1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

リモートインターン生が、事業合宿に参加して感じたニットらしさ

こんにちは、ニットインターン生の松山です!

今回、インターン生としてニットの合宿の企画運営・参加をしました!!

去年の1月頃から、リモートインターン生として働き始め、まだまだ分からないことも多い中でも合宿の運営や参加という機会に挑戦させていただきました。

さらに今回はコロナの影響もあり、全員オンラインでの「リモート合宿」というニット初の取り組みでした!そんな合宿の様子を、学生目線でお届けします!

<目次>

■そもそも合宿ってどんなことするの?
■1日目 -振り返りと計画-
■2日目 -部署バラバラのフィードバック!!-
■合宿の締めは、リモート飲み会🍺
■まとめ -ニットで働いて感じること-


■そもそも合宿ってどんなことをするの?

ニットは年に2回の合宿を実施しています。

合宿の内容は、各回の運営メンバーが決めますが、ミッションやお互いの価値観を深める時間となることが多いそうです!!

過去の合宿に関わる記事はこちら!↓

裸の付き合いしようよ!1泊2日ニット合宿
海外リモートワークから帰国して、合宿に初参加。2日一緒に過ごして大切にできるようになった相手の価値観。


今回はニットの事業にフォーカスした合宿を実施しました。

ニットはビジョン・ミッションの実現に向けて動き続ける、ベンチャー企業。

理想へ向かうための、事業の大きな変化に向けて、全員が走り出すための時間としました。

(難しい議論が起こるのかなぁ...と不安になりながら。)

(合宿メンバーとのMTGの様子。)

■1日目 -振り返りと計画-

1日目は過去の振り返りと、半期(上期)の計画を行いました!

僕は、振り返りは春休みの間活動していた広報チームに、計画は現在活動しているPSチームに参加しました。

特に振り返りの時間は、自分のやってきたことを改めて省みることが出来たとともに、それから数ヶ月でニットがTVで紹介されたことや、東京都でセミナーを行ったことなど、確かなニットの進歩を感じられました。

「Nスタえひめ」で(株)ニットのテレワーク研修の様子が紹介されました。
東京テレワーク推進センターのテレワークセミナーにてニットの事例を紹介!

この時間で印象的だったのは、振り返りのまとめ。

「やっぱり、広報で世界を変えたい...!!」という、美佳さん。

これは僕らが広報を進めるとき、「まだ世の中に伝わってない情報を届けて、働き方や生き方などを変えていきたい」と、口にしていた一つのスローガンのような言葉です。

やっぱり、「この会社はアツいな...!!」と改めて感じた瞬間でした!


そして計画の時間では、2時間で半期のことを考えていきました。

学生として普段聞けないような売り上げの計画から、組織作りまでしっかり話し合います。

そして何より、2時間で考えていくスピード感に驚きました。

(本気で考えると、こんな表情になる瞬間も。)


ここでも、一人一人が何をしたいかという意思が強く伝わります。

社会人になっても、心を込めて、仕事を通して何がしたいか伝えられる大人って格好いいなと思います。ニットはそんな人たちばかり。

そう感じていたところで「子供の迎えで抜けます〜><」と岡川さん。

子育て、家事、仕事を両立させている社員さんも多く、尊敬しかないです...!!

そんなこんなで、ハイスピード、高濃度で一日目が終わりました!

■2日目 -部署バラバラのフィードバック!!-

2日目は、部署バラバラのチームでお互いに意見をし合う時間からスタート。

(このアイデア、原案は僕です!!と声高々に言いたい。)


僕は、社長の秋沢さんから経営計画を聞けるチームに。

もちろん難しい話も多かったですが、「松山くんは聞きたいことある?」とファシリテーションしてもらい、「この施策はメンバーにメリットありますか?」「その情報はメンバーに発信していけば、モチベーションにつながると思います!」など、いくつか質問や提案をしました。

ちょっと内気な僕としては、時間を取って、かつ少人数だからこそ、議論に入りやすかったです。

そして、他の部署の目標達成のための計画を聞き、考え方を知った学びの深い時間になりました。

そして、それぞれのFBを持ち寄って計画を修正...

広い視点で練られた計画が出来たのではないかなと思います!


合宿の最後は、秋沢さんのプレゼン。

全員で、ニットの目指す未来について話を聞き、次の半期に向けて想いを高めました。

(力強い秋沢さんの言葉。)


これにて合宿は終了。。。ではなく、僕企画の飲み会が...!!

■合宿の締めは、リモート飲み会🍺

ニットといえば、リモート飲み会といって過言ではない?でしょう。

そんなニットで、これからの半期を頑張るための合宿の、締めとしての、飲み会。

そんな大一番を任せてもらいました。(朝起きたときからずっと緊張してました...)

まずは、乾杯から!


パレスチナの話や、お子さんが登場したりなど、空気が温まったところで...

松山プレゼンツの企画!「マジョリティ・パーティ」を実施。

しかし、ここで大失態。なんとルール説明に数十分かかりました...

準備が甘かったー!と焦りながらも、みなさんにも明るく盛り上げてもらいました。


これは、ハイリスク・ハイリターンな選択を、選ぶかどうか多数決をとるゲームです。

このゲームを通して、みなさんの性格や考え方を楽しみながら知りました。

(暴露しすぎた人も...?)


大人になっても、仕事も遊びも全力なんだなぁ...と感じました。

(真剣なあまりに、ルール説明に時間がかかったんですが。。。笑)

飲み会前も、飲み会中も、飲み会後も、「頑張れー!」「楽しかったよー!」とあたたかく声をかけていただきながら、なんとか無事に飲み会は終わりました。

■まとめ -ニットで働いて感じること-


合宿に参加して、事業や会社を良くするために考える密度やスピードを感じました。

そして何より、仕事を通してビジョン・ミッションや、自分の想いを形にしていきたいという熱を強く感じました。また、社員さんの日常やあたたかさを感じたからこそ、みなさんをより尊敬できた2日間でした!

そんな機会に、参加とチャレンジをさせてもらえたことがとても大きな経験になりました!

これまで約半年ニットでインターンをしてきましたが、ニットではさまざまな働き方のロールモデルを目にすることが出来ました。海外在住で働く人、アドレスホッパーとして定住せず働く人、複業する人、主婦でありながらバリバリ働く人...

そうした人たちに共通していることは、「自分で選択したこと」です。

仕事だけを頑張りたいなら、もっと良い環境で働くことができると思います。

しかし、みなさんは自分の生き方を大事にした上で働き方を選択していますし、自分の意思で選んでいるからこそ想いやパフォーマンスが伴っているのだと感じます。

そんな「自分事」だからこそ、想いやエネルギーが溢れ、周りを巻き込む推進力になるのだと思います。

意思や意見を持てば、チャレンジさせてもらえる。

仕事だけを頑張りたい、もっと良い環境で働くことができると思います。

以上、あたたかくも、挑戦的なニットから松山がお送りしました〜!

株式会社ニット's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more