1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

2021年卒内定者/No.12 ビジネス職 海上さん

“Failure is not the opposite of success. But a part of it. The only true failure is when you didn’t try.” Arianna Huffington

失敗は成功の反対ではなく、その一部である。唯一の失敗とはチャレンジしなったことである。


❶自己紹介

みなさん、こんにちは。大東文化大学経営学部経営学科、21年卒の海上惇です。上記の英語のフレーズは私自身日々意識していることであり、就職活動を行う上で意識していたことです。

今回は、“なぜ、ソフトブレーン株式会社に入社を決めたのか”をテーマに書き出していこうと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

概要

・就職活動で重視していたこと

・ソフトブレーンを知ったきっかけ

・ソフトブレーンの選考過程で印象に残っていること

・ソフトブレーンを選んだ理由

・ソフトブレーンの7つの行動指針で一番好きなフレーズと理由

・ソフトブレーンに入社して挑戦したいこと

・記事を読んでくださっている就活生にメッセージ

・就職活動で重視をしていたこと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


❷就職活動で重視していたこと

私が就職活動を行う上で重視したことは、若手から挑戦ができる企業か否かです。同じような業務内容の企業でも、企業によって若手に任せる裁量は違います。私は、短期間で他の21年卒のみんなよりも成長、つまり責任のある業務を行いたい思いが強く、“若手から活躍できる企業”を就職活動では重視していました。


❸ソフトブレーンを知ったきっかけ

私がソフトブレーンを知ったきっかけは、大学在学中に参加させていただいたゼミ活動を通して知りました。ゼミ活動の一環として、業界研究を行います。ゼミの講師から与えられたリストの中に、SFAに関する企業があり、ゼミの業界研究を通じてソフトブレーン株式会社を知りました。


❹ソフトブレーンの選考で印象に残っていること

ソフトブレーンの選考過程で印象に残っていることは、プレゼン資料を準備し、5~10分間のプレゼンテーションを行うことです。

テーマは一次選考・二次選考で大きく異なり、プレゼンテーションを作成するにつれSFAについての理解、ソフトブレーンの会社概要を理解することができました。他社様でプレゼンテーションを用いた選考は行ったことがないので一番印象に残っています。


❺ソフトブレーンを選んだ理由

ソフトブレーンを選んだ理由は、就職活動で重視していたことと重なりますが、若手の裁量が大きいからです。ソフトブレーンには、7つの行動指針というものがあります。その中に“3年で10年分の成長を“という指針があります。3年で10年分の成長を行うには、内容の濃い業務を日々行うことができると思いました。その結果、3年後には他社で勤務している21年卒の同期に大きな差がつけられると思い、入社を決意しました。


❻ソフトブレーンの7つの行動指針で一番好きなものとその理由

先ほどお話させていだだきましたが、ソフトブレーンの7つの行動指針で一番好きなフレーズは、“3年で10年分の成長を“です。


❼ソフトブレーンに入社して挑戦したいこと

ソフトブレーンに入社して挑戦したいことは、“ソフトブレーンの営業=海上”と言われるような人材になることです。そのためには、業務理解を始め、顧客に対してのアプローチも重要だと考えています。

働き方改革が進む中、真の働き方改革とは、社員一人一人の生産性の向上だと私は考えております。ソフトブレーンのサービスを通じて社会全体の生産性を向上し、世の中に社会貢献をしていきたいです。



❽最後にこの記事を読んでいる就活生にメッセージをお願い致します!

“あきらめないこと、失敗してもそれは成功の糧であり、チャレンジし続けること”

私自身、何十社の選考を落ちました。しかし、あきらめないで、自分の就職活動の軸や失敗から改善点を見つけていくことをし続けた結果、内定を頂くことができました。

ぜひ、これから就職活動を行う皆様にはあきらめないで挑戦し続けてほしいです。

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

ソフトブレーン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more