1
/
5

【2020年内定者ブログ】Vol.14#田島彩

こんにちは、2020年卒エンジニア職内定者の田島彩と申します。
電気通信大学に通っています。地名のつかない唯一の国立大学として有名ですね(?)。通称「電通大」ですが、某広告代理店とは無関係です。これはWikipediaにも載っています。


さて、今回のブログでは、私が今やっているバイトについてお話ししようと思います。
私は、就職活動を終えた大学3年の3月末に、初めてアルバイトを始めました。きっかけは、就活時に登録した逆求人サイト上でのメッセージです。
逆求人サイトですから、私の登録したプロフィールを見て、興味を持ってくれた企業からメッセージが飛んでくるわけです。
「こんな事業をやっています」
「こんな技術を扱っています」
「一度カジュアルな面談を・・・」
そんな中で、「長期インターンのお誘いです」というメッセージが来ました。

え?バイトの求人?


当時、ソフトブレーンで内定者アルバイトをすることは決めていたんですが(実際に現在お世話になっております)、講義もないので、もう一つくらいバイトしてみたいな、と考えていた時でした。すぐに応募して、採用いただきました。
内容は、「小中学生向けプログラミング講師」。C言語とJavaとPythonの経験があったので、どれを教えるのかなー、と考えながら初出勤。実際に扱ったのは、Scratchというビジュアルプログラミング言語でした。


現在、10か月強の勤務で扱う教材も増えましたが、もともと経験のある言語についてはほとんど教えていません。その代わりに、今まで触れてこなかった言語、このバイトをやらなかったら名前すら知らなかったかもしれない技術にたくさん出会い、学びました。このバイトのおかげで、今履歴書を作ったら、一年前の何倍も豪華なものが出来上がりそうです。


プログラマ系のアルバイトだと、自分の経験や知識を生かして、それを伸ばすというものがよく見られます(と思います)。私がやっているこのバイトでは、自分にとって新しいものをどんどん吸収し、それをすぐにアウトプットすることが求められます。新しいことを学ぶのは非常に好きなので、とても楽しんで取り組むことができています。


最近は生徒さんもめきめきと力をつけているので、質問のレベルが高く、どんな質問にもスマートに答えられるように勉強が欠かせません。小学生の時から今まで、生徒(学生)として「教えられる立場」で16年生きてきましたが、「教える立場」ともなったこの一年が、一番勉強がはかどっているかもしれません。


入社してしばらくは「教えられる立場」となると思いますが、その立場に甘えず、貪欲に知識を吸収していきたいと思います。また、「教える立場」になったときは、この一年の経験を存分に生かしたいと思います。


以上、田島彩でした!

ソフトブレーン株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more