1
/
5

24歳でデザイン事業部長に。デザイナー1人の状態から作り上げた、今のチームに対する想いとは。

インターン生による、社員インタビュー連載企画。第 14 弾では、Interface & Experience Design Div. の事業部長でありデザイナー兼ディレクター、佐藤りほにインタビューを行いました。事業部長になるまでの経緯や、部署の特徴や雰囲気、デザイナー組織に対する思いについてお話いただきました。


佐藤りほ | Riho Sato

神奈川県出身。高校ではデザインを学ぶ。大学在学中にインターン生としてスパイスファクトリーに入社し、マーケティングやデザイン関連の業務を担当。その後新卒でスパイスファクトリーに入社。その2年後、デザインチームの立ち上げを機にデザインチームの事業部長となる。現在も事業部長としてマネジメント、採用、UI/UXデザインなどの業務を幅広く担当。


第 13 弾のインタビューはこちらからご覧いただけます。

インターンから正式入社。新卒2年目にして、デザインチームの事業部長へ。

ー これまでの経歴について、簡単に教えていただけますか。

大学在学中に、インターン生としてスパイスファクトリーに入社しました。当初はマーケターとして入社したのですが、途中からデザイン関連の業務に携わるようになり、最終的にデザイナーとして新卒でスパイスに入社しました。その後デザインチームの立ち上げとともに事業部長となり、現在もデザインチームの事業部長として働いています。


ー どうして途中からデザイン関連に携わることになったのでしょうか。

高校でデザインを専攻していたこともあり、入社前からデザイン関連の業務に興味がありました。そのことを面接の時に伝えてていたことが理由の一つだと思います。また、未経験でも挑戦をさせてもらえる社風の影響も大きかったと思いますね。


ー 新卒2年目、という非常に早いタイミングで事業部長の役職に就いたことには驚きです。当時の状況や気持ちをお聞かせいただけますか。

デザイン事業部を立ち上げるという話とほぼ同じタイミングで事業部長ポストのお話をいただきました。
その時は、「まさか自分が」と正直戸惑いましたし、社会人としての経験も浅く、デザイナーとしても未熟だったので、本当に事業部長が務まるのかどうかという不安もありました。


ただ、スパイスファクトリーでは年齢や経験年数に関わらず、実績やプロセスを評価してもらえる文化がありそれを体現する出来事だったのかなと思います。


クリエイティブな作業に集中できるように。アウトプットの質を向上させるための環境とチーム作り。

ー デザインチームに立ち上げから携わったという佐藤さんですが、事業部長として働くにあたって意識していることはありますか。

一番に意識しているのは、デザインチームのメンバーがデザインの業務に集中できる環境を作ることです。一人で業務をするよりもチームとしてそれぞれのメンバーが専門領域で力を発揮して動いた方が、圧倒的にできることの幅広がりますし、結果的に成果物の質も上がると思っています。そういった理由からチーム作りに注力しています。


ー 確かに、チームで動く方が結果的に生産性が上がりますよね。では、「業務に集中できる環境」とは具体的にどのような環境なのでしょうか。

クリエイティブな作業に集中できる環境だと考えています。

デザイン全般、特にUXデザインに関しては調査や分析などの地道な作業が多くなりがち。そこで、繰り返しの作業などはマニュアル化やテンプレート化を進めて効率化を図っています。

ただ、こうしたマニュアル化は、あくまでユーザー体験やインターフェースの設計などクリエイティブな作業により集中することを目的として実施しているもの。業務効率化は「コストを抑える」という目的ではなく、「デザインそのものにかける時間を十分に確保する」するという目的があるのだと常に意識してて、業務に集中できる環境作りを行っています。


ー 業務効率化を進めた上でのチーム作りをされているのですね。チーム全体ではどのように仕事を進めているのでしょうか。

一人で業務にあたるのではなく、複数人で意見交換をしながら業務を進めています。お互いのわからない部分はフランクに質問しあって、チーム全体で課題に取り組むようにしています。

受託の制作会社だと各々がそれぞれ担当プロジェクトを持っており、自分が担当しているプロジェクト以外でどういう取り組みをしているのかが見えないことがあるかと思います。それだと、プロジェクトメンバー以外の視点を取り入れる機会が中々ありません。そこで、プロジェクトを横断したナレッジ共有や様々なメンバーの視点を取り入れるため、アイデア出しのブレストや、制作中の成果物へのレビューなどを意識的に行っています。

ただ、リモートワークになり、ラフなコミュニケーションをとることが以前より難しくなってしまいました。そのため、figma や slack の huddle を活用したり、朝会で持ち回り小話を披露したりして、メンバー同士の距離感を縮めています。


フラットで合理的な社風、多様な人材が叶える「本当にいいもの」の価値提供。

ー フランクに質問しあって仕事をしているそうですが、チームの雰囲気はどのような感じですか。

上下の関係性が、とてもフラットだと感じています。これは、メンバーのバックグラウンドが様々でスキルセットに偏りがないためだと思います。関係性がフラットだからこそ、個々人がより意見を出しやすく、かつ他の方の意見を尊重する雰囲気に繋がっていますね。

また、失敗の振り返りの場などでもポジティブな議論ができています。これは、そもそもデザイナー全般の傾向として「問題点を見つけ出し、解決方法を考える」ことが好きな方が多いからかもしれません。失敗を受けて現在の課題をどのように改善するのか、今後の課題に対してどう対処するのかといった前向きな議論をチームではよく行っています。


ー 佐藤さんが考える、スパイスのデザインチームならではの強みは何でしょうか。

エンジニアやマーケターなど他の部署や職種の方が、同じ組織に属していて、同じ文脈を共有していることがスパイスならではの強みだと考えています。

部署や職種ごとに仕事場が分断されていると、本当にいいものを作るのが難しいです。分断されていると、どうしてもそれぞれの部署の領域に偏った視野で物事を見てしまいます。各々の文脈での理想像を最後に統合しようとすると、局所的に見たら突出した輝きがあったとしても、ひとつのサービスとしてはまとまりがなく濁った美しさになってしまうかもしれません。

スパイスでは、エンジニアもデザイナーもマーケターも、同じ課題に向けて一緒に解決方法を考えていく。それぞれが独立しているのではなく、互いに連携し、それぞれの意図を深く理解するからこそ、本当の意味でいいプロダクトやサービスを提供できると考えています。


ー 本当にいいサービス作りを追い求める姿勢、とても素敵です。それでは、スパイスファクトリーの魅力とはズバリ何でしょうか。

社内の風通しがいいところ、常に合理的な判断を下そうとする文化があるところです。

意見をした人の立場や役職は関係なく、意見の内容で判断されていると感じています。自分がインターン生として働いていた時も、事業部長になってからも、意見の通りやすさが変わった印象はありません。立場や年齢関係なく、その意見が正しいと判断されればそれが採用される文化があると思います。


目的のその先にある、新しい体験を生み出す。「革新の触媒」となるアウトプットを目指して。

ー 今後、佐藤さんが事業部長としてデザインチームでやりたいことはありますか。

クライアントワークをメインとするデザインチームである以上は、実際にプロジェクトに入るデザイナーがクリティブな作業に集中出来て、最大限バリューを発揮できることが一番だと思うので、まずはデザイナーがものづくりに集中出来る環境づくりに注力したいなと思います。

また、それが伴走するクライアント企業の「革新の触媒」となったり、エンドユーザーの行動変容を促すことが出来るものづくりへの第一歩だと思っています。


ー 最後にスパイスファクトリーに興味がある方に対してメッセージをお願いします。

良くも悪くも、非常にベンチャー気質の強い会社です。スパイスのビジョンに共感してくださる方にとっては可能性が広い組織だと思います。ものづくりに関して熱意があり、やりたいことが明確な方には最適な会社です。

ぜひ一緒にお仕事ができれば嬉しいです!


ー ありがとうございます。若くして事業部長に就任した佐藤さんですが、本当にいいサービスを作ることへの強い想い、それを実現するためのチーム作りへの熱量が感じられ、非常に素敵だと思いました。

スパイスファクトリーは、革新の触媒の一員として、世の中を良くしていきたいとお考えの方からのご応募をお待ちしております。


デザイナーの募集は、以下からご覧ください。

UXデザイナー
デザインの力で世の中をより良くしたいUXデザイナーwanted!
【社会貢献=非営利の当たり前を変える。社会貢献性の高さと事業成長を両立させる新たなロールモデルへ。】 ◆新たな時代を切り開くのはクリエイターであると固く信じる"360°デジタルインテグレーター --------------------------------------- 私たちは2016年に4人のエンジニアの手で活動を開始したチームです。「360°デジタル・インテグレーター」を掲げ、Webシステム開発からWeb制作、Webマーケティング、コンサルティングやグロースハックなどを通じてクライアント企業のDXを多面的に支援しています。 Webサービス開発においては、ミッションクリティカルな大規模スクラッチ開発から、SaaSを利用したスピーディな構築、SaaS同士の連携まで広くアジャイル開発で対応しています。 ◆特徴は3つ --------------------------------------- ①教育・環境・公共・貧困といった社会貢献性の高い領域で戦うDX集団であり、社会貢献=非営利の構造を変えるビジョンを掲げている。 ②受託でありながらアジャイル開発を得意とし、エンジニア以外もアジャイルに動くアジャイル集団であること。 ③フレックス、リモート、自由休憩、時短といった働き方から、効率を重視した仕組み、スキルアップを全面的に支援する制度など、エンジニアが望む環境を整備。 【主な事例】 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に関わる領域や自治体の地方創生事業、経産省など官公庁が関わる事業、さらに教育や医療など公共性や社会的責任が高い業種の案件に積極的に取り組んでおり、現在売上の4~5割をそのような案件が占めています。 教育:世界標準の願書出願プラットフォームをベースに日本やアジアの大学・専門学校向けに新しく開発を行なった「The Admissions Office(略称:TAO)」。UIUXデザイン、開発、マーケティングまで担当している共同開発事業。早稲田大学・慶応義塾大学を始めとした有名大学の導入が決定。   https://spice-factory.co.jp/products/ 環境:三菱商事ファッション 次世代型サステナブルD2Cプロジェクト「NAGIE」のEC開発。Shopifyを使った開発に加えHubspotでのカスタマーサポートの設計構築。   https://spice-factory.co.jp/works/6649/ 地方創生:⾏政によるDXを強⼒に推進し、地域課題に貢献する全世代参加型のコミュニティアプリソリューション「Visionary Mate」をJ-WAVE iと共同開発。   https://visionary-mate.com/ 医療:薬局間、病院・薬局間での連携や、薬剤師同⼠の連携・協⼒、薬剤師の⼀般⼈への認知向上を目的とした薬剤師データの一元管理を叶えるプラットフォーム「アスヤクLIFE 研修」のUIUXデザイン、開発と担当。   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000022779.html ◆大切なひとに語りたくなる"自分の"仕事 --------------------------------------- イノベーションを起こそうとしたら机上の空論ではいけない。 世界を動かすのは話のうまい人ではなく手を動かす人だ。 私たちはそう考えています。 ユーザーの顔が見えないまま、自分の仕事が何に役立っているのか分からないまま、そんな状態で仕事を続けるのではなく、クリエイターのひらめきや想像力をもっと大事にして、誰も挑戦したことのないことを、誰も挑戦したことのない方法でやっていこうとしています。 実際に、コンペで私たちを選んでいただいたクライアントからは「一番私たちのユーザーのことを考え抜いた提案をしてくれた」というお声を頂いています。 クライアントからは、「受託事業を展開しているスタートアップ」ではなくいわゆるコンサルティングファームや大手広告代理店のような役割を求められることが多々あります。 その度に本質的提案を行い、手を動かしながら継続的に支援することで革新の触媒として組織に変化をもたらせるのです。 社会を変えるためにはどのような行動が必要か。 誰もやらないなら自分たちで作ってしまえ。 そのような意思を持ったメンバーが集結しています。
スパイスファクトリー株式会社
UXデザイナー
DX×SDGsなど 社会貢献性の高いビジネスに興味があるUXデザイナー募集
【社会貢献=非営利の当たり前を変える。社会貢献性の高さと事業成長を両立させる新たなロールモデルへ。】 ◆新たな時代を切り開くのはクリエイターであると固く信じる"360°デジタルインテグレーター --------------------------------------- 私たちは2016年に4人のエンジニアの手で活動を開始したチームです。「360°デジタル・インテグレーター」を掲げ、Webシステム開発からWeb制作、Webマーケティング、コンサルティングやグロースハックなどを通じてクライアント企業のDXを多面的に支援しています。 Webサービス開発においては、ミッションクリティカルな大規模スクラッチ開発から、SaaSを利用したスピーディな構築、SaaS同士の連携まで広くアジャイル開発で対応しています。 ◆特徴は3つ --------------------------------------- ①教育・環境・公共・貧困といった社会貢献性の高い領域で戦うDX集団であり、社会貢献=非営利の構造を変えるビジョンを掲げている。 ②受託でありながらアジャイル開発を得意とし、エンジニア以外もアジャイルに動くアジャイル集団であること。 ③フレックス、リモート、自由休憩、時短といった働き方から、効率を重視した仕組み、スキルアップを全面的に支援する制度など、エンジニアが望む環境を整備。 【主な事例】 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に関わる領域や自治体の地方創生事業、経産省など官公庁が関わる事業、さらに教育や医療など公共性や社会的責任が高い業種の案件に積極的に取り組んでおり、現在売上の4~5割をそのような案件が占めています。 教育:世界標準の願書出願プラットフォームをベースに日本やアジアの大学・専門学校向けに新しく開発を行なった「The Admissions Office(略称:TAO)」。UIUXデザイン、開発、マーケティングまで担当している共同開発事業。早稲田大学・慶応義塾大学を始めとした有名大学の導入が決定。   https://spice-factory.co.jp/products/ 環境:三菱商事ファッション 次世代型サステナブルD2Cプロジェクト「NAGIE」のEC開発。Shopifyを使った開発に加えHubspotでのカスタマーサポートの設計構築。   https://spice-factory.co.jp/works/6649/ 地方創生:⾏政によるDXを強⼒に推進し、地域課題に貢献する全世代参加型のコミュニティアプリソリューション「Visionary Mate」をJ-WAVE iと共同開発。   https://visionary-mate.com/ 医療:薬局間、病院・薬局間での連携や、薬剤師同⼠の連携・協⼒、薬剤師の⼀般⼈への認知向上を目的とした薬剤師データの一元管理を叶えるプラットフォーム「アスヤクLIFE 研修」のUIUXデザイン、開発と担当。   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000022779.html ◆大切なひとに語りたくなる"自分の"仕事 --------------------------------------- イノベーションを起こそうとしたら机上の空論ではいけない。 世界を動かすのは話のうまい人ではなく手を動かす人だ。 私たちはそう考えています。 ユーザーの顔が見えないまま、自分の仕事が何に役立っているのか分からないまま、そんな状態で仕事を続けるのではなく、クリエイターのひらめきや想像力をもっと大事にして、誰も挑戦したことのないことを、誰も挑戦したことのない方法でやっていこうとしています。 実際に、コンペで私たちを選んでいただいたクライアントからは「一番私たちのユーザーのことを考え抜いた提案をしてくれた」というお声を頂いています。 クライアントからは、「受託事業を展開しているスタートアップ」ではなくいわゆるコンサルティングファームや大手広告代理店のような役割を求められることが多々あります。 その度に本質的提案を行い、手を動かしながら継続的に支援することで革新の触媒として組織に変化をもたらせるのです。 社会を変えるためにはどのような行動が必要か。 誰もやらないなら自分たちで作ってしまえ。 そのような意思を持ったメンバーが集結しています。
スパイスファクトリー株式会社
UIデザイナー
京都で働きたい方へ!社会貢献やSDGsに興味のあるUIデザイナー募集
【社会貢献=非営利の当たり前を変える。社会貢献性の高さと事業成長を両立させる新たなロールモデルへ。】 ◆新たな時代を切り開くのはクリエイターであると固く信じる"360°デジタルインテグレーター --------------------------------------- 私たちは2016年に4人のエンジニアの手で活動を開始したチームです。「360°デジタル・インテグレーター」を掲げ、Webシステム開発からWeb制作、Webマーケティング、コンサルティングやグロースハックなどを通じてクライアント企業のDXを多面的に支援しています。 Webサービス開発においては、ミッションクリティカルな大規模スクラッチ開発から、SaaSを利用したスピーディな構築、SaaS同士の連携まで広くアジャイル開発で対応しています。 ◆特徴は3つ --------------------------------------- ①教育・環境・公共・貧困といった社会貢献性の高い領域で戦うDX集団であり、社会貢献=非営利の構造を変えるビジョンを掲げている。 ②受託でありながらアジャイル開発を得意とし、エンジニア以外もアジャイルに動くアジャイル集団であること。 ③フレックス、リモート、自由休憩、時短といった働き方から、効率を重視した仕組み、スキルアップを全面的に支援する制度など、エンジニアが望む環境を整備。 【主な事例】 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に関わる領域や自治体の地方創生事業、経産省など官公庁が関わる事業、さらに教育や医療など公共性や社会的責任が高い業種の案件に積極的に取り組んでおり、現在売上の4~5割をそのような案件が占めています。 教育:世界標準の願書出願プラットフォームをベースに日本やアジアの大学・専門学校向けに新しく開発を行なった「The Admissions Office(略称:TAO)」。UIUXデザイン、開発、マーケティングまで担当している共同開発事業。早稲田大学・慶応義塾大学を始めとした有名大学の導入が決定。   https://spice-factory.co.jp/products/ 環境:三菱商事ファッション 次世代型サステナブルD2Cプロジェクト「NAGIE」のEC開発。Shopifyを使った開発に加えHubspotでのカスタマーサポートの設計構築。   https://spice-factory.co.jp/works/6649/ 地方創生:⾏政によるDXを強⼒に推進し、地域課題に貢献する全世代参加型のコミュニティアプリソリューション「Visionary Mate」をJ-WAVE iと共同開発。   https://visionary-mate.com/ 医療:薬局間、病院・薬局間での連携や、薬剤師同⼠の連携・協⼒、薬剤師の⼀般⼈への認知向上を目的とした薬剤師データの一元管理を叶えるプラットフォーム「アスヤクLIFE 研修」のUIUXデザイン、開発と担当。   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000022779.html ◆大切なひとに語りたくなる"自分の"仕事 --------------------------------------- イノベーションを起こそうとしたら机上の空論ではいけない。 世界を動かすのは話のうまい人ではなく手を動かす人だ。 私たちはそう考えています。 ユーザーの顔が見えないまま、自分の仕事が何に役立っているのか分からないまま、そんな状態で仕事を続けるのではなく、クリエイターのひらめきや想像力をもっと大事にして、誰も挑戦したことのないことを、誰も挑戦したことのない方法でやっていこうとしています。 実際に、コンペで私たちを選んでいただいたクライアントからは「一番私たちのユーザーのことを考え抜いた提案をしてくれた」というお声を頂いています。 クライアントからは、「受託事業を展開しているスタートアップ」ではなくいわゆるコンサルティングファームや大手広告代理店のような役割を求められることが多々あります。 その度に本質的提案を行い、手を動かしながら継続的に支援することで革新の触媒として組織に変化をもたらせるのです。 社会を変えるためにはどのような行動が必要か。 誰もやらないなら自分たちで作ってしまえ。 そのような意思を持ったメンバーが集結しています。
スパイスファクトリー株式会社
Webデザイナー
ユーザーファースト こだわりのUI UX設計をしたいWebデザイナー募集!
【社会貢献=非営利の当たり前を変える。社会貢献性の高さと事業成長を両立させる新たなロールモデルへ。】 ◆新たな時代を切り開くのはクリエイターであると固く信じる"360°デジタルインテグレーター --------------------------------------- 私たちは2016年に4人のエンジニアの手で活動を開始したチームです。「360°デジタル・インテグレーター」を掲げ、Webシステム開発からWeb制作、Webマーケティング、コンサルティングやグロースハックなどを通じてクライアント企業のDXを多面的に支援しています。 Webサービス開発においては、ミッションクリティカルな大規模スクラッチ開発から、SaaSを利用したスピーディな構築、SaaS同士の連携まで広くアジャイル開発で対応しています。 ◆特徴は3つ --------------------------------------- ①教育・環境・公共・貧困といった社会貢献性の高い領域で戦うDX集団であり、社会貢献=非営利の構造を変えるビジョンを掲げている。 ②受託でありながらアジャイル開発を得意とし、エンジニア以外もアジャイルに動くアジャイル集団であること。 ③フレックス、リモート、自由休憩、時短といった働き方から、効率を重視した仕組み、スキルアップを全面的に支援する制度など、エンジニアが望む環境を整備。 【主な事例】 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に関わる領域や自治体の地方創生事業、経産省など官公庁が関わる事業、さらに教育や医療など公共性や社会的責任が高い業種の案件に積極的に取り組んでおり、現在売上の4~5割をそのような案件が占めています。 教育:世界標準の願書出願プラットフォームをベースに日本やアジアの大学・専門学校向けに新しく開発を行なった「The Admissions Office(略称:TAO)」。UIUXデザイン、開発、マーケティングまで担当している共同開発事業。早稲田大学・慶応義塾大学を始めとした有名大学の導入が決定。   https://spice-factory.co.jp/products/ 環境:三菱商事ファッション 次世代型サステナブルD2Cプロジェクト「NAGIE」のEC開発。Shopifyを使った開発に加えHubspotでのカスタマーサポートの設計構築。   https://spice-factory.co.jp/works/6649/ 地方創生:⾏政によるDXを強⼒に推進し、地域課題に貢献する全世代参加型のコミュニティアプリソリューション「Visionary Mate」をJ-WAVE iと共同開発。   https://visionary-mate.com/ 医療:薬局間、病院・薬局間での連携や、薬剤師同⼠の連携・協⼒、薬剤師の⼀般⼈への認知向上を目的とした薬剤師データの一元管理を叶えるプラットフォーム「アスヤクLIFE 研修」のUIUXデザイン、開発と担当。   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000022779.html ◆大切なひとに語りたくなる"自分の"仕事 --------------------------------------- イノベーションを起こそうとしたら机上の空論ではいけない。 世界を動かすのは話のうまい人ではなく手を動かす人だ。 私たちはそう考えています。 ユーザーの顔が見えないまま、自分の仕事が何に役立っているのか分からないまま、そんな状態で仕事を続けるのではなく、クリエイターのひらめきや想像力をもっと大事にして、誰も挑戦したことのないことを、誰も挑戦したことのない方法でやっていこうとしています。 実際に、コンペで私たちを選んでいただいたクライアントからは「一番私たちのユーザーのことを考え抜いた提案をしてくれた」というお声を頂いています。 クライアントからは、「受託事業を展開しているスタートアップ」ではなくいわゆるコンサルティングファームや大手広告代理店のような役割を求められることが多々あります。 その度に本質的提案を行い、手を動かしながら継続的に支援することで革新の触媒として組織に変化をもたらせるのです。 社会を変えるためにはどのような行動が必要か。 誰もやらないなら自分たちで作ってしまえ。 そのような意思を持ったメンバーが集結しています。
スパイスファクトリー株式会社
UX調査・リサーチャー
実務で差がつく長期インターン!UXリサーチに興味のある学生wanted!
【社会貢献=非営利の当たり前を変える。社会貢献性の高さと事業成長を両立させる新たなロールモデルへ。】 ◆新たな時代を切り開くのはクリエイターであると固く信じる"360°デジタルインテグレーター --------------------------------------- 私たちは2016年に4人のエンジニアの手で活動を開始したチームです。「360°デジタル・インテグレーター」を掲げ、Webシステム開発からWeb制作、Webマーケティング、コンサルティングやグロースハックなどを通じてクライアント企業のDXを多面的に支援しています。 Webサービス開発においては、ミッションクリティカルな大規模スクラッチ開発から、SaaSを利用したスピーディな構築、SaaS同士の連携まで広くアジャイル開発で対応しています。 ◆特徴は3つ --------------------------------------- ①教育・環境・公共・貧困といった社会貢献性の高い領域で戦うDX集団であり、社会貢献=非営利の構造を変えるビジョンを掲げている。 ②受託でありながらアジャイル開発を得意とし、エンジニア以外もアジャイルに動くアジャイル集団であること。 ③フレックス、リモート、自由休憩、時短といった働き方から、効率を重視した仕組み、スキルアップを全面的に支援する制度など、エンジニアが望む環境を整備。 【主な事例】 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に関わる領域や自治体の地方創生事業、経産省など官公庁が関わる事業、さらに教育や医療など公共性や社会的責任が高い業種の案件に積極的に取り組んでおり、現在売上の4~5割をそのような案件が占めています。 教育:世界標準の願書出願プラットフォームをベースに日本やアジアの大学・専門学校向けに新しく開発を行なった「The Admissions Office(略称:TAO)」。UIUXデザイン、開発、マーケティングまで担当している共同開発事業。早稲田大学・慶応義塾大学を始めとした有名大学の導入が決定。   https://spice-factory.co.jp/products/ 環境:三菱商事ファッション 次世代型サステナブルD2Cプロジェクト「NAGIE」のEC開発。Shopifyを使った開発に加えHubspotでのカスタマーサポートの設計構築。   https://spice-factory.co.jp/works/6649/ 地方創生:⾏政によるDXを強⼒に推進し、地域課題に貢献する全世代参加型のコミュニティアプリソリューション「Visionary Mate」をJ-WAVE iと共同開発。   https://visionary-mate.com/ 医療:薬局間、病院・薬局間での連携や、薬剤師同⼠の連携・協⼒、薬剤師の⼀般⼈への認知向上を目的とした薬剤師データの一元管理を叶えるプラットフォーム「アスヤクLIFE 研修」のUIUXデザイン、開発と担当。   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000022779.html ◆大切なひとに語りたくなる"自分の"仕事 --------------------------------------- イノベーションを起こそうとしたら机上の空論ではいけない。 世界を動かすのは話のうまい人ではなく手を動かす人だ。 私たちはそう考えています。 ユーザーの顔が見えないまま、自分の仕事が何に役立っているのか分からないまま、そんな状態で仕事を続けるのではなく、クリエイターのひらめきや想像力をもっと大事にして、誰も挑戦したことのないことを、誰も挑戦したことのない方法でやっていこうとしています。 実際に、コンペで私たちを選んでいただいたクライアントからは「一番私たちのユーザーのことを考え抜いた提案をしてくれた」というお声を頂いています。 クライアントからは、「受託事業を展開しているスタートアップ」ではなくいわゆるコンサルティングファームや大手広告代理店のような役割を求められることが多々あります。 その度に本質的提案を行い、手を動かしながら継続的に支援することで革新の触媒として組織に変化をもたらせるのです。 社会を変えるためにはどのような行動が必要か。 誰もやらないなら自分たちで作ってしまえ。 そのような意思を持ったメンバーが集結しています。
スパイスファクトリー株式会社



コーポレートサイトは、以下からご覧ください。

スパイスファクトリー株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more