Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【図解】なぜSTORYのインターン生は難関企業から内定をもらえるのか? / インターン生は何をしているのか? / どんな組織なのか?


▼SSの必要性

▼STORYの個別指導



▼3つの特徴

▼創業以来変わらない、STORYの文化

▼"人生のコンパス"と"武器"の発見/強化を促す、関西2事業のノウハウ

▼インターン生をサポートする、STORYの仕組み




STORY長期インターン
STORY創業事業部での長期インターン生募集 21卒以降の方
高校卒業までは"勉強"に真剣に取り組んできた。けど、大学生になった途端、その『正解』がなくなった。   横を見れば、自分の【意志】【やりたいこと】を明確に持ち、学生団体や長期インターンに熱中している同級生がいる。中には起業をしている者も。みんなキラキラ輝いている。   そして、就活の時期になると、「君は何がしたいの?」「どんな人間になりたいの?」と、【個性】が問われる。道を外れたことのある人たちの方が評価をされることも。   そんな環境に身を置く中で、「これまで一生懸命に勉強をしてきたことに意味はなかったのか?」そんなことを考えてしまっている。   ____________________________________________________   ■教育は『子どもたちが社会に適応しながら、自らのHappyを実現する』ことを目的に、社会変化に応じて変化しなければならない。 ____________________________________________________   「報われない努力を強いる教育はおかしい」 我々STORYはそう思います。   我々は、『社会で生き抜く力を身につける"Stance Building"』と『自分に適した道/環境を選択する"Story Weaving"』、この2つのコンセプトを持ち、日本の教育を変えるために事業を展開しています。   現在、教育事業はSBに特化し、大学生のキャリア支援事業はSWに特化をしておりますが、近い将来、それそれの事業部で培ったノウハウや知見を合わせ、2つのSをベースにした本格的なキャリア教育を行なっていきます。   本求人で募集をしているSB学び事業部では、対面型個別指導塾を運営している、教育事業部になります。   我々SB学び事業部では、子供たちが生きて行く為の土台となる力(Skill/Stanca)を科学し(体系的に理論を構築し)、組織のノウハウとして蓄積しております。その理論立てられたノウハウをベースに、子ども達の個性(特徴/課題)を考慮した個別のカリキュラムを設計します。 そして、「1対1」の対面指導でモチベーションをUpさせる心理的アプローチを行いながら、 子ども達一人一人の能力開発を行ない、子ども達の壁を乗り越える力を養成していきます。   *参考:「Grit(グリット)=やり抜く力」について http://recruit.story-weaver.jp/note/grit/ 
(株)STORY


Fin...

(株)STORY's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings