1
/
5

What we do

スタイリッシュで小回りが利く配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」
大容量トレーが特長の配膳・運搬ロボット「Keenbot(キーンボット)」
「ロボットと共存する世界の実現」 私たちは、ソフトバンクグループのグループ会社であり、 様々な最先端技術を生かした数多くの新プロジェクトで、世界の圧倒的No.1を目指しています。 2014年に人型ヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」を発表して以来、 小売・飲食・医療介護など様々な職場のみならず、 小学校の必修科目となっているプログラミング教育の場でも活用いただいています。 2019年に提供を開始した除菌清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」シリーズは、 現在、世界出荷台数が10,000台を突破し、新型コロナウイルスの除去にも効果があることも 実証されました。 同年にはソフトバンクロボティクスが初の飲食店として運営する 「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」がオープンしました。 2020年に小回りがきく配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」が新しく仲間入りし、 2021年に大容量トレーが特長の配膳・運搬ロボット「Keenbot(キーンボット)」を、 2022年には全自動床洗浄ロボット「Scrubber 50(スクラバーフィフティ)」の 国内販売をスタートさせました。 また同年には当社がグローバル代理店として、 高密度自動倉庫システム「AutoStore(オートストア)」の導入サポートを行っています。

Why we do

世界シェアNo.1!除菌清掃ロボット「Whiz i(ウィズ アイ)」
当社が運営する飲食店「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」
昨今では新型コロナの影響により、各業界では人手不足や感染症対策に課題を抱えています。 そういった日本の未来を支えるべく、私たちはデジタル技術を活用した「Pepper」や「Whiz」シリーズ、「Servi」などのロボットの開発から販売まで行っています。 また、今後「Pepper」はプログラミング教育を通じて教育機関向けのサービスを広めていき、「人とロボットが共生する未来」の主役となる子どもたちにも貢献していきたいと思っています。 ロボットが人々の生活において果たすべき役割とその提供価値を、様々な製品やサービスの開発・提供を通じて定義していくことが我々の使命です。

How we do

高い保管密度を実現!高密度自動倉庫システム 「AutoStore(オートストア)」
社内イベントの様子
「人とロボットが一緒に暮らすことで、より心が豊かになる時代」を切り開く 【成長できる環境】 ロボット事業という前例の少ない新規事業においては、 私たちは自ら新たに価値を見出し、市場を創り出す必要があります。 0→1の価値を創造する仕事で論理的思考力、課題分析力、そしてこの業界ならではの ITリテラシーなどのスキルが身につきます。 【フラットな職場】 日々成長するということに、社員もインターンも関係ありません。 ソフトバンクロボティクスでは 会社も社員もインターンも一丸となって切磋琢磨し、楽しんで働いています。