Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

社長の渋谷が“ スタジアム・アリーナ改革先進事例形成支援シンポジウム ”へ登壇

皆さんこんにちは。
株式会社スマートバリュー広報担当の山盛です。

今日は、先月、代表取締役社長 渋谷が登壇したシンポジウムをご紹介いたします!

登壇したのは、「 スタジアム・アリーナ改革先進事例形成支援シンポジウム 」。
「 スタジアムの未来に感動を贈ろう 」と題した、スポーツに関してのシンポジウムでした。

ということで、渋谷の肩書も
株式会社スマートバリュー 代表取締役社長 ではなく、
兵庫プロバスケットボールクラブ(Bリーグ:西宮ストークス) ファウンダー となっています。

今回は、セレッソ大阪さんが長居で計画している「 桜スタジアム 」への支援という意味も込め、
スポーツビジネスの観点でお話しさせていただきました。

当日の内容が、8月18日(日)の日本経済新聞へ掲載されており、
二次利用の許可をいただきましたので、ご紹介させていただきました!


当社のビジネスとどのように関わるのか?

それは、ICTの力やスマートベニューの概念でプロフィット化していくことです。
スタジアム・アリーナの市場は、
まちづくりのデジタルトランスフォーメーションという流れの中で
非常に重要な位置づけとなっています。

先日、当社が発表した第2次中期経営計画では、
成長エンジンである「 デジタルガバメント 」と「 モビリティ・サービス 」を軸として
営業利益 3年で2.5倍を目指す としています。

このデジタルガバメント領域において、
地域に活性とにぎわい、産業の創造を目指す「新しい公」を標榜する
21世紀の社会システム創造を目指していきます。

スタジアム・アリーナの活用は、この一環にもつながりますので、
一見異なる業界の話をしているように見えて、
実は事業とつながっていた!!
と後で気づきました(笑)


株式会社スマートバリュー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings