Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

バックオフィスでもモバイルワーク可能!?「楽しく働く」がモットーのベテラン財務経理が語る、SQUEEZEならではの働き方

こんにちは、SQUEEZE採用担当です!
SQUEEZEのことをより知って頂くために社員インタビューを行なっていきます。
今回のインタビューは、昨年末より財務経理としてジョインした大島です。
是非ご覧ください! 


■今までのキャリアについて教えてください

理系の大学院で無機化学を研究しており、卒業後、セラミック系メーカーに就職しました。ただ実際の仕事は思い描いていたものとギャップがあり、転職を検討するようになりました。
実家が材木屋を経営しており、会計・財務などの業務を身近で見ていたことから、数字に関わる仕事にはもともと興味を持っていました。そのため、メーカーで働きながら独学で簿記の資格をとり、会計事務所・税理士法人に転職をしました。
その後、社員数4,000名ほどの大手企業にて税務会計・財務会計などを担当し、M&A、事業再生、法人税、消費税申告書作成等、幅広くさまざまな業務を経験することができました。ただ、大企業ということで仕事の流れや分業体制ができあがっている環境だったため、「もっと面白いことにチャレンジしたい」と思うようになりました。
そこで、当時はまだ一軒家がオフィスだった超アーリーフェーズのTABILABO社へ転職を決めたんです。

■大手からベンチャー企業への転職に懸念はなかったんですか?

全くありませんでした。当時、Wantedlyやビズリーチを見て転職活動をしており、とにかく裁量大きくチャレンジができそうな、面白いと思える企業を探していました。大手はもちろん安定した財務基盤がありますし、各社員の役割がはっきりしていて働きやすい環境だと思います。
ただ、自分は大きいが故の窮屈さも感じていたので、懸念や不安よりも「ベンチャーに飛びこむワクワク感」を感じていました。
これは、自分の家庭環境に起因するかもしれません。両親は自営業ですし、祖父も会社に属さず商売をやっていました。。幼少期からその姿を見て育つ中で、自分で決めてゼロから作っていくということへ少なからず憧れがあったのかもしれません。TABILABOには2年弱在籍した後、家庭の事情でやむなく退職をすることになました。しばらくしてまた転職活動をスタートした際、WantedlyにてSQUEEZEの募集を見て興味を持ち、選考で会った社員の方全員のマインド、人柄に惹かれ、入社を決意しました。

■現在の仕事内容を教えてください

現在は、経理財務・IPO準備、取締役会の運営など、バックオフィス業務を幅広く担当しています。代表の舘林やマネジメントメンバーとのやりとりが多くありますね。コーポレートチーム内でも活発なコミュニケーションがあります。6名のチームでわきあいあいと仕事をしています。ベンチャー企業とはいえ、SQUEEZEの就業環境は整っている方だと思います。
会社全体としてもモバイルワークを推奨し、働く場所についても柔軟な考えを持っています。エンジニア・ビジネスサイド職・コーポレートなど職種に関わらず、各メンバーが裁量を持って多様な働き方を実現しています。

■コーポレートチームの方もモバイルワークの実施ができるんですね!

僕は入社してから2回オフィス外で仕事を行いました。請求書や契約書など社外に持ち出せない仕事は社内で行いますが、資料作成等は普段と違う環境でやった方がすごく捗るんですよね。
社内規定や「出社しないといけない」というバイアスにとらわれず、効率的な働き方ができるのはSQUEEZEの大きな魅力だと思います。

■ベンチャーで働くバックオフィス担当として、どんな人が求められると思いますか?

「0から1」を作り出せる人です。
ベンチャーは通常業務に加え、環境整備も並行して行っていくことが必須だと思います。
今ある仕組みを活用するだけでなく、自ら仕組みを作り出し「できるようになんとかする」ための設計ができる方が、ベンチャーにおいて特に必要とされる存在だと思います。
大手から、ベンチャーへの転職を考えている人は、そうした点で覚悟が必要になってくるかもしれません。その分、ゼロベースから仕組み・組織を設計していける仕事は、ものすごくやりがいがあると思いますよ。

■ベンチャーへの転職を後悔するような瞬間も、ときにはあるのでしょうか?

今のところ全くないですね。大きい企業にもたくさんの良さがあります。ただ、自分はベンチャー企業で働いている今の方が何倍も楽しく過ごせています。1つの稟議を通すまでに長期間かかってしまったり、社内の調整にかかる工数やストレスが多い環境から、今は本来の「財務経理」としての仕事内容に、より集中して働くことができていると思います。
またバックオフィスのキャリアにとって、IPOを経験できるのは非常に大きなポイントなのではないでしょうか。裁量を持って仕事をしたい方、意欲的に仕事をしたい方、仕組み作りをしたい方には、本当にうってつけの環境だと思いますね。

■SQUEEZEで働く魅力・候補者へのメッセージ

「与えられた役割をただこなすだけ」ではなく、もっと総合力をつけたい方、是非一緒に働きたいと思っています!
僕は「楽しく仕事がしたい」という価値観を大事にしています。もちろん仕事は楽しいことだけではありません。ただ、辛い状況をどう乗り越えるか?を共に思考してくれる仲間と環境がSQUEEZEにはあります。
少しでもSQUEEZEの事が気になる、という方、お気軽にご応募いただけると嬉しいです!

株式会社SQUEEZE's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more