Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

歯科医院と患者さんのコミュニケーションのあり方を変える「メディカルBOX」

皆さん、こんにちは!採用担当の木谷です。

本日は、私たちが昨年末リリースいたしました「メディカルBOX」についてご紹介させていただきます。

メディカルBOXは、患者さんの口腔内の画像や動画をクラウド上で一括管理し、患者さんと診察券アプリを通じて、相互にシェアすることができるサービスです。

このメディカルBOX、リリース後の反響がとても大きく、多くのメディアに掲載いただいたのですが、先日、日経新聞にも記事として取り上げていただきました!(日経さん、ありがとうございます)

メディカルBOXは、歯科医院向けの予約管理システム「Apotool & Box」の機能の一部として追加しており、ユーザーの皆さんには無料(データ上限あり)で使っていただけます。

どんなことができるのか?

歯科医院側では、患者さんのレントゲン写真、口腔内の撮影画像および動画や、同意書等の診療に関わる書類などのデータを、患者さんごとにクラウド上で一括管理することができ、「Apotool & Box」の画面上で、治療前後の画像を並べて比較して、変化の様子や治療の進み具合を簡単に確認することが可能です。

また、患者さんに説明する際に、どこを治療したのかわかりやすくするために、画像の一部に丸やチェックを付けられる編集機能も付いており、その画像を治療方針のコメント等を添えて、患者さんにシェアすることもできます。

さらに、これまでは把握することが難しかった、日々のブラッシングや食事の状況(咀嚼・嚥下行動を含む)等、診療室外での患者さんの生活行動も、画像や動画を診察券アプリを通じて共有いただくことで把握することが可能に!

日々の治療に関わる様々なシーンで、役立てていただけます。

医院側だけじゃない。患者さん側のメリット

では、患者さん側にとってはどうでしょうか?

はっきり言って、患者さん側にとっても、メリットでしかないサービスです。

患者さん側でも、先生と一緒に治療前後の画像を比較して、変化の様子や治療の進捗状況を確認することができますし、ブラッシングや食事の状況を医院に共有し、指導を受けることもできるため、これまでと比較して、治療方針、治療内容への理解度が飛躍的に向上します。

また、診察券アプリを通じて、医院から治療に関する内容や画像、動画を共有してもらうことができるため、セカンドオピニオンを求める際や、引っ越しなどで通院先が変わる際、これまでの治療に関する情報を別の医院にもスムーズに提供することが可能です。

医療分野、特に歯科においては、医院側と患者さん側との間での情報、知識の非対称性が顕著だと言われており、医院側だけが情報を持っていて、患者さん側は、ほとんど知らずに通っているのが現状でした。

この両者の情報の非対称性を崩して、患者さんもしっかりと自身の治療状況や関連する情報について知ることができる世界を目指して、私たちはメディカルBOXを開発しました。

メディカルBOXは、この閉鎖的な歯科業界に風穴を開ける、画期的なサービスです。

そして、これまでの歯科医院と患者さんのコミュニケーションのあり方を変える、唯一無二のサービスです。

株式会社ストランザ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more