1
/
5

営業職からスマテンへ!ISメンバー齋藤さんにインタビュー!「スマテンで得られること」とは...?

こんにちは!
社内広報を担当しております大澤です!
インタビュー第十三回目は、ISメンバーの齋藤さんにインタビューです。「スマテンで学べること」についても語っていただきました!

ーそれでは、自己紹介をお願い致します!

齋藤義希と申します。宮城県女川町出身です。
今年二五歳になります。今は東京都目黒区に住んでいて、奥さんともうすぐ二ヶ月になる娘がいます。
経歴は、高校卒業後に陸上自衛隊に四年間入隊して、東京に上京をするために辞めました。
その後、某営業会社で営業を二年経験しましたが、時間の拘束が長く、家族と過ごす時間を増やしたくて転職を決意しました。
実はスマテンは一年ぐらい前から気になっていて、転職を決めてすぐにスマテンの面接を受けました。

ー営業のご経験があるということで、頼もしいですね。
スマテンでは現在どのようなことをしていますか?

インサイドセールス(IS)を担当しています。主にテレアポがメインです。
前職でも営業を経験していたので、はじめは前職の経験を活かしていこうと思ったのですが...なかなかうまく行かない日もあります。でも、スマテンでは新しい発見が沢山あるのでやりがいがあります。営業職は自分が思っていたよりも深くて難しい分野で、今は本で勉強したり、ISメンバーの皆さんから沢山のことを学ばせていただいています。

ー前職とはまた違う営業の難しさを感じていらっしゃるのですね。
実際に入社してみてスマテンの印象はいかがでしょうか?

以前と同じ職種ではありますが、スマテンでは営業について学べることが多いです。藤野さんは知識が豊富で、僕はもっとロジカル的に考えることについて教わりました。
アポの獲得率が低い週があったりしても皆さん優しい言葉をかけてくださいますし、本当に人が温かくて、上下関係の垣根を超えて相談できるので仕事がしやすいです。
それと、チームワークを大切にする会社で、みんな同じ方向を向いて努力しているのでモチベーションが保てますね。

ー本当に皆さん温かくて、私もスマテンメンバーに巡り会えたことに感謝しています。
齋藤さんは、現在リモートワークをされていますか?

そうですね。何回かオフィスに行ったこともありますが...現在はほとんどリモートワークです。
リモートワークについては、コロナウイルスの影響もあって在宅ワークが増えているので、いまの世の中にすごく合っていると思います。
特にスマテンはいい意味でオンオフがしっかりしていて、縛られない仕事スタイルが僕にはあっています。

ーオフはしっかり休む!ことも大切にしている会社ですよね。
今後スマテンでの目標と意気込みをお願いします!!

まだまだ消防や営業について学ばなければいけないことが沢山あるので、毎日を大切にして、成長していく必要があると思っています。
いま消防団や予備自衛官にも入団していて、身体を使っていろいろな方面から知識を得たり、その中でたくさんの人と関わってコミュニティを増やして行きたいと思っています。
そうやって努力しようと思わせてくれるスマテンで、営業職のスペシャリストとして活躍することが目標です!

ー今まで以上に成長していくために努力を惜しまない斎藤さんの熱い姿勢が伝わってくるインタビューでした!これからもスマテンで挑戦しつづけ、更に活躍していくことを楽しみにしています!
斎藤さん、ありがとうございました!!
株式会社スマテン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more