1
/
5

What we do

受取請求書クラウド - sweeep
サービスLP
▼請求書自動化AI「sweeep」 私たちは、AI-OCRと機械学習を用いて受取請求書の経理業務を劇的に効率化するサービス「sweeep(スイープ)」の開発・運営を行っています。 sweeepは毎月の煩雑でアナログな企業の請求書処理を自動化することで、経理担当者の負担を大幅に軽減するサービスです。 受取請求書の経理処理は、従来のクラウド会計ソフトや経費精算システムではOCRの読み取り精度が低く、効率化に繋がりませんでした。 これだけIT化が進んだ現代で信じられないかもしれませんが、令和の時代になっても紙を使った手作業が多く残る業務です。 弊社では、請求書に特化した独自のAI-OCR技術により、これまで難しかったフォーマットの自動認識を実現し、様々なレイアウトの請求書を高精度で且つ100枚3分のスピードで読み取ることが可能。さらに搭載AI-OCRが読み取った情報から仕訳の自動判定と登録、振込データの自動作成を行います。仕訳、振込以外にも帳票としての保管・管理、過去仕訳との比較、承認、源泉税計算など、請求書にまつわる全ての業務をワンストップで提供し、業務効率化を実現しています。 また、withコロナの現代において、経理部門でのリモートワーク推進が企業の課題になりました。 sweeepを利用すれば請求書処理のための出社がなくなるため、IT、人材、不動産、広告、会計事務所など、業種を問わず、また大企業から中小企業まで、幅広い企業様からご反響をいただいています。 ▼我々が目指す3つの世界 sweeepを使う事で紙の処理によるあらゆる負担がなくなる、これだけでも経理部の方々にとっては大きな課題解決になるはずですが、我々はその先も描いています。 それらを3段階に分けて、実現を目指しています。 第1ステップが「紙をなくす」 第2ステップが「電子的なやりとり」 第3ステップが「決済ストレスゼロ」 目指す社会像として、この3つの段階を社員にも示しています。 OCR機能さえ不要になり、電子的なやり取りで取引が完結する第2ステップ。 もう一歩進んで物の移動とともにお金が移動する、請求書も請求行為自体もない世界が第3ステップです。 請求行為自体がなくなるなんて、あなたは信じられませんか? もちろんここまで到達するには、製品だけの問題ではなく商習慣の改革も必要なので、容易なことだとは思っていません。 ですが、紙をなくし、全てが電子的なやりとりになれば、実現は可能だと我々は考えています。

Why we do

代表取締役CEO 村山
非定型レイアウト対応の独自OCRエンジンを開発
代表である村山は、10年以上にわたりバックオフィス領域のコンサルティング経験があり、その中で書類からシステムへの転記、システム間の連携、報告資料の作成など多くの自動化されていない企業の定型業務を目の当たりにしてきました。その中でも特に「受取請求書の処理」は多くの企業を悩ませているにも関わらず、システム化が難しい業務でした。 企業には毎月大量の請求書が送られてきますが、ほとんどの請求書は月末に一斉に郵送されてきます。受け取った部門が経理部に回覧し、経理担当者が一枚一枚を見ながら会計システムに仕訳記帳、そして帳票をファイリングしてキャビネットに保管と、非常に手間と時間のかかる業務です。しかし決算スケジュールはタイトになる一方で経理部門への負担は増すばかりで、人材不足、残業時間の増加に頭を悩ませてきました。 こうした課題に対して、最新の画像認識技術と自然言語処理技術、更に機械学習を組み合わせることで業務効率化を実現するサービス「sweeep」を開発しました。 2018年リリース当時は同業者はおらず、受取請求書の自動化といえばsweeepだけでした。その後、2020年にコロナ感染が広がりバックオフィスのリモートワークの遅れが問題になると、一気に参入が相次ぎました。 2020年にDeepworkさんのinvox、SansanさんのBillOne、2021年にはLayerXさんも同様の製品を出されています。BillOneの登場は、大企業がそれまで主力であった紙媒体の事業から電子化の事業へと軸足を移すという、時代の変化を象徴する出来事と感じました。 請求書に限らず、多くの場面で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉も使われるようになりました。政府が積極的に企業に向けてアナログからデジタルへ移行するように促していることも関係しています。請求書の電子化サービスの盛り上がりも、こうした政府の取り組みに後押しされてのことです。 また、電子帳簿保存法という、請求書処理と切っても切れないこの法律とも関係があります。この1年で大幅な法改正が行われ、紙での保管を問わないばかりか電子への移行が推奨されるようになりました。このことで請求書の受け取りが紙である必要もなくなり、サービスが生まれやすい土壌が出来上がったわけです。 市場の移り変わりとともに、お客様であるユーザ側にも変化がありました。 まずは、システム導入に対する「意識の変化」です。それまで経理部はどちらかというと、変えることを厭う側面があったと思います。毎月締切があり、ミスなく正確に間に合わせようとすると、どうしてもやり方を変えることに躊躇してしまいます。 しかし、今の経理部の方にその傾向はありません。業務フローを変える前提、もしくはシステムに業務フローを合わせる前提でサービスを選ぶようになりました。ここは大きな違いです。 もとより、システムを選ぶ段階から変わりました。これまでは、パンフレットを取り寄せ、対面で営業担当者からの説明を何回か受け、検討をする、という段階を踏んでいたのが全てオンラインで完結するようになりました。 弊社含めSaaS製品を提供している企業にとっては、ずいぶんと前よりもお客様へのアクセスがしやすくなったのではないでしょうか。 それと関連して、次に変化を感じているのは弊社のシステムを検討していただくお客様の「業種の変化」です。 IT企業や広告業などの日常的にフロントでITを利用している業種よりも、最近では対人でサービスを行う業種のお客様のご利用が多くなってきています。具体的には不動産、建設、理美容室、ホテルといった業界の方々です。 また規模も様々で、大企業だけでなく中小規模のお客様へも裾野が広がってきています。売り上げはリリース以降、順調に伸びています。

How we do

撮影場所:WeWork渋谷スクランブルスクエア
メンバー写真
▼メンバー(2021年10月時点) ※正社員・業務委託・パート・インターン全て含む 開発チーム 15名(web・mobile) 営業チーム 11名(フィールドセールス・インサイドセールス・カスタマーサクセス・カスタマーサポート・マーケティング) コーポレートチーム 4名(広報・人事・経理) 役員 1名(社長) ▼フルリモート・フルフレックスの柔軟な働き方 「働くを楽しく」のビジョンを社内でも意識しています。非合理的なルールを排除し、場所・時間・慣習に縛られない働き方を行っています。地方在住、海外在住、プロジェクト単位の複業コミットなど、さまざまなメンバーが在籍しています。 2020年にコロナ感染が広がった後、リモートワーク制度を取り入れた企業は一気に増えましたが、フルリモートワークOKとしている企業はまだ少ない印象です。弊社では「個々人の生産性が最も発揮できる環境で仕事をして欲しい」という代表村山の想いが反映されていて、フルリモートワークでも問題なく業務が進む仕組みが設計されていますので、個人の様々な事情や人生の選択にフィットする働き方が実現出来ます。そのうえで、自由と責任をバランスさせながら生産性を最大限高められるよう皆、努力しています。 ▼利用ツール(全社共通) Google Workspace・Slack・Zoom・Notion・Gather Townなど ▼組織風土 個人の事情や選択を重視します。能力、思考、選択、判断といった仕事上での個人のスキルや特性だけでなく、プライベートな事情への理解も深いです。すでに在籍するメンバーに多様性があること、また、このVUCAな時代、これからますます仕事も生き方も多種多様に選ぶ人が増えていくことを想定し、個々人を尊重する風土が出来上がってきました。 また、主体的に仕事に取り組む姿勢も重視しています。そのため、仕事の幅を限定せず新しいことにもチャレンジできる精神が求められます。積極的に権限委譲が行われるため、ハードルは高いですがどんどん成長をしていきたい方にとっては申し分ない環境です。