1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【インタビュー#2】部署立ち上げから約3年。社労士は面白い!「常に新しい世界と出会える」

こんにちは。人材戦略室の竹内です。今回のインタビューは、人事労務部のGM(ゼネラルマネージャー)である、関口智史に話を聞きました。

今から約3年前、より一層シームレスな人事労務サービスを提供したいという思いから汐留パートナーズ株式会社の中に人事労務部を立ち上げました。当初メンバーは、関口一人だけでした。

今では11人、2G体制になっていて、今後も更に組織改革をしようとしている最中の急成長中事業部です!

竹内:お忙しい中お時間とっていただきまして、ありがとうございます!

関口:とんでもないです。こちらこそよろしくお願いします。

竹内:後で是非お写真もバシバシ撮らせていただければと思っておりますので。

関口:えっ。私の写真は必要ないのでは・・・笑

竹内:それではよろしくお願いいたします!

「なんとなく過ごしていた学生時代」

竹内:学生時代について教えてください

関口:学生時代は特にやりたいこともなく、何となく過ごしていたような感じでしたね笑

法律に興味があったので大学は法学部に進学したのですが、勉強が苦手というわけではなかったのと、せっかく法学部に進学したから何か資格を取りたい、という軽い気持ちで在学中に行政書士の資格を取得しました。

竹内:部活やサークルは何かされていましたか?

関口:もともとピアノを習っていたこともあり、大学時代は合唱団に入っていました。サークルなのですがプロの指揮者やピアニストの先生をお招きしていたこともあり、妥協は許されない雰囲気でしたね。とはいえ、先ほども言ったように何となく過ごしていたのでそこまで真剣に取り組んでいなかったのですが、ある時先輩に本気で怒鳴られまして。それで目が覚めたというか、本気になるスイッチが入ったような気がしました。あの時怒鳴られなかったら今でも何となく過ごしていたかもしれません笑

ファーストキャリアで管理業務を経験

竹内:新卒ではどのようなキャリアに進んだのですか

関口:新卒では、地元で有名な某進学塾に就職しました。当時は主に校舎の運営など管理業務を担っており、その頃から機密情報を扱うことが多かったです。データを管理しながら、様々な角度で分析を行っていました。分析をすることで色々な情報を可視化することができるので、楽しかったですね。この楽しかった分析の経験が、次のキャリアに結びついています。

セカンドキャリアとして選んだのはSE

竹内:未経験でSEにチャレンジされたのですね

関口:そうですね。未経験でもよかったという点と、何かしら専門性を身に着けたいと思っていて、前職でのデータ分析の楽しさからSEに転職しました。メガバンクでEUC(エンドユーザーコンピューティング)に携わっていて、システムを構築していくのはやりがいがあり、時間も忘れるくらい仕事に没頭していました。SEでの経験は今でもとても役に立っていますし、金融機関の1円のずれも許されないという厳しい感覚は給与計算では必須ですので、当時昼夜関係なく頑張っていた自分を褒めたいと思います。笑

>>>続きはこちら

汐留パートナーズ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings