1
/
5

なんだこの選考!?!?新卒1年目振り返る「これまで」と、ありたい「これから」

いつもWantedlyをご覧くださり、ありがとうございます。

広報の白村です。

今回は新卒1年目インサイドセールスのSさんにここまでの現状とこれから先の展望についてインタビューしました!

ーーーまずは新人賞、ノミネートおめでとうございます!!

   入社1年目、これまで順風満帆に来れてますね!!

ありがとうございます。

しかし、決して順風満帆ではないです。

これ謙遜とかではなく、数字と私の実態が伴っていないです。

はっきり言うと、なりたい自分になれていない。

自分の中でちゃんとできていない部分があると思っています。

例えば、細かいミスをしたり、、、

先輩から指摘されることもありますが、日々の業務の中で私自身が一番感じます。

ーーすみません。そのような回答が来ると思っていませんでした...

今の話を聞くと、どんな学生だったのか気になります!!

周りの友達と同じ、普通の大学生です。

何か特別なことをしていた学生時代ではありませんでした。

大学は都内の建築学科に入りました

それは、もともとデザインが好きということはもちろん、

親戚が建築関係ということもあってイメージがしやすかったし、

やっぱり将来を考えたら手に職をつけたいっていう思いが強かったですね(笑)

ーーなるほど。大学選びで、すでにしっかりした考えを持たれたんですね。

なぜ、そんなにしっかりとした考え方を持っているんですか?(笑)

きっかけは高校受験期に遡ります。

中学3年の春、友人と同じ高校に入学しようと約束しました。

しかし、その時点で私の実力では入れない高校でした。

このままではいけない、そう思い塾に通いながら1日15時間、勉強しました

朝5時に起きて家で勉強し、塾が開く時間に行き、閉まる時間に帰り、帰ってから少し  勉強するというルーティンでした。

最終的には、約束した高校よりも偏差値の高い高校に入学しました。

ーーえ!?!?

友達との約束は大丈夫でしたか?

はい(笑)わかってくれましたし、応援してくれました。

実は、合格した高校の文化祭がキラキラしていたので私も参加したいと思っていたんで  す(笑)

ーーやりきる力と信念があるから大学選びに繋がるんですね。



ーー念願の建築学科に入学されて、華の学生生活?

いえ、あまりにも学業が忙しすぎました。毎日のように課題に追われていました。

建築学科の課題は、模型を作ることが多いんです。

私は大雑把な性格なので、とにかく時間と神経を費やしました。

結果、バイトもできなかったです。

ーー実は同期で一番早く内定を取られています。

就活の軸やTAPPに入社した決め手はなんでしたか?

【軸はヒトと話して、その人の人生を幸せにする仕事。】

【決め手は、TAPPの選考が変だったからです。(笑)】

「その人の人生を幸せにする」ことに関しては、もともとヒトと話すことが好きでした。

そこで、仕事としてたくさんの人と携わり、その先まで支えていきたいなと思っていました。

もちろん不動産業界も見ていましたし、ウエディングプランナーも見ていました。

ーーTAPPの選考が変だったとは具体的に?

「面接でガクチカを聞かれなかった」ことに一番驚きました。3月から就活をはじめて、大手も含めて複数の企業の面接を受けてきましたが、どこの企業もテンプレート的な質問ばかりでした。

しかし、TAPPは私の価値観や人生観に関する質問ばかりでした。

私自身を見てくれていると感じたのでとても楽しい面接でした。

また、3次面接では食事をしながらの選考で、食事をしながらだと素の自分が出てしまいました。

内定をいただいたときは即決でした。

ーー内定後、インターンを経験されました。どのようなインターンでしたか?

実質、社会人1年目のような内容です。研修も充実していて、テストとロープレを行い

クリアしたら実際にお客様の前に出て、コンサルティングさせていただきました。

ーー緊張や不安はありませんでしたか?

もちろんありました。社会に出る不安や、営業はもちろん、すべてが初めてだったので緊張も不安も両方ありました。ただ、研修を通して解消していきました。

また、先輩との距離が近くて、わからないことや悩みがあったらすぐに相談できました。



ーー先輩方とは頻繁にコミュニケーションを取られていますか?

そうですね。かなり取ってますし、取ってくださいます。

私は休日も稼働していたい性格なのですが、先輩方が飲みに付き合ってくださいます。

ーーそんな先輩のサポートもあり、インターン時に初契約をしたと伺いました。

   その時のお気持ち覚えていますか?

はい、10月のことでした。とても嬉しかったです。初回からお客様と話がはずんだこともあり、手ごたえがありました。契約時には、大阪まで出張して同席させていただきました。もちろん、交通費は会社から出ます(笑)

ーー大学4年生の1年間をすべてTAPPに費やしたことでよろしいですか?

いえ、それは違います。やはり学生最後の1年間はやりたいことや、遊びたい気持ちもありました。シフト制なので、自分が好きなように出勤したい日も選べます。

2か月ほどお休みさせていただきました。ただその分、成長も止まるので自分次第です。

ーーインターンを経て、正式に入社してから

働き方はどう?

業務内容はほぼ変わらないです。

働き方としては、営業職はフルフレックスなので自由です。

残業という概念がないです。お客様対応などがないときは、自分で調整できます。

一番長く働いたときは、10時から22時まででした。しかし、合間で長時間休憩をはさみ、

一度帰宅したりしました。

連休も取ろうと思えば取れます!!

TAPPの良いところはほんとに自由だということです。

もちろん自由があるということは、当然責任も伴います。

ーー将来の夢は?

一人で仕事をすることです。人と関わりたくないという意味ではありません。

特段、独立がしたいとも今は思っていません。自立して仕事ができるようになりたいです。

その結果が、独立や起業に繋がるかはわかりません。まずはTAPPで力をつけるところからです。

まずは最低限の業務をこなすことです。そして、数字と実態が伴う姿になっていたいです。



話を聞くうちに、やはり芯が通った人だと確信しました。

初対面でも距離を徐々につめていく、そのような姿勢が日々の業務にも生かされていると思います。

TAPPには「イイヤツ」であふれています。これからも多くの仲間を紹介していこうと思います。

引き続き読んでください!

また、SNS(インスタ、Twitterなど)もどしどし更新しております!そちらかの応募も可能です!

株式会社TAPP's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社TAPP
If this story triggered your interest, have a chat with the team?