Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「まなび」で視野が広がる。なりたい自分に近づける――実感したこの喜びを、もっと多くの人に伝えていきたい。

【社員紹介#07】 マーケティング 村瀬絵美

こんにちは!ブランディング&マーケティング担当の小坂です。

現在、Webマーケターとして広告運用全般を担っているのが、入社2年目の村瀬絵美です。金融機関での営業職や役員秘書など多様な経験を持つ彼女が、2度の出産を経て、ジョインしたのが弊社でした。

「まなび」に関わる業務を通して、結婚や出産を機に抑えがちだった“自分らしい生き方”を再確認することができたという村瀬。現在の業務内容から仕事観、家族のことなど幅広く話を聞いてみました!

仮説も結果も“数値”がすべて。センスと想像力が試されるWebマーケティングの仕事

―村瀬さんといえば、社内で“エクセル先生”と呼ばれるほどのエクセルマスター、というイメージです。これまでさまざまな職業を経験していますが、このスキルはいつ身につけたんですか?

前職のWeb広告代理店時代です。その会社にはもともと役員秘書として入社したんですが、1度目の育休を経た後、自分の希望で経営企画部に異動させてもらって。エクセルは業務上、必須スキルだったので、多くのトライ&エラーを繰り返し、マスターしました。

ストリートアカデミーには“未経験のWebマーケター”として入社しましたが、前職も似た業界だったので、共通するスキルや考え方があるように感じます。そうは言っても、専門的に取り組むと、あらためて深みのある仕事なんだなと実感する毎日です。

―Webマーケティングのどんなところに魅力を感じていますか?

私の仕事はおおまかに言うと 、

(1)『ストアカ』を知らない人に、存在自体を「知ってもらう」
(2)すでに知っている人に「思い出してもらう」
(3)サイトに訪れてもらった際、知りたい情報にいち早くたどり着けるよう導線をつくる

という3つのフェーズで各施策を行うこと。具体的には、Web広告運用やサイト内の特集記事の企画などをしています。PV数やサイトの滞在時間などを基に仮説を立て、施策を実施するのですが、それが難しくもあり、面白くもありで。数値を見る感性も試されますし、結果がダイレクトに数字として出てくるので、常に緊張感がありますね。

(3)を例に話すと「この人は80秒間も講座詳細ページ⇔トップページをうろうろしていたけれども、どんな講座がいいのか迷っていたのかな?」と仮説を立てる。その解決策となるのが、導線作り、つまりユーザーの関心に合わせたオススメ講座を紹介する特集ページの設置になります。現在、100以上の特集ページが用意されているので、導線としてトップページにバナーを出す内容・タイミングを検討したり、必要に応じて新しい企画を練ったり。

ストアカのメインユーザー層と自分の年齢が近いこともあって、「時短メイク」や「作り置き料理」など、自分の日常生活でほしい情報を企画したこともあります。

―WEBマーケターへのジョブチェンジがマッチした感じですね。

アドテクを学び、仕事に活かしていくことが今一番楽しいです!

仕事を一旦セーブしようと、週3日の派遣社員からスタートしたのですが、だんだん楽しくなってきたので、結局週5日勤務にしてもらって。その後社員になり、任せてもらえる領域がぐんと広くなってますますやりがいが持てるようになりました。

経験不足で想像力が及ばず、落ち込むことも多々あります。でもその一方で、過去に培った知識を新しいスキルへと膨らませていく充実感は、代えがたいものがありますね。

仕事でのスキルアップも豊かな暮らしも「まなび」があってこそ

―業務スキルを上げるために、『ストアカ』の講座を活用したそうですね。

「Googleアナリティクス」やデータ分析の基礎知識など、仕事に直結するもののほか、自分の意思をしっかり伝えるための「ロジカルシンキング講座」も受けました。「どんな恥をかいてもいいから、今の自分をさらけ出して、しっかりスキルを身につけよう」という気概で臨んだら、先生もそれにしっかりと応えてくださって。度重なるダメ出しが非常にありがたかったです。

『ストアカ』は単発講座がベースですが、私のように何度も通う受講者もいて。その人たちとはお互いの悩みを打ち明けあう「クラスメート」のような関係になりました。

―ちなみに、最初に受講した講座は何だったんですか?

