1
/
5

新たな技術に挑戦し続け、“時代に先駆ける”事例を作る。今、HerokuチームがPMを募る理由

2021年9月に「Coreチーム」「Herokuチーム」「CC(Commerce Cloud)チーム」「SMC(Salesforce Marketing Cloud)チーム」など、Salesforceのプラットフォームや製品単位でのチームに再編成されたタンバリンの開発部門

前回の「Coreチーム」のインタビューでもお伝えしたとおり、私たちは現在、この新たな組織体制の基で「PM(プロジェクトマネージャー)採用」を強化しています。今、各チームにはどのようなPMが求められているのでしょうか?

今回は、HerokuチームのPM像についてお伝えします。

「新しい技術を使った開発の機会が多いHerokuチームを起点に、様々な“初の事例”を生み出していきたいですね」「そのためにも、クライアントともエンジニアともディスカッションしながら、一緒にサービスを作っていけるPMの存在は重要です」

と語り合うのは、Herokuチームが属するクラウドインテグレーション部1部の部長を務める濁沼 貴志と、同チームのマネージャー守屋 慎二郎。2人から、Herokuの特性やPMの役割、チーム運営で大切にしていきたいことなどを詳しく聞きました。

目次

  1. プロフィール
  2. Herokuを利用した「スピーディ」かつ「臨機応変」な開発でお客様の要望を実現
  3. 新しい技術や手法も柔軟に取り入れながらプロジェクトをリードするPMの役割
  4. 「次のビジネスに繋がる事例」を作るチームを目指して

プロフィール

濁沼 貴志 / Takashi Nigorinuma(写真・左)
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション1部 部長
電気メーカーで黎明期のRFID、ICタグの開発に携わる。その後ベンチャーに移り、ICタグを使用したビジネスの立ち上げ、サービスやシステム開発のPMを担当。物流会社の技術研究子会社マネジメント職を経て、フリーランスに。アパレル企業の基幹システム、業務システム導入のPMを経験した。2016年、PMとしてタンバリンに入社。2019年からはマネジメント職に就き、組織と人材の成長に貢献してきた。現在はクラウドインテグレーション1部の部長として、プロジェクト管理とマネジメント全般を担う。
Wantedly
守屋 慎二郎 / Shinjiro Moriya(写真・右)
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション1部 Herokuチーム マネージャー
前職でWeb通販サイトの立ち上げ・運営を経験した後、独学でHTML, CSSを学び多数のWebページを制作する。さらにプログラミングの技術を身に付け制作に携わるべく、タンバリンの前身であるTAMに転職。その後、タンバリンへ。現在はクラウドアプケーションエンジニアながら、社内随一のフルスタックエンジニアとして日々の業務に取り組んでいる。 得意なプログラミング言語はJavascript, React, Python, PHP。
GitHub , Wantedly

Herokuを利用した「スピーディ」かつ「臨機応変」な開発でお客様の要望を実現

ーーHerokuチームの役割について教えてください。

濁沼:Herokuチームは、Salesforceが提供するPaaS「Heroku」を利用したアプリケーション開発をメインで担当しています。


▲開発から実行、運用まで全てクラウドで完結できるPaaS「Heroku」

タンバリンでは、Salesforceの様々な製品やプラットフォーム、時にはSalesforce以外のツールも繋ぎ合わせてマルチクラウド的にサービスを作っています。

「クライアントのニーズに合わせて複数の機能を組み合わせていく」開発の中でよく発生するのが「直接連携できない複数のシステムをいかに繋ぐか」「既存の製品だけでは対応しきれない部分をどう作るか」という課題です。

そこで重要な役割を果たすのがHerokuチーム。通常組み合わせるのが難しい機能の連携や、既存の製品にはない機能を求められる際に、Heroku環境を使った開発をおこなうことで、提供できるサービスの幅が大きく広がるのです。

前例のないシステムを構築するために、時にはスクラッチで開発することもあります。まさにタンバリンが大切にしている『「つくる」にこだわる、「できる」を増やす。』ですね。

特に最近、複雑かつ多様なシステム構築が求められる大規模な案件が増えており、Herokuを活用した自由度の高い開発のニーズはますます高まっています。

▲クラウドインテグレーション1部 部長 濁沼


守屋:Herokuはマルチクラウド開発の鍵になる「スピード感」「臨機応変な調整」という重要なポイントを満たしているプラットフォーム
なんです。

Herokuの代表的な特徴として、アプリケーションエンジニアにとって作業負荷が大きくなりがちな「インフラ構築」部分に手間がかからない点が挙げられます。小規模なものから大規模なものまで、ダッシュボード上で簡単にインフラのセットアップができて、すぐにアプリを立ち上げられるんですね。

しかもスケールアウトも簡単で「インフラ回りのことをほとんど意識せずに」アプリケーション開発に集中できるのです。

さらに、メジャーな開発言語をほぼすべてカバーしているので、その都度目的に適した言語で開発できます。

機能拡張しやすいのもポイントです。開発の途中で「こういう機能がほしい」と追加の要望が会った時も、アドオンを使えばスピーディかつ臨機応変に対応できて、ゼロベースで作るのが難しい「認証機能」や「検索機能」も、とてもスムーズに実装可能なのです。

ーーHerokuを使って開発をしている企業は多々あるかと思いますが、その中でもタンバリンのHerokuチームには独自の優位性があるのでしょうか?

守屋:タンバリンには、これまでHerokuを活用したサービス開発の実績が豊富にあるので「どんな機能を作れるのか」「どう作るのが最適か」を熟知しています。その知見があるからこそ、お客様の要望をスピーディに「まずは形にしながら」詳細を詰めていける。この点は、大きな強みだと思います。

タンバリンでは、本格的な開発フェーズに入る前段階で要件の大枠を基にデモサイトなどを制作し、認識に相違がないか確認しながら、柔軟に調整していくパターンが多いんです。

クライアントと細かいニーズをすり合わせながら、スピード感を持ってブラッシュアップを重ねていく開発が可能なのは、これまでの実績があればこそだと感じています。

▲クラウドインテグレーション1部 Herokuチーム マネージャー 守屋


濁沼:
こうした開発スタイルもあって、タンバリンのPM業務は「一般的なSIerのPM業務」のイメージとはやや異なるかもしれませんね。通常は先に要件をかっちり固めて、ゴールに向けての工程を管理するのがPMの仕事ですが、当社では「作りながら」決めていく要素も大きいので。

新しい技術や手法も柔軟に取り入れながらプロジェクトをリードするPMの役割

ーーHerokuチームのPMの業務内容について聞かせてください。

濁沼:クライアントのニーズを深いところまで理解して提案し、実際の開発がスタートしてからもコミュニケーションを重ねて、小さな要望まで掬い上げていく。同時に技術的な観点からも考え、クライアントとエンジニアの間に立って、プロジェクトを柔軟にリードする。それがHerokuチームのPMの役割です。

前例のない案件の相談を受けることが多いHerokuチームの場合は、PMの「柔軟な対応力」と「最新技術の理解」が特に重要です。

ーーどんな人がHerokuチームのPMとして活躍できそうでしょうか?

濁沼:まずはタンバリンのPM職として共通の重要なポイントである「タンバリンがどのように『クライアントのビジネスの成功に貢献できるか』を追求する姿勢」「お客様とのコミュニケーションを楽しめること」が大切です。

そして、顧客目線の思考を大切にしつつ、技術的な部分でもキャッチアップを欠かさないことも重要になります。エンジニアとディスカッションしながらより良い「ものづくり」をしていきたい、そんな方にぜひ挑戦してほしいと思います。

これまでHerokuを使ったプロジェクトの経験がない方でも、新しい分野の技術を自分から積極的に学び、吸収していく姿勢があれば、十分に活躍していただけるでしょう。

ーー現在のHerokuチームは全員がエンジニアで、今回が初めてのPM採用となりますね。

濁沼:はい。これまでHerokuチームが担当する案件のPMは、代表の中尾を始めとする経営層や他チームのPMが兼務してきました。

しかし今、Herokuチームの果たすべき役割が大きい「マルチクラウド型プロジェクト」の引き合いはますます増加しています。新規案件に積極的に取り組んでいくため、今回、Herokuチームとして初のPM採用に乗り出しました。

もちろん「チーム唯一のPM」と言っても、いきなり任せっぱなしにすることはありません。各プロジェクトの運営については、経営陣や他チームのPMもサポートします。ですから、あまり構えすぎずに挑戦してほしいと思います。

「次のビジネスに繋がる事例」を作るチームを目指して

ーー今後、Herokuチームをどんなチームにしていきたいか聞かせてください。

守屋:新しい技術や類似の経験がない案件にも、どんどんチャレンジしていくチームにしていきたいと思っています。

一方で「積極的な姿勢」を各メンバーの主体性に任せていると、大きな個人差が出てしまうので、チームとして学ぶ仕組みや学んだことを共有する文化も作っていきたいと思います。
そのためにも、チームメンバー同士で気軽に雑談する機会を増やし、笑顔で相談し合える「場の空気」を作ることを大切にしていきたいです。

今後PMとしてチームに加わる方とも、しっかり話し合いながら「一緒に作る」ことを楽しんでいけたらと思っています。

濁沼:今後のHerokuチームは、新たな技術を使った“日本初”となるようなプロジェクトに率先してチャレンジするチームへと発展していく予定です。Herokuチームの技術的な挑戦や、そこで生まれた成功事例を起点に、タンバリンの「次のビジネス」を創出していくーーそんなチームにしていきたいですね。

その発展には、プロジェクトを率いるPMの存在が欠かせません。「クライアントのビジネスの成功を最新技術で支援すること」にやりがいを感じながら働きたい方に、ぜひジョインしてもらえればと思います。

★HerokuチームのPM募集について、詳細はこちらをご覧ください!

◆東京オフィス

プロジェクトマネージャー
アプリ開発の経験を活かしてプロジェクトを推進するPM募集!
―「つくる」にこだわる、「できる」を増やす― タンバリンは、Salesforceなどのクラウドサービスを活用し、最良のプロダクトやサービスを妥協なく「つくる」ことで、企業のデジタルシフトに貢献する会社です。 プロダクトづくりはもちろん、集客やマーケティング、ローンチ後の運用、組織づくりなど。さまざまな要件に紐づいたプロジェクトで、メンバーの「できる」を増やします。 【特徴/強み】 当社は老舗デジタルエージェンシー「TAM」から独立したスタートアップ企業です。メンバーの平均年齢は30代前半、男女比は3:2。プロジェクト毎に下記のチームから選抜されたメンバーが結集しています。 ◇アカウント&プロデュース部 デジタルシフト実現に向けたプロジェクトを提案・受注する部門。プロデュースチームに加えて、リリース後の運用サポートや改善提案を担うカスタマーサクセスチームを新設しました。 ◇クラウドインテグレーション部 Webやモバイルサービス、ECサイトなどを中心にIoTやAIを搭載したサービス開発を行う部門。東京開発チームと大阪開発チームがあります。 ▼タンバリン開発ブログ/技術はもちろん、組織・チーム、ツール、プロジェクなど幅広いテーマで更新中 https://developers.tam-bourine.co.jp/ 上記の他、CTO直轄で最新プロダクトの研究調査や自社プロダクトの開発を目指すR&Dチーム、組織的な動きや改善などを総合的にサポートするPMOチームがあります。 タンバリンは、アクセンチュアグループの一員となりました。 https://www.tam-bourine.co.jp/news/detail/20211223/
株式会社タンバリン


◆大阪オフィス

プロジェクトマネージャー
マルチクラウドを活用したプロダクト開発に携わるPM募集!@大阪
―「つくる」にこだわる、「できる」を増やす― タンバリンは、Salesforceなどのクラウドサービスを活用し、最良のプロダクトやサービスを妥協なく「つくる」ことで、企業のデジタルシフトに貢献する会社です。 プロダクトづくりはもちろん、集客やマーケティング、ローンチ後の運用、組織づくりなど。さまざまな要件に紐づいたプロジェクトで、メンバーの「できる」を増やします。 【特徴/強み】 当社は老舗デジタルエージェンシー「TAM」から独立したスタートアップ企業です。メンバーの平均年齢は30代前半、男女比は3:2。プロジェクト毎に下記のチームから選抜されたメンバーが結集しています。 ◇アカウント&プロデュース部 デジタルシフト実現に向けたプロジェクトを提案・受注する部門。プロデュースチームに加えて、リリース後の運用サポートや改善提案を担うカスタマーサクセスチームを新設しました。 ◇クラウドインテグレーション部 Webやモバイルサービス、ECサイトなどを中心にIoTやAIを搭載したサービス開発を行う部門。東京開発チームと大阪開発チームがあります。 ▼タンバリン開発ブログ/技術はもちろん、組織・チーム、ツール、プロジェクなど幅広いテーマで更新中 https://developers.tam-bourine.co.jp/ 上記の他、CTO直轄で最新プロダクトの研究調査や自社プロダクトの開発を目指すR&Dチーム、組織的な動きや改善などを総合的にサポートするPMOチームがあります。 タンバリンは、アクセンチュアグループの一員となりました。 https://www.tam-bourine.co.jp/news/detail/20211223/
株式会社タンバリン
株式会社タンバリン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings