Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

世の中の課題を解決に導く!NPOが編集者を求める理由

世の中に存在する課題に向かい合い、その解決に取り組むNPO。時にとっつきにくさを感じてしまいがちです。多くの人に関心を持ってもらい、理解と共感を得るために「編集」がどのように役立つのか。実例を交えてお伝えします。

情報発信者の熱量と、受け手側が求める温度感のギャップを埋める

NPOは営利を目的とせず、世の中に存在する課題解決を目的として活動している法人です。

国や行政による支援が不十分な領域、そもそも課題が存在することすら知られていないような領域に日々向かい合い、その解決に取り組んでいます。

そのため多くのNPOは「伝えたい情報」、つまりコンテンツを数多くかかえている。

「こんな課題があります!」「これは解決しなければならない問題です!」といったような、熱い想いと情報を持っているのです。

しかし、その想いの熱さは情報発信の場において、時として逆効果になってしまうことがあります。

課題解決のプレーヤー目線で発信された熱量のある情報は、情報の受け手側に拒否反応を引き出してしまうことがあるからです。

コンテンツの続きは、スタッフライフが運営するメディア:「編集の時間」で、どうぞ。編集思考を高め、自分らしいキャリアをつくる。

https://29r.jp/

株式会社スタッフライフ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more