1
/
5

フルリモートsweeepの社員が日々利用しているサブスクをご紹介。

フルリモートだと朝から外に一歩も出ていないということが起こったり、オンライン会議が一日に何度もあるので画面に映る自分自身が気になったり・・・みたいなことってよくあると思います。

今回は、フルリモート企業の社員ならでは(?)の利用サブスクリプションサービスを一部ご紹介。

外部リソースをうまく使って家庭との両立をはかったり、在宅勤務の毎日をより楽しむための工夫をしている様子を直接聞いてみました。


▼料理のサブスクリプション

つくりおき.jp(手作りお惣菜の宅配サービス)

利用社員:Aさん(開発チーム・女性)・Bさん(セールスチーム・女性)

料理は専任のシェフが手作りし、ひとつひとつ容器に詰めたものを週1回お届け。週3食プランまたは5食プランから選べます。安心安全の、栄養価の高い旬の食材を使っているのでお子様にも安心。毎週のメニューは決まっているので、届けてもらう日時だけ決めればあとは届くのを待つだけ。

Aさん:在宅勤務で通勤が無くなると、会社帰りに駅前のスーパーに寄って夕飯のお惣菜を買う、ということが無いので、このサービスは有難いです。平日はフルタイム勤務で忙しいので、つくりおきjpの料理を食卓に並べることが多いです。朝はパンとフルーツにつくりおきjpの副菜(サラダ系)を1品足して。昼はつくりおきjpの主菜と副菜を1品ずつ。夜は、白飯と味噌汁は用意して、おかずはつくりおきjpから何品か並べてます。味も美味しくて、おつまみになる料理も多いので夫も満足。からあげ、ハンバーグ、グラタンなんかが入っていると子供も大喜びです。副菜が多いので食卓に並ぶ品数が楽に増やせるし、野菜が多いのもいい。冷蔵で届けてくれるからレンジで温めても美味しい。あと、量の割には値段が安いと思う!


nosh(ヘルシーで低糖質の食事宅配サービス)

利用社員:Cさん(コーポレートチーム・女性)・Dさん(開発チーム・女性)・Eさん(開発チーム・男性)

健康に配慮して設けた独自の栄養価基準(糖質30g ・塩分2.5g以下)で、手軽でヘルシーな冷凍弁当としてお届け。継続的に新メニューが登場、60品の食事・スイーツから自由に選べます。6食、8食、10食から選び、配送頻度も1週、2週、3週と選べます。

Cさん:平日のランチ用に注文してます。フルリモートだと朝から一歩も外に出ないことがあったり、午前中の座り仕事で肩や腰が痛くなることもあるので、1時間の昼休憩中に外を軽く散歩したり部屋でストレッチする時間も取り入れたくて、そうなると食事時間は30分未満で済ませたい。お弁当なら近所どこでも手に入るんですが、より健康的なもの且つ味のレベルも求めた結果、noshに行きつきました。塩分控えめで低糖質だとどうしても味に満足いかないことが多いんですがnoshは美味しい!

Eさん:平日は普段あまり昼ご飯を食べないんですけど、たまに食べたくなるので、その時のために冷凍庫に入れてます。


▼洋服のサブスクリプション

airCloset(レンタルサービス)

利用社員:Fさん(開発チーム・女性)

洋服のレンタルサービス。洋服を借りて、返す。気に入れば買い取りOK。最初に無料診断をしたら、診断結果を元にスタイリストがセレクトし、洋服が届く。プランは3種類で、1回のお届け数は3点または5点。アイテムの交換が無制限のプランも有り。

Fさん:実は利用を始めたのは前職の時で、その頃は毎日出社でお客様とお会いすることが多かったのと、子供もまだ小さくゆっくりショッピングする時間が取れない、という理由で利用していました。その後sweeepに入ってからも続けてたけど、緊急事態宣言で外に出られなくなってからはプランを落として続けてました。サービス利用を3年も続けてると、気に入らない物はもう届かないですね。好みやフィット感、サイズなどもうアンマッチはない。最初の頃は、好みに合わない、サイズやシルエットが気に入らない物が届くこともあったけど、毎回フィードバックをしっかり伝えれば次回から精度が上がっていったのでスタイリストさんを信頼できました。

続けている理由は、在宅勤務なので会社帰りにショッピングすることがなくなったということと、在宅勤務になってから、ファッションを家族に褒められなくなったこと。会社に出勤してた頃は服も外出用のものを着て出かけていたので、主人や子供から「今日の服いいね」「似合ってるね」なんて言ってもらうこともあったけど、ずっと自宅だと外出用の服を着ることはあまりないのでそんな言葉を掛けてもらうことがなくなった。でもエアクロの服を着ると「その服、新しいね?似合ってるじゃん」と言われることがあり、朝のちょっとしたことだけど、結構嬉しくてハッピーに1日が始まるんですよね。


DROBE(スタイリングサービス:買い取り)

利用社員:Eさん(セールスチーム・女性)

洋服のスタイリングサービス。レンタルではなく買い取り。好みのスタイルや体型、予算等のプロフィールを入力し、それを元にスタイリストが似合う商品を選んで自宅にお届け。1回のお届けは5着で、お届け頻度は2週間~3か月まで選べる。届いた商品の中から気に入った洋服だけを買い取り、気に入らなかった洋服を返却する。毎回スタイリストへのフィードバックを行い、スタイリングの精度を上げていく。料金はスタイリスト料(¥3,190(税込)/1回につき)と買い取った洋服の料金。

Eさん:元々自分で洋服を選ぶことにあんまり自信がなかったんですよね。以前はFさんと同じエアクロを使ってて、自分で上手く選べないタイプなのでこういうサービスはいいなと思ってました。ただ、頻繁に服を新しくしたいとは思っていなくて、エアクロのように毎月3着5着色んな服が届くより1シーズンごとに何着か服が新調できればいいな~というタイプなので、他のサービスを探してみて見つけたのがこのDROBEでした。 フルリモートなのでオフィスには行かないけど、でもzoomを使った打ち合わせは毎日やるし、身なりがどうでもいいわけではない。たまたま、よくZoomでMTGをするFさんがいつも綺麗にされているので、やっぱりいくらPC画面を通したコミュニケーションであっても画面に出るからにはちゃんとした格好をしよう!と思って、このサービスを利用し始めました。 zoom会議がメインなので上半身が特に重要(笑)!ということでスタイリストさんにはいつもトップス中心に選んでもらってます。私は3か月毎のプランにしてますが、最近では11月中に冬服が届いて、5着届いた中で3着買い取りました。残り2着は「気に入った!」ほどではなかったので返却しました。やっぱり新調した洋服を着ると気分が上がるしZoomの画面の自分にほんの少しだけど自信がつくというか、「よし、ちゃんときれいな服着てる!」と思えるので、こういう小さなことの積み重ねって必要かななんて思ってます。

フルリモートだと「会社帰りに~~」が全くないので、その代わりになるサービスを利用するというのは自然な流れだなと思います。

コロナ感染が広まってからすでに2年が経とうとしていますが、リモートワーカー向けのサービスも随分増えたなという印象です。弊社の社員はそういった新しいサービスへの感度が高く、その情報を社内でシェアする文化もあるので、社内口コミで利用者が広がることも。

今後もフルリモートに関連した情報を発信していきますので、この働き方に興味がある方は是非sweeepをフォローしてくださいね!

sweeep株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from sweeep株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?