鳥山真翔先生の「美顔ボイトレです!歌いながら、表情筋を鍛えていくという講座なのですが、楽しい中に厳しさをもって指導してくれる。受講後にすぐ成果を感じられて「『ストアカ』の講座、レベルが高い!まなぶってこういうことなんだ」と感動しました。

今でも趣味系の講座には、時間をつくって度々足を運んでいます。体験した講座をユーザーのみなさんにリアリティをもって伝えることができますし、何よりも自分自身が豊かになることを実感しています。

「わたし、ストアカ知ってるよ!」――楽しそうに働く母を見て、いつの間にか娘たちも応援モードに

―子育てを理由にセーブしようとしていた仕事を、ストリートアカデミーではフルタイム勤務に戻すことができた、その理由は何だと思いますか?

働く環境、でしょうか。

「残業するのがむずかしい」という状況を、ごく自然に受け入れてくれる職場が、今はとてもありがたいです。「Be Professional」というバリューが示すとおり、プロとしてやるべきことをしっかりこなしていれば、周りの目を気にすることなく、定時で帰れます。帰宅後にチャットでさっとやり取りできることも、業務を効率よく進められる理由のひとつです。

それと、自分のスキルを周囲が認めてくれるのも嬉しくて。「エクセル先生、ちょっと来て!」なんて頼りにされると自信もつきますし、私も相手の得意分野や長所を見つけるようになります。そうすると、いつの間にかリスペクトし合う関係が出来上がっているんですよね。

―村瀬さんがフルタイムで働いていることに対して、旦那さんやお子さんの反応は?

夫も協力的ですし、2人の娘たちも応援してくれています。

先日、電車で『ストアカ』の中吊り広告を見つけた時も「ママ、わたし『ストアカ』知ってるよ!」と大声で言って、周囲の人に宣伝してくれたりして(笑)

以前、『ストアカ』で学んだ「ハーバリウム作り」をママ友にシェアしたことがあるんです。子どもたちも参加して、12人くらいでわいわい楽しく。こんな風に、普段の暮らしにも『ストアカ』が密接に関わっていて、かつ私自身が毎日楽しそうに働いているので、娘たちも好意的に受け止めてくれるんでしょうね。

―すごく良いエピソードですね! 最後に。ストアカのミッションである「自由に生きる」について、どのように解釈していますか?

「自分自身が選択権を持って、行動すること」でしょうか。

この会社に入って「興味のベクトルに向かって、前のめりに動いていく」、本来の自分を取り戻すことができました。これも『ストアカ』に「まなび」の要素があったからこそ。

今、子育て真っ最中なので、できないことも多々ありますが、限られた時間の中であってもやりたいことをやっていきたい。仕事もプライベートも、他人ではなく、過去の自分と比較しながら、自身の成長を実感していきたいですね。

また、私の背中を通して、娘たちに「人生を楽しむ」「まなぶ」大切さがいつの日か伝わったらいいなと思っています!

―村瀬さん、ありがとうございました!

「まなびの選択肢を増やし、自由に生きる人を増やす」ミッションを共に目指す仲間を募集中!

当社では「まなびの選択肢を増やし、自由に生きる人を増やす」ミッション、「Enjoy the Waves(未踏への挑戦に楽しむ)」「Be Professional(最良を考え抜く)」「No Border(枠にこだわらない)」のバリューを掲げ、事業拡大に邁進しています。

少しでも興味を持ってくださった方、まずはお気軽にご連絡ください。

ストリートアカデミー株式会社's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
47fc5b55 8fcf 428a ac0f e8af995db319?1542855285
14610937 883127235150798 3148533983542655390 n
26168935 1872469082794205 1649957072407680246 n
Cae6bbcb 2e35 41d4 a38d a1ddd9d4798f?1546590133
12 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
47fc5b55 8fcf 428a ac0f e8af995db319?1542855285
14610937 883127235150798 3148533983542655390 n
26168935 1872469082794205 1649957072407680246 n
Cae6bbcb 2e35 41d4 a38d a1ddd9d4798f?1546590133
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon