Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【開発ブログ開設しました!】情報を享受するだけでなく、誰かの役に立つ存在でありたい/CTO 狩野裕介&PMOチーム 松尾浩志

2019年11月、タンバリンは開発ブログを始動しました。エンジニアを中心とした開発チームのメンバーが調べたことや思っていること、イベントレポートなどを発信しています。開発ブログは世の中に数多くあり、タンバリンのメンバーもそれらの恩恵をこれまで受けてきました。だからこそ「今度は自分たちが役に立ちたい」と語り、運用をリードしている狩野裕介と松尾浩志に聞きました。

目次

  1. プロフィール
  2. 純粋に、自分たちがやっていることをカジュアルに発信する場所が欲しかった
  3. 会社のブログだけど義務じゃない。だから無理強いはしない
  4. 情報を享受するだけでなく、発信する側でもありたい

プロフィール

狩野 裕介 / Yusuke Kano(写真:右)
株式会社タンバリン
CTO / クラウドインテグレーション部 大阪開発チーム マネージャー

HTML、CSSの制作やFlashによるインタラクティブなコンテンツ制作を数年間経験した後、エンジニアへ転身。Herokuを利用したPHP、Laravelのアプリ開発、Salesforceを利用したAPI、システム開発などバックエンド全般に携わる。現在はCTO 兼 クラウドインテグレーション部の大阪開発チームマネージャーとして、エンジニアが楽しくやりがいを持って働ける環境の構築と、チームの生産性向上のために日々奮闘。
Twitter @usk
松尾 浩志 / Hiroshi Matsuo(写真:左)
株式会社タンバリン PMOチーム

新卒でSIerに就職し、エンジニアとしてWeb制作会社を数社経験後、株式会社TAMのCTOに就任。2017年からタンバリンに参加。PMOチームとしてプロジェクトのプロセス改善やチームビルディング、アジャイル開発の推進などに携わりながら、フリーランスとしてスクラムマスターや開発現場向けコーチングも行っている。認定スクラムマスター資格保有。社外コミュニティ活動として「スクラム道関西」にスタッフとして参加している。
Facebook

純粋に、自分たちがやっていることをカジュアルに発信する場所が欲しかった

――開発ブログを始めた目的を教えてください。

狩野:正直、特別な目的があるわけではないんですよ。以前から、開発チームが発信する場所があったほうがいいよねという共通認識がみんなの中であったので構想だけはずっとあって。なかなか進まなかったのですが、ようやく立ち上げたのがこのタイミングなんです。

そこに目的を見出すとしたら、自分たちがやっていることを発信して知名度を上げるという広報的な役割を果たすことになるのかもしれない。でも、もともとは気軽に自分たちの情報をカジュアルに発信できる場所が欲しかっただけという感じですね。

松尾:もちろんメンバー全員が「発信したい」という想いを抱いているわけではないと思いますが、以前からタンバリンの開発チームには、Qiitaにエンジニアリングに関する知識を投稿している人が多くて。だったら、会社としてひとつのブログを持つという選択肢もあると考えました。

――どのような記事を投稿しているのですか?

狩野:自分たちが調べたことや思っていること、参加したイベントのレポートなどですね。タンバリンのような受託会社は、中の人が何をやっているのかを知ってもらう機会があまりありません。それをこの開発ブログでお知らせしたら、これから仲間になるかもしれないエンジニアにとっても参考になるのではないかと考えています。

松尾:ブログの読者はエンジニアを想定していますが、掲載している情報は開発だけではありません。開発者が普段使用していて、尚且つコードが書けない開発者以外の方も使えるツール紹介なども行っています。

メールを受信したら Trello のカード化する、ほか Trello 小ネタ集 - タンバリン開発ブログ
タンバリンの松尾です。 Atlassian のTips紹介 Advent Calendar 2019 の 14日目の記事です。 みんな大好き Trelloの小ネタを、いくつかまとめて紹介させていただきます。 タンバリンでは社内向けにはほとんどメールを使っていません、外部とのやりとりで必要な時のみ、といった感じです。 なので メーラー を開く機会自体が減ってはいるのですが、それでも外部サービスからの通知など、見落としたら困るメールというのはあります。それを Trello のカード化してしまおう、という作戦。
https://developers.tam-bourine.co.jp/entry/2019/12/14/000000


WebP画像をJPEGやPNGに変換しなきゃ!なときには... - タンバリン開発ブログ
「現行サイトから画像とってきてー」 と言われること、よくありますよね。 いざ現行サイトをみてみると、 「...WebPだ」 JPEGでも PNG でもない。ローカルで表示されないので、作業がとてもしづらい...。 そんなとき、手段は色々あるようです。 Chrome で画像を右クリックして「新しいタブで画像を開く」「画像パスを保存」で表示されるURL、末尾が「-rw」がついているそうで、それを外すと元の形式で表示される。 という話がちょっと前まであったようですが、試してみたらムリでした。 Google 側で
https://developers.tam-bourine.co.jp/entry/2019/11/20/114310

例えばこれらの記事は、エンジニア以外でも試しやすい小ネタも入っているので、参考になる方も多いのではないでしょうか。そもそも開発ブログは上から順に全て読むものではありませんから、自分が参考になりそうな記事を見付けて好きに読んでいってもらいたいですね。

会社のブログだけど義務じゃない。だから無理強いはしない

――タンバリンの前身のTAMでも、松尾さんは開発ブログ「Tips Note」を1年以上運用していたんですよね。その時に心がけていたことがあったら教えてください。

松尾:「押し付けない」「大作を書こうとしない」「締め切りを設ける」の3つです。

まず「押し付けない」。最初は当番制で全員に書いてもらっていたのですが、「どうしても嫌だ」という人には無理強いしませんでした。無理にやってもらうのはちょっと違うなと思ったので。

次に「大作を書こうとしない」。書く気はあるのに大作を書こうとして挫折している人がいたので「小ネタでいいんですよ」とアドバイスしたことがありました。ネタがなくて困っている人には「最近Googleで検索したり人に質問したりして解決したorされたことはありますか?」と質問してネタ出しを手伝っていましたね。

そして「締め切りを設ける」。これは単純な話、人は締め切りがないとやらないから(笑)。ガチガチに厳しく設定していたわけではありませんが、ある程度「この日までに書いてね」とメンバーに伝えていました。

――この3つを心がけていた理由は何ですか?

松尾:開発ブログで一番避けたいのは「更新がない」という状況です。開発ブログに限らず、とりあえず開設したけれど記事の更新がないブログやWebサイトって世の中にはたくさんありますからね。3つの心がけは「続ける」ための工夫です。タンバリンの開発ブログも今後はローテーションを組んで運営していく予定ですよ。

狩野:幸いタンバリンはアウトプットすることに抵抗のないメンバーが多いのですが、やはり無理強いはしたくありません。やりたい、やってもいいと思える人たちとローテーションで運営していければと思っています。

2019年11〜12月は自発的に手をあげてくれた人に書いてもらったり、こちらから軽く「書いてくれない?」とアルバイトやインターンの学生にも声をかけて書いてもらっていました。けれどこの形式で継続するのは現実的ではありません。なので2020年2月からはローテーションにして、2週間に1本程度のペースで更新していける体制にしたいですね。その合間で「書きたいことがある」と言ってくれた人には随時書いてもらうつもりです。

情報を享受するだけでなく、発信する側でもありたい

――2人が個人的に今後描いてみたいことを教えてください。

狩野:私は今、仕事内容的にエンジニアリングから離れていて、マネジメント系が多いんですね。なので1on1やエンジニアリングマネジメントなど、社内の取り組みや個人的な取り組みを記事にしたいです。

松尾:私も狩野さんと同じくプログラミングから少し離れているので、マネジメント系は書きたいですね。あとは開発ブログの鉄板、新しい技術が出た時の「ちょっと試してみた」記事もやりたいです。

――今後、開発ブログをどのように展開していきたいですか?

狩野:今は開発チームしか記事を書いていないので、今後は他のチームのメンバーにも書いてもらいたいですね。違う視点の記事が入ることでいい刺激になると思います。

松尾:エンジニアってとにかく調べまくる人たちなんですね。エラーが出たときや新しい情報が出たときは、公式なドキュメントに当たることはもちろん、他にも色々なワードでググって調べまくるんです。その時に誰かのブログを見つけて助かった、勉強になったという経験は、エンジニアなら1度や2度じゃないはず。だからこそ自分たちも、情報を享受するだけでなく誰かの役に立ちたいと思っています。

もちろん単純にタンバリンのことを知ってもらうという広報的役割も重要だけど、エンジニアの会社としては、そうやって助け合える存在でいたいんです。

狩野:まだ開設したばかりでコンテンツが多いとは言えませんが、少なくとも盛り下がらないように、今後も地道にコンテンツを増やしていくつもりです。なのでぜひ興味のある方は定期的にチェックしてください!

★少しでも興味をもってくださった方は、ぜひフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。

株式会社タンバリン's job postings
【開発ブログ開設しました!】情報を享受するだけでなく、誰かの役に立つ存在でありたい/CTO 狩野裕介&PMOチーム 松尾浩志
Masayoshi Ogita
株式会社タンバリン /

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more