1
/
5

〈内定者対談〉アピールできるものがないと悩む就活生に伝えたい!「心に響くのは、実績ではなく過程」

<社員プロフィール>

◎堀 将馬(ほり しょうま)愛知県出身・名城大学卒

◎吉元 鈴(よしもと れい) 東京都出身・中央大学卒


◎山崎 睦(やまさき むつみ)岡山県出身・同志社大学卒

就職活動の悩みは尽きないもの。その上、そうした悩みについて相談したり共有したりといった機会もコロナウイルスの影響で少なくなっています。

たった一人で頑張るうちに、自分がいったい何を目指しているのかよくわからなくなってきてしまうという人も少なくないようです。

そこで今回は、エスプール入社予定の21卒内定者3名に、それぞれの就職活動を振り返り、今だからわかることを語り合ってもらいました。

それぞれの学生時代、それぞれの就職活動

吉元:部活に所属していて、大学生活は部活動一色といった感じでした。

引退試合が4年生の4月。就活のスタートが周囲よりも随分遅れてしまい、それこそ大慌てで、1dayインターンに参加したりしました。

そんな中でたまたまエスプールのDiscovalue(自己分析型インターンシップ)を受けてみて「この会社は自分に合う」と感じたので、採用面接を受けたんです。

山崎:私は3年生を終えたところで休学して、アフリカでの2年間のプログラムに参加して働きました。3月末に帰国後、吉元さんと同じでバタバタと就活に入りました。

しっかりと自分に向き合って就活を進める余裕が正直なかったですが、結果的にエスプールという企業に巡り会えて本当によかったと感じています。

堀:学生時代は訪問販売の営業をしていて、その後飲食店対象の法人営業を始めました。

もともとは一人でやっていたのですが、「一緒にやりたい」「教えてほしい」などと人が集まってきたので、団体として起業することになりました。

就活は実は2度やっていて、1年目に経営コンサルの仕事で内定を受けていたものの納得行かないところがあり、内定をお断りしてもう1年。そして、エスプールに内定しました。

エスプールを選んだ理由

吉元:堀さんの場合、既に起業していて必ずしも企業に就職する必要はなかったのに、なぜ就職するという道を選んだのですか?

堀:うーん、私の場合、個人でやっていたことに仲間が集まってきてくれたから、それなら起業するのが一番効率的という判断で起業しただけなんです。
それに、社会に出たら自分よりもすごい人を見てみたいという気持ちがあったので、就職を目指すのは自然な流れでした。

山崎:堀さんにとっては“手段”としての起業だったのですね。ところで、どうやってエスプールを知ったのですか?

堀:コンサルに絞って探していたら求人サイトでヒットしたのと、エスプールプラスにいた先輩から話を聞いたことがきっかけです。

でも、いざ面接を受けてみたら、リクルーター面談でも人事部長との面接でもボロボロに言われて……(笑)。ネット上で拾い集めた模範解答を言っているだけだと完全に見透かされていたんです。それで「なんとしても入社してやる!」って火が点きましたね!

山崎:エスプールのどんなところに魅力を感じましたか?

堀:学生時代からビジネスをしていた私にとって、社内ビジネスの環境があるという点がやはり大きな魅力でした。
山崎さんは、休学してアフリカで働いていたというのはアフリカに興味があったということ?

山崎:アフリカに興味があったというよりは、海外で働いてみたいという気持ちですね。

ただ、それよりも今後のキャリアを考える上での自分なりの基準を確立したかったという思いが強かったかも。仕事を選ぶにしても、何を軸にすればよいのかわからなかったので、自分の知らない土地で挑戦してみることで見えてくるものがあるはずと思って……。

吉元さんはエスプールにピンと来たということですが、他社の面接も受けたりはしなかったのですか?

吉元:他企業を一切見なかったわけではないけれど、結果としてエスプール1本に近い感じとなりましたね。

6〜7月頃までは就活するという人が多い中、私は4月に内定をもらってすぐに就活を終了したので、親や友だちからは「もう少し他も見てから決めたほうがいいんじゃない?」と言われました。

でも、私が望んでいるのは、一つのことをずっとやっていくのではなくて、いろいろと経験することエスプールでならさまざまな経験ができると思ったんです。

堀:吉元さんは、内定先であるエスプールで今もインターンをしているという珍しいケースですよね。

吉元:はい、夏から人事部でお世話になっています。私はインターンというよりは、社員並みにやらせてもらえていますね!
22卒の内定者の方も既にインターンに参加し、早くから経験を積んでいたり、インターンだからと遠慮することなく、仕事をさせて貰える環境があることを実感しています!

時間的余裕のある今のうちからたくさんの経験を積めていると感じるので、早い段階での就活打ち切りを決断してやっぱりよかったと思っています。

就活中の皆さんへのアドバイス

堀:ボロボロに言われた私の面接経験もそうですけど、今振り返ってみると……っていうこと、結構ありますよね。

吉元:ありますね。私は体育会系の学生なので、アピールしたいのはやっぱりそこなんですよ。それなのにコロナで大会は中止になり、実績を語れない。単に「部活動を頑張りました」だけになってしまう。かといって他に何を語ればよいのかと苦しみました。

でも、エスプールの面接では「どうやって頑張ったか」の過程が評価されました。耳を傾けてもらえたから、私もまっすぐに伝えられましたね。

堀:それ、すごくよくわかります!私もエスプールの面接で「起業した事実ではなく、頑張ったり乗り越えたりしてきた過程を見られている」と感じました。

私が面接に臨む際のアピールポイントとしては、起業経験の他にゲームがあるんです。1時間プレイしたら、次に活かせる情報を3時間かけてノートにまとめるというのを続けています。

吉元:相当注力してますね……!

堀:競技大会で勝てるレベルを目指しているんです。それで面接にはそのノートを持ち込んだりもするのですが、1年目に内定をもらった企業でも、2年目のエスプールでも、改めて考えてみると起業ではなくて、むしろゲームのほうが面接官に響いていたように思うんですよ。

スポーツやボランティアといったようなインパクトのある経験がないと悩んでいる人は結構いるんじゃないかと思うのですが、そういう人たちにぜひ伝えたいのは、趣味も突き詰めれば就活に活きるということです!

どこの企業でもそうかまではわからないですが、少なくともエスプールでは、趣味を突き詰めたその過程をきちんと見て、受け容れてくれます。
それに、好きなことなら熱意も伝えやすいはずです。いつかの私みたいに他人の言葉を借りる必要がありません(笑)

吉元:「好きなことなら」というのは、「好きな企業なら」と言い換えられるようにも思います。

ESで志望理由をなかなか書けないということがありました。本当はその企業に入りたいと思っていないからなんですよね、結局。そして実際、そういった企業の面接を受けても「他社さんでもいいんじゃないですか?」と言われてしまう。

就活ってどうしても「数撃ちゃ当たる」みたいになってしまいがちですが、志望理由がスッと出てくるような企業、少しでも興味を持てる企業に絞ったほうが結局はうまくいくのではないかと思います。

山崎:同感です。スタートが遅れて焦っていた私は、自分の考えが定まらないうちにあちこちで面接を受けてしまいました。でも、本人の中で定まっていないことくらい、人事の方は簡単に見抜きます。

私はあがり症で、緊張から言葉が出てこなくなったりもするのですが、エスプールの面接では私が言葉に詰まってもじっくりと聞いてもらえました。本人が本当に伝えたいことを持っているなら、それを汲み取ろうという姿勢なんですね。

その経験からも、もしもまだ考えが定まっていないなら、まず自分の考えをまとめることを最優先するとよいと思います!

今後の展望

堀:いよいよ入社間近。楽しみですね!私はeスポーツ関連の事業部を立ち上げたいと考えています。eスポーツはこの先もっともっと大きなビジネスになっていくと思うんです。

だから、事業部を立ち上げるためにも、まずはスキルをガンガンと上げていきたいですね。

吉元:私は裁量を持って仕事をしながら長く頑張っていきたいです。エスプールでは責任あるポジションで活躍している女性社員さんが多くいますので、私も後に続きたいです!

山崎:私は教育関連に興味があります。教育分野のビジネスはマネタイズの面で難しいといわれているようなのですが、何らかの方法で形にしていけるよう、入社後はいろいろな経験を積んで力をつけていきたいですね!

就活生へのメッセージ

堀:学歴や能力で周囲よりも劣っていると感じることの多かった私が2年間の就活を経て思い至ったのは、就活で大事なのは気持ちだということです。新卒は期待値で採用されるということをどうぞ忘れないでください。

山崎:私が今回、この対談に呼んででもらえたのは、海外経験があったからです。しかし、エスプールに採用された理由は、その実績ではなくて過程だったと思っています。
自分が、何を懸命に努めてきたのかを伝えることができたからだと感じていますね!

自分に自信をなくしかけたら、これまでの人生の中で何を頑張ってきたのか、どう乗り越えてきたのかをじっくりと考えてみてください!

吉元:親の期待が負担だったり、周りと比較して落ち込んだりと、私にとって就活は大きなプレッシャーでした。でも、ネガティブに就活してもいいことは一つもないと言い切れます。皆さんにはぜひポジティブな気持ちで就活してほしいと願っています!


将来起業に興味のある新卒
22卒向けオンライン説明会|創業者がエスプールや起業について語ります。
新卒で入社して頂くみなさんに求めることは「社長」になって頂くことです。 エスプールのビジネスを一言で表せば「会社を作る会社」。 世の中にある様々な社会問題や困りごとを新規事業の創出(仕組みづくり)によって解決しています。 【創業21年、現在7社ポートフォリオ経営を展開】 ◇(株)エスプール:新規事業開発 ◇(株)エスプールヒューマンソリューションズ:戦略的人材コンサルティング ◇(株)エスプールプラス:障がい者雇用ソリューション ◇(株)エスプールロジスティクス:物流コンサルティング ◇(株)エスプールセールスサポート:マーチャンダイジング・セールスプロモーション支援、抗菌施工事業 ◇(株)エスプールリンク:採用支援・採用代行サービス、地方創生事業 ◇(株)ブルードットグリーン:カーボンオフセット事業 顧客課題を解決をするプロジェクトを立ち上げ、チームを組成し、成果を出す。 ビジネスフィールドは無限大であり、事業領域は変化し続けます。 外部環境の変化が起こったときこそ、ビジネスチャンスです。
株式会社エスプール
株式会社エスプール's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings