1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

2021年卒内定者/No.15 ビジネス職 伊藤さん


❶自己紹介

立命館大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科の伊藤太誠です!
21卒ビジネス職で内定を頂きました。出身は大阪で、太陽の塔やJリーグのガンバ大阪の本拠地がある吹田市という所で生まれ育ちました。趣味はスポーツ観戦で特に海外サッカーやアメリカのプロバスケットボールリーグのNBAを見ることが好きです。今週中にNBAが開幕するので、2年目の八村くんの活躍には期待してます! そんな私の就活時代のことを書いていけたらと思います。




❷就職活動で重視していたこと

私が就職活動で意識していたことは、成長できる環境があるかということでした。なぜそのように思ったかというと、これからの仕事はAIに奪われるという言われている中で、生き残って行くためにはどうしたらいいかと考えた所、自分自身でビジネススキルを高めることが大切だと思いました。なのでこれを念頭において就活をしていました。



❸ソフトブレーンを知ったきっかけ

私がソフトブレーンを知ったきっかけはある合同説明会に参加した時にソフトブレーンもその中の1社として参加されていて、そこで初めてソフトブレーンという会社を知りました。



❹ソフトブレーンの選考で印象に残っていること

私がソフトブレーンの選考の中で印象に残っているものは、2つあります。
1つ目は選考とはまた違うかもしれませんが、関西支社で説明会を聞いた時に説明会後に中にいる社員の方々とお話をする機会がありました。そこで社員の方々に生の声を聞けたのは非常に有意義な時間であり、印象に残っています。
2つ目は選考の中で複数回プレゼンテーションがあったことです。選考日までにミッションとして課題を受け取り、それを選考当日に発表するというものでしたが、他の企業の選考でそのようなものがなく、新鮮で印象に残っています。プレゼンテーションを行った後は、良かった所やもう少しこうしたらいいんじゃないかという改善点なども教えていただき、勉強になった思い出があります。



❺ソフトブレーンを選んだ理由

私がソフトブレーンを選んだ理由は、成長できる環境があると思ったからです。
ソフトブレーンでは、様々な業界の方々と、そして執行役員や取締役のような方々に対して営業を行なっていくので簡単なものではないと思います。しかし、そこで試行錯誤しながら精進して行くことで自分は非常に成長できると思い、ソフトブレーンに入社しようと思いました。
また、私は関西支社で働くのですが、選考を通して関西支社の方々は非常に良い方が多いなという印象があり、ここでなら自分も頑張っていけると思ったのも大きかったです。



❻ソフトブレーンの7つの行動指針で一番好きなものとその理由

私が1番好きな行動指針は「向き合う姿勢・やり抜く力」です。
なぜかというとソフトブレーンでの営業では、この行動指針が非常に大切になってくると思うからです。顧客のニーズを把握し、提案するためには、逃げていたり、途中で投げ出していてはいけません。その顧客がどのような課題を抱えているのか、何を欲しているのかなどを把握するためには向き合う姿勢も大切ですし、最後までやり抜くという姿勢も重要だと思います。この行動指針はソフトブレーンで働くために大切な心構えを表していると思うので、この行動指針が1番好きです。



❼ソフトブレーンに入社して挑戦したいこと

私がソフトブレーンに入社して挑戦したいことは、大きな案件を取ることです。そのためには様々な経験を積んで、何事も吸収していこうと考えています。そして関西支社になくてはならない存在になっていけたらと考えています。



❽最後にこの記事を読んでいる就活生にメッセージをお願い致します!

今、現在就活をしている方はまず自分が大切にしているものの優先順位を決めていくことをお勧めします。その後、就活をすることによって、自分のことも見えてくると思います。また、企業選びの時に役に立つと思います。なのでまず自分の中で何を優先させたいかを考えてみてください!

コロナ禍という大変な時代ですが、自分を見失わないで、頑張ってください!



ソフトブレーン株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more