウを1ヶ月半のカリキュラムにギュッと凝縮。 「0.5haで年商1000万」を基準値にした、コンパクト農家育成専門のスクール。 小さい規模でも成功できる農ライフの基礎講座を完全オンライン&短期集中で行っています。 ■対象/地方移住&半移住、半農半X、新規就農に興味のある都市生活者。大学生、独身社会人、早期退職希望の40〜50代ビジネスパーソン(主に経営者層)。 ③地域農ブランディング事業 ケース1)広島『TAMARIBAプロジェクト』 農水省 山村活性化支援事業にも選ばれた限界集落再生プロジェクト。竹原市田万里町を舞台に「稲作中心の衰退した農村を5年で成⻑軌道に乗せる」のがミッション。米、菜種、大豆を生産しながら、それらを原料に加工食品も製造。今後、農泊なども組合せて地域活性を図っていきます。 ケース2)⻑野『LIFE FARMING CAMP』 観光庁 夜間・早朝の新たな時間市場の創出事業にも選ばれた「日本ならではのアグリツーリズム」開発プロジェクト。⻑野県の誇るスキーの聖地である野沢温泉村を舞台に、春夏秋のグリーンシーズンにスポットを当て、自給自足の農体験をキャンプで味わえる新価値基準のツアーを行っています。 ■対象/地域移住者、新規就農者、一次産業の活性化などを目論む地方自治体。または、農業ビジネスへの新規参入や既存農業ビジネスの活性化を目論む中小企業